セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

この記事では、セールスコピーライターの詳細についてご紹介します。

仕事内容から、セールスコピーライターになる方法、仕事の取り方から、セールスコピーライティングの勉強法まで、「セールスコピーライター」に役立つ情報をまとめました。

この記事に内容通りに進めていけば、あなたも今日から「セールスコピーライター」として活動することもできるようになります。

スポンサーリンク

セールスコピーライターとは

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

セールスコピーライターとは、セールスレターやランディングページ(LP)など、「売るための文章」を専門とするライターのことです。

書いた文章によって、どれだけ自分や依頼主の商品が”売れるか”が重要なため、一般的なWebライティングよりも専門的なスキルが必要とされます。

セールスライティングができるライターは、まだまだ数が少ないため、かなり需要の多い仕事です。

しっかりと結果を出せるセールスコピーライターであれば、1つの案件で数十万〜数千万円の収入を得ることもできるでしょう。

 

スポンサーリンク

セールスコピーライターへのなり方

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

セールスコピーライターには、専門的な資格などはありません。

つまり、あなたが「私はセールスコピーライターです」と名乗れば、その瞬間にセールスコピーライターになることができます。

 

ただし、いくら自称でセールスコピーライターを名乗っても、それで食べていけるかどうかはまた別の話です。

セールスコピーライターになるのに資格は必要ありませんが、コツコツと仕事をこなして実績を積み、地道にクライアントを増やしていく必要があります。

 

”自称”ではなく、本物のセールスコピライターになるために必要な心構えなどを下記の記事で紹介しています。

これから、セールスコピーライターとして活動していきたいと思っている方は、必ずこちらの記事も読んでください。

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

セールスライティングの仕事に資格は必要?不要?答えてみた

2018.08.18

 

セールスコピーライターとして起業するには?

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

セールスコピーライターの仕事は、最低限「パソコンとネット環境」さえあれば出来ます。

そのため、セールスコピーライターとして起業をする”だけ”なら、比較的少ない費用で起業することができるでしょう。

 

ただし、セールスコピーライティングの世界では、ほとんどの場合「反応率の高いコピーを書けるライター」が求められます。

さらに、セールスコピーライティングの案件は、「安くても数十万円〜」と非常に高額なのが普通です。

セールスコピーライターとして仕事を受けるためには、それなりの実績やセールスライティングのスキルが必要になります。

 

セールスコピーライターの一般的な起業の流れ

多くのセールスコピーライターは、最初は副業から始め、ある程度の実績、固定のクライアントができてから本格的に独立するという道を通っています。

いきなり見切り発車で起業してしまうと、「起業したはいいけど仕事がない」という悲惨な状況になります。

特に、今の段階でセールスコピーライティングの実績がないという人は、しっかりと土台を固めてから起業をしましょう。

 

スポンサーリンク

セールスコピーライターの求人事情

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

セールスコピーライターは数が少ないため、需要があるという話を前述しました。

とはいえ、いざセールスコピーライティングの仕事を探そうと思っても、「どこから仕事を見つければいいのかわからない」という人が多いでしょう。

 

駆け出しのセールスコピーライターが、セールスコピーライティングの仕事をとる方法は、大きく分けて2段階のステップを踏む必要があります。

セールスコピーライターが仕事をとるまでの流れは、下記の記事で詳しく解説しているので、興味がある方はこちらも一読してみてください。

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

【初心者向け】セールスライティングの仕事内容、取り方まとめ

2018.08.21

 

セールスコピーライターの依頼費用 相場は?

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

初めてセールスコピーライティングの仕事を受ける際に気になるのが、「どれくらいの費用で仕事を受ければいいのか?」という問題です。

セールスコピーライティングの世界では、セールスレター一本で数十万円というのが相場です。

 

もちろん、初めての仕事で自分の力量に不安があるという場合は、相場より安い価格で仕事を引き受けてもいいでしょう。

ただし、ある程度仕事に慣れてきたら、強気な価格設定で仕事を受注するのがオススメです。

高額でも依頼したいという優良顧客とだけ付き合うことができるようになるので、「安い料金でクレームを入れてくる困った客」を排除するというメリットもあります。

 

スポンサーリンク

セールスコピーライターの必読本

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

セールスコピーライターとして仕事をしていく以上、絶対に必要になるのが「セールスコピーライティング」のスキルです。

そこで、最後に「セールスコピーライティング」のスキルアップにオススメのライティング本をご紹介します。

結論から言うと、ダイレクト出版から出ている「現代広告の心理技術101」は、”絶対に”購入して最低10回は読み返してください。

トップクラスのセールスコピーライターも絶賛している、「セールスコピーライティングのバイブル」です。

 

そのほかにオススメのライティング本に関しては、下記の記事で詳しく紹介しているので、+αでライティングスキルを学びたい方は、こちらで紹介している本を手にとってみてください。

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

セールスライティングのスキルアップに繋がる本7選

2018.08.21

 

セールスコピーライターの詳細 まとめ

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!

この記事では、セールスコピーライターについての「アレコレ」について、網羅的にご紹介しました。

この記事で紹介しきれなかった細かい部分は、記事内で紹介している別の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

セールスコピーライターは、これからの時代にもっともっと必要とされる将来性のある仕事だと思っています。

この記事をきっかけに、セールスコピーライターを目指す人が一人でも増えてくれたら嬉しいです!

セールスコピーライターの仕事内容、求人、相場を一挙紹介!



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。