【5分で学ぶSWOT分析】どこよりも超シンプルにまとめてみた。

こんな悩みに応えます。

SWOT分析について知りたいんだけど、できるだけ簡単にシンプルに教えて欲しい。ごちゃごちゃしてるとわかりにくい。

今回の記事では、SWOT分析について紹介していきます。

SWOT分析の記事について見ていると、複雑で専門用語ばかりが飛び交い、どこか近寄りがたく読み進めたくない印象を受けてしまいます。

調べている本人はマーケティング初心者なのに、複雑に専門用語を交えながら説明されても「いや、わかんないし。」となりますよね。

そこで、この記事では、できるだけシンプルに無駄な部分は省いてSWOT分析について紹介していきます。

それでは早速本題へと入っていきましょう。

スポンサーリンク

SWOT分析とは

SWOT分析というのは、競合や法律など自分たちではコントロールしきれない「外部要因」と、自社の業界におけるポジションや資産など自分たちでコントロールできる「内部要因」に分けて、自社・サービスの分析を行うマーケティングのフレームワークの1つです。

 

スポンサーリンク

SWOT分析の目的

【5分で学ぶSWOT分析】どこよりも超シンプルにまとめてみた。

SWOT分析を行う目的は、マーケティング戦略を今後考えて行くにあたり、最適なマーケティング戦略を導き出すためです。

4Pや4Cと言ったマーケティングのフレームワークもありますが、4Pは「企業側目線」のマーケティングのフレームワークで、4Cは「消費者目線」のマーケティングフレーム枠です。

4Pも4Cも、自社がどんなことができるか、自社が消費者にどんな影響を与えることができるか、と言った「内部要因」からマーケティング戦略を導きだすものだと言えます。

【5分で学ぶSWOT分析】どこよりも超シンプルにまとめてみた。

マーケティング理論の4Pと4Cは破壊力抜群の最強タッグになり得る!

2018.08.12

しかし、外部要因がわからなければ、自社の強みや弱み、販路を広げて行くチャンスが見えてこないため、業績拡大のチャンスを逃して行くことにもなるのです。

ですから、SWOT分析によって内部・外部両面からの分析を行うことが重要なのです。

 

SWOT分析の4つの要素

SWOT分析は、4つの要素から構成されています。

  • S:Strength(強み)
  • W:Weakness(弱み)
  • O:Opportunity(機会)
  • T:Threat(脅威)

上記4つの頭文字をとって「SWOT(スウォット)」と呼ばれています。

SWによって内部要因の分析を行い、OTによって外部要因の分析を行います。

 

スポンサーリンク

事例で学ぶSWOT分析

【5分で学ぶSWOT分析】どこよりも超シンプルにまとめてみた。

ただ4つの構成要素を知ったところで意味がないので、事例を見ながら学んでいきましょう。

【5分で学ぶSWOT分析】どこよりも超シンプルにまとめてみた。

【詳解】SWOT分析の事例を誰もが知っている企業を元に紹介する。

2018.08.31

この記事では、セブン&アイ ホールディングスを元に事例を紹介しています。

簡単にSWOT各要素がどのようになったか紹介しておきます。

「セブン&アイ ホールディングス」の事例

S

  • コンビニ業界最王手の「セブンイレブン」を運営している。
  • 「セブン&アイ」と「イオン」が流通の2大勢力になっている。

W

  • 営業利益率の低迷。
  • 国内コンビニ事業の成長率の鈍化。

O

  • アジア地域における流通事業の成長が見込める。
  • コンビニ業界と「地域活性化包括連携協定」を結ぶ自治体が増加している。

T

  • 消費者の節約志向が高まっている。
  • 生活必需品における市場価格の低下。

上記の通り分析がなされています。

この事例はあくまでも「セブン&アイ ホールディングス」の会社・事業全体を見た場合ですが、セブンイレブンだけや、イオンだけ、と事業別にSWOT分析を分けて使うことも、マーケティング戦略をより細かく設定できるため有効です。

 

SWOT分析をマーケティングで使うなら

【5分で学ぶSWOT分析】どこよりも超シンプルにまとめてみた。

SWOT分析をマーケティングに用いる際に最も大事なのが、

強みを伸ばすか、弱みを改善するか

ということです。

SWOT分析を行うと、自社の強み・機会と自社の弱み・脅威が見えてきます。「強みを伸ばすか、弱みを改善するか」というのは、SWOT分析を行う上で大きなテーマとなります。

「強みを伸ばすか、弱みを改善するか」どちらを行うかというのは、SWOT分析をした後に決めることをオススメします。

強みと弱みのどちらを伸ばした方が成長が見込めるか、というものがSWOT分析によって見えてきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はSWOT分析を簡単にまとめてきました。

SWOT分析や4Pなどと言ったフレームワークを使うと、マーケティング戦略を考える際に、とても論理的に考えることができるため、僕はよく利用しています。

特に、マーケティング初心者で上司のやり方を真似したり、言われたことをやっているだけでは知識も身に付かないですし、何をすべきなのかがわかりません。

そんな時は、SWOT分析を使ってあなた自身でマーケティング戦略を考えてみてください。その方が、あなたにはすぐにマーケティングの知識が身につきますよ。

【5分で学ぶSWOT分析】どこよりも超シンプルにまとめてみた。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。