なぜ、年収が高い人が多いのか。セールスコピーライティングの仕事を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスレターの需要が高まって、セールスコピーライティングのスキルを持つ人が重宝されているのは知っていますか?

文字通り文章で商品を売るのが「セールスコピーライティング」ですが、年収が高い人もいれば、全く仕事が無い人もいるのが現実です。

今回の記事では、年収の高いセールスコピーライターが実践していた基本的な知識やスキルを紹介していきます。


セールスコピーライティングとは

なぜ、年収が高い人が多いのか。セールスコピーライティングの仕事を紹介します。

コピーライティングという言葉は聞いたことがあっても、セールスコピーライティングという言葉は初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

セールスコピーライティングとは、コピーライティングの中でも、商品を売るための文章に特化したライティングのスキルのことを言います。

セールスコピーライターの需要と年収

なぜ、年収が高い人が多いのか。セールスコピーライティングの仕事を紹介します。

セールスコピーライターという仕事は、言葉1つ違うだけで商品の成約率が大幅に変わるなど、とてもやりがいのある仕事です。

とは言っても、仕事としてやるからには、セールスコピーライターの需要や、収入面が気になる人も多いことでしょう。

セールスコピーライターの需要

結論から言うと、セールスコピーライティングというスキルを持ってる人はレアな為、引っ張りだこです。

少し前までは、商品を販売する場合はお店などで対面営業で売るのが一般的でした。

しかし、現在はネット上でのセールスが増え、個人・企業問わずネット上で販売できるようになりました。となると、当然ネット上で商品を売るためのセールスコピーライティングの需要も増えることになります。

しかし、素人が付け焼刃でセールスコピーライティングのテクニックを勉強しても、競合の多いネット上では高い売上を出すのは難しいです。

そこでプロのセールスコピーライターに依頼することになります。

セールスコピーライターの年収

セールスコピーライターは、ほとんど収入がない人から、セールスレター1本で数百万、場合によっては数千万、数億と稼ぐ人までピンキリです。

コピーライターの収入に関して、1つ知っておくべきことがあるとするなら、コピーライティングのスキルは、実はそれ単体ではあまりお金にならないスキルということでしょう。

セールスコピーライティングのスキルで生きていくつもりなのであれば、セールスコピーライティングのスキルだけでなく、マーケティングやweb業界の知識も身に付けるべきです。

セールスコピーライティングのスキルとその他の知識を組み合わせることで、より多くの収入を得ることが出来るようになります。

セールスコピーライターで起業する

セールスコピーライティングのスキル1本で「起業」を考える方も多いようです。どういう状態なら、セールスコピーライターで起業できるのでしょうか?

  • 法人化する資金があること(前提):資本金含め最低100万円程度
  • 公表しやすい実績があること(企業案件など)
  • リアルで仕事案件をくれる人の繋がりが1人はあること

原価のかかりにくい仕事のため、資本金は少なめでも可能です。

セールスコピーライティングの勉強法と必読本

なぜ、年収が高い人が多いのか。セールスコピーライティングの仕事を紹介します。

どうすれば、セールスコピーライティングのスキルが身につくか?

その方法は、大きく分けて3つあります。

  • 人に直接教えてもらう方法
  • ネットから情報を集める方法
  • 書籍から体系的に学ぶ方法

効率的なのは、言うまでもなく人から直接教えてもらう方法です。しかし、しっかり結果を出しているコピーライターを見つけ、話を聞くのは大変です。

ネットからの情報は部分的だったり、抽象的な知識しか解説されていなかったりして、初心者が体系的にセールスコピーライティングのスキルを学ぶには適していません。

そこで、最初は本から入るセールスコピーライターが多いです。

セールスコピーライターのオススメ本

セールスコピーライティングをこれから学ぶ人にオススメの本を纏めてみました。

なぜ、年収が高い人が多いのか。セールスコピーライティングの仕事を紹介します。
コピーライティングを学ぶ一番の方法は、プロのコピーライターに直接教えてもらうことだと言われます。しかし、プロのコピーライターをそうホイホイと...

セールスコピーライターの仕事の取り方

なぜ、年収が高い人が多いのか。セールスコピーライティングの仕事を紹介します。

最後にセールスコピーライターなら知っておきたい仕事の取り方をご紹介します。

①クラウドソーシングサイトから仕事を獲得する。

一番手軽で、初心者にお勧めな仕事の取り方は、クラウドソーシングサイトを活用することです。クラウドソーシングとは、ランサーズやクラウドワークスに代表される、ネット上で仕事の依頼をするサイトの事です。

初心者歓迎のものや、コンペ形式(多くの作品のうち、一番良い作品が採用される方式)といった案件もあり、実績が少ない初心者でも比較的仕事が取りやすい方法です。

しかし、報酬が安く設定されていたり、単発での仕事がメインになったり、手数料が発生したりします。

クラウドソーシングサイトの中でも特に登録しておくべき有料サイトを2つ紹介します。まずは、これらのサイトで案件を探してみると良いでしょう。

クラウドワークス

案件の分類カテゴリが246種類もあり、自分の探している仕事をより正確に見つけることが出来るのが、クラウドワークスという日本最大級のクラウドソーシングサイト。

登録も無料で出来ますし、初心者向けの案件から行動なスキルを要する代わりに条件の良い案件まで幅広く募集されているので、自分のセールスコピーライティングのレベルに合わせて仕事を選ぶことが出来ます。

ランサーズ

2008年から運営しているクラウドソーシングサイトの老舗であり、日本最大級の案件数を誇るのが、ランサーズです。

案件数が最大ということは、それだけ自分に合った仕事と出会える可能性が高いということになります。また、プロフィール欄が充実していて、自分の実績をアピールできるのも大きなポイントです。

セールスコピーライターを探している依頼主がライターを見つけるために真っ先に思いつくのが、ランサーズや前述したクラウドワークスという大手のクラウドソーシングサイトに案件を出す方法です。

つまり、セールスコピーライターの仕事を獲得するなら、いま紹介した2つのサイトには必須で登録をしておくべきでしょう。

②自分が運営するメディアなどから、直接仕事を獲得する。

もう1つの仕事の獲得法としては、自分が運営するポートフォリオサイト(自分の仕事の実績などを公開するサイト)やオウンドメディア(自分のサイト)から仕事を獲得することです。

相手の方から仕事を依頼してくるようになれば、それなりの条件で仕事を受けることが出来るため、収入についてもそれなりの報酬を望めるようになるでしょう。

そのため、セールスコピーライターとして本格的に仕事をしていきたいなら、このように相手から仕事の依頼がくるような仕組み作りが必要になります。

そのため、メディアの育成や自分が持つスキルの情報発信などの日ごろの小さな積み重ねが、好条件の仕事の獲得につながることになります。

③自分でビジネスをする

基本的には、前述した2つの方法を使って、仕事を獲得していくのが一般的でしょう。しかし、セールスコピーライティングのスキルに自信があるなら、人のセールスレターを作成するだけが方法ではありません。

自分の商品を販売するセールスレターを、自分で作成する。この方法が実現できれば、収入を安定させることが出来るでしょう。

商品の作り方に関しては、別のノウハウが必要になりますが、集客のためのランディングページ(LP)やセールスレターを自分で作れるのであれば、自分でビジネスをするのも一つの手です。

今すぐに実践するのは難しいかもしれませんが、セールスコピーライティングの使い道は、なにも人の商品のセールスレターを作成するだけではないと知っておくだけでも、より幅広い発想が出来るようになります。

セールスコピーライティングのまとめ

なぜ、年収が高い人が多いのか。セールスコピーライティングの仕事を紹介します。

セールスコピーライティングは、ビジネスにWebが使われる今後はますます増えていくことを考えると、身に付けておいて損のないスキルです。

しかし、いきなりセールスコピーライターなっても、生活が出来るレベルの収入を獲得するのは難しいのが現状です。最初はどうしても地道に実績を積み重ねていく必要があります。

また、前述したように、いくらセールスコピーライティングのスキルを磨いても、それだけで反応の良いセールスレターを書けるようになるかというとそんなことはありません。

本格的にセールスコピーライターとして仕事をしていくつもりなら、セールスコピーライティングのスキルを磨きながら、同時にマーケティングの知識なども勉強することをおすすめします。