心から相手に伝わる文章の書き方7つのコツ

この記事では、相手に伝わる文章の書き方について解説します。

せっかく時間をかけて書いた文章が、誰にも読まれないものほど悲しいことはないですよね。

この記事で紹介している7つのライティングのコツさえ知っていれば、あなたが書いた文章が誰にも読まれないなんて悲劇は無くなります。

自分が書いた文章がこの7つのコツを満たしているかどうかを確認しながら、この記事を読み進めてください。

スポンサーリンク

書きたい文章よりも伝わる文章の書き方を学ぼう

Pexels photo 872957

初心者のライターやブロガーがやってしまいがちな失敗の一つに、「自分の書きたい文章を書いてしまう」というものがあります。

確かに、自分が熱意を持って伝えられる文章を書くことも大切ではあります。しかしそれ以上に大事なのは、「相手に伝えるつもりで書く」ことなはずです。

例えば、初対面の場で、あなたのことを無視して一方的に自分語りをする相手と仲良くなりたいと思うでしょうか?思わないですよね。

そして、その感情は文章を書く際も同様です。

より多くの人に自分の文章を読んで欲しいと思ったら、相手を意識した「伝える文章の書き方」を学ばなければならないのです。

スポンサーリンク

伝わる文章の書き方のコツ7項目

Pexels photo 374074

ここからは具体的な「伝わる文章の書き方」についてご紹介していきます。

文章の書き方に関するテクニックは無数にありますが、まずは以下の7つのコツを意識して文章を書いてみましょう。

伝わる文章7つのコツ
  1. 文章を書く時には、文章を読む相手の行動を促すことが1番大事。
  2. 読み手の存在を意識し、「誰に」、「何を」、「何の目的で」、「どうやって伝えるか」を常に考える。
  3. 相手に「伝える」ために、1つのテーマに絞って書く。
  4. 専門的な言葉を一般向けに伝える時には「検索エンジン」がおすすめ。
  5. 形容詞はなるべく「数字」に書き換える。
  6. 目を惹くタイトルにはマジックナンバーを使う。
  7. しゃべり言葉などの変化をつける。

少し覚える量が多いですが、一つ一つ納得してもらえるように解説していくので、頑張って付いてきてください!

文章を書く時には、文章を読む相手の行動を促すことが1番大事。

よく、「上手い文章を書きましょう」という話を聞くことがありますが、そもそも「上手い文章」ってなんだと思いますか?

実は、コピーライティングの世界では、上手い文章=〇〇という厳密な定義があるのです。

それは、上手い文章=相手を行動させる文章です。つまり、文章を書く最大にして唯一の目的は「相手の行動を促すこと」なのです。

では、相手に行動を促す文章を書くためには?そう、「相手のことを理解する必要」があるわけです。

読み手の存在を意識し、「誰に」、「何を」、「何の目的で」、「どうやって伝えるか」を常に考える。

文章には常に「読み手」がいます。

「そんなの当たり前だ」と思うかもしれませんが、世の中には「誰に向けて書いているのかわからない文章」というものがとても多いのが現実です。

読み手の存在を考える4つの手がかり
  • 誰に
  • 何を
  • 何の目的で
  • どうやって伝えるのか

相手に”伝わる文章”を書くためには、記事を書く前に上のような「誰に向けて書くか」を明確にする必要があるのです。

相手に「伝える」ために、1つのテーマに絞って書く。

相手に伝えるための文章を書きたいのであれば、「1つのテーマに絞って書く」というルールを厳守してください。

なぜなら、人間は一度に多くの情報を受け取ると、脳が混乱してしまうからです。

脳が混乱すると、読者は「この文章は何が言いたいのか分からないし、読むのが面倒臭い」と感じて、離脱してしまうことになります。

自分に知識があればあるほど、ついたくさんのことを書いてしまいがちですが、そこはぐっとこらえて「一番伝えたいこと」だけに絞って文章を書きましょう。

専門的な言葉を一般向けに伝える時には「検索エンジン」がおすすめ。

文章を書く際によく言われることとして、「専門用語はなるべく使わずに小学生でもわかる言葉で書け」というものがあります。

なぜなら、あなたにとっては当たり前の言葉でも、読者にとっては初めて聞く言葉かもしれないからです。

とはいえ、専門用語を噛み砕いて初心者にもわかりやすく説明するのは結構難しいのも事実。

そんな時に是非使って欲しいのが、Googleなどの検索エンジンです。

例えば、「コピーライティング」という言葉で検索すると「商品を売るための文章の書き方」といった、よりイメージしやすい言葉が検索でヒットします。

このように専門用語は検索エンジンを使って一般的な言葉に書き換えることで、より多くの人に伝わる文章が書けるようになります。

形容詞はなるべく「数字」に書き換える。

自分の文章が相手に伝わるかどうかは、ズバリ「相手がイメージできるかどうか」で決まります。

そして、相手の脳内により鮮明なイメージを植え付けるためにオススメなのが、形容詞を「数字」に置き換えるというテクニックです。

例えば、「あの人は短期間でダイエットに成功しました」と言われても、その姿を具体的にイメージするのは難しいはずです。

でも、「あの人は1ヶ月で-7.2kgのダイエットに成功しました」と言われたら、より具体的なイメージができますよね。

このように形容詞は「数字」に置き換えることで、より相手に伝わる文章が書けるようになります。

目を惹くタイトルにはマジックナンバーを使う。

文章を書く上で最も欠かせないのは「目を惹くタイトル」です。

なぜなら、そもそもタイトルで興味を持ってもらえばければ、どれだけ良い文章も読んでもらえないからです。

タイトルのつけ方も数多くの方法がありますが、簡単な方法としてマジックナンバーを使うというものがあります。

人間は脳科学的に「3」や「5」という数字に反応しやすいということがわかっています。これらの数字を「マジックナンバー」と言います。

例えば、ちょっとしたプレゼンでも「ポイントは3つあります」と言われたら、何となく説得力が増した気がしますよね。

もちろん、すべてのタイトルに使えるわけではないですが、「3」や「5」という数字をタイトルに盛り込むと反応率が上がるというのは覚えておいて損のない知識です。

しゃべり言葉などの変化をつける。

文章を書く際に「しゃべり言葉」などの変化を盛り込むと、劇的に読者に伝わりやすい文章が書けるようになります。

誰だって、淡々とした口調で一本調子に話されるのと、感情を伴って抑揚をつけて話されるのでは、後者の方が圧倒的に印象に残りますよね。

そしてこれは文章でも同じです。

「〜です。〜ます。〜なのです。」のように変化のない文章よりも、「なんと〜なんです!しかももっとすごいことに〜ではありませんか!」といった文章の方がなんとなく、より相手に伝わる文章になると思いませんか?

自分やメディアのキャラクターなどにもよりますが、文章にカギカッコを取り入れたり、感情を表す言葉を取り入れると、より臨場感のある相手に伝わりやすい文章を書けるようになるのです。

まとめ:人に伝わる文章の書き方を常に意識!

Pexels photo 1059111

今回は「相手に伝わる文章の書き方7つのコツ」についてご紹介しました。

今回紹介した内容はどれも基本的なものばかりですが、これらを意識して文章を書くだけでも、あなたの文章や内容は読者に伝わりやすいものになります。

さすがに7つもテクニックがあると(マジックナンバーの「3」や「5」と違って)、全部を覚えるのは難しいでしょう。

そんな時は、自分が最も使いやすいコツを1つでもいいので、今後文章を書く際に意識してみてください!

それだけで読者からの反応は明らかに変わることが分かるでしょう。

心から相手に伝わる文章の書き方7つのコツ



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。