【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

こんな悩みに応えます

PASONAの法則の概要は知ってるけど、いざ書こうとすると手が止まる。

この記事では、セールスライティングの有名な型の1つである「PASONAの法則の書き方」を具体例付きで解説します。

PASONAの法則自体は有名なので、どんな内容なのかを知っているという人は多いでしょう。

しかし、ライティングの常として「知ってはいるものの、いざ書こうとするとなかなか書けない」と悩んでいる人も多いです。

この記事を参考に、次はあなたが「PASONAの法則」を用いて利益が出るセールスレターを書きましょう。最後まで読めば、PASONAの法則を用いたセールスレターの書き方を学べると同時に、どんな風に出来上がるのかをイメージできるようになります。

スポンサーリンク

PASONAの法則って何?という方はこちら

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

そもそも「PASONAの法則って何?」という人のために簡単に解説すると、PASONAの法則と言うのは、LPやセールスレターを書く際のテンプレートの1つです。

以下の6つのステップに沿って、LPやセールスレターを書いていくことで、お客さんの行動を促す「反応されやすい」文章を書くことができます。

新・PASONAの法則
  • P:Problem(問題)
  • A:Affinity(親近感)
  • S:Solution(解決策)
  • 0:Offer(提案)
  • N:Narrow Down(絞り込み)
  • A:Action(行動)

それぞれの詳しいポイントや解説については、以下の記事で”分かりやすく”解説しています。

「PASONAの法則」を初めて知った人は、まずは下記の記事をご覧ください。

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

【リニューアル】新しいPASONA(パソナ)の法則の内容、従来との違いを徹底解説!

2018.08.30

 

スポンサーリンク

【具体例】PASONAの法則の書き方

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

PASONAの法則の、それぞれの要素を知っていても、それを実際に「文章」にするのが難しいですよね。

そこで、ここからは「PASONAの法則」の各要素について、”ライティングのセールスレター”を具体例にして、書き方をお伝えしていきます。

具体例を読んで、「PASONAの法則」の書き方のイメージを掴んでみてください。

 

P:Problem(問題)

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

最初は、「問題提起」から書き出します。

P:Problem(問題)の例

コピーライティングの話をすると、よくこんな悩みを相談されます。

「コピーライティングのテクニックが多すぎて、なかなか覚えられない」

もしかしたら、今あなたも同じような悩みを持っているのではないでしょうか?

実はその問題は、たった1つの「あること」が原因なんです。

その「あること」とは、コピーライティングの本質を理解していないと言うことです。

 

A:Affinity(親近感)

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

次に、「親近感(共感)」の要素を入れます。

A:Affinity(親近感)の例

実は、僕もほんの半年前までは、あなたと全く同じような悩みを抱えていました。

  • 「必死にコピーライティングの参考書を読んで、テクニックを一つひとつ覚えようと頑張る」
  • 「でも、いざ実際にコピーを書こうとすると、それらのテクニックをうまく使うことができない」
  • 「その結果、1週間書けて書いたセールスレターが”没”になる」

なので、あなたのその悩みは痛いほど良く分かります。

 

でも、考えてみたら、それが「当たり前」なんです。

そもそも、ほとんどの自称”コピーライター”は、いかに凄いコピーライティングテクニックを駆使して、読者を”操るか”しか考えていません。

つまり、今あなたが「コピーライティング上手くなっていると思えない。」と落ち込んでいるとしても、決してあなたは悪くありません。

そもそも、「コピーライティングの本質」を丁寧に教えてくれる人なんて、どこにもいないじゃないですか。

 

S:Solution(解決策)

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

次に、前述した問題、悩みへの解決策を提示します。

S:Solution(解決策)の例

そんな、コピーライティング界の現状を変えたくて、僕はコピーライティングの本質に徹底的にこだわった最新のコピーライティング上達プログラムを作りました。

このプログラムを事前に、駆け出しのコピーライターたちに試してもらったところ、最大で成約率が3.2倍(4%→12.8%へ)も高くなるという結果が出ました。

さらにこのプログラムでは、「副業」「ダイエット」「ゴルフ」「ピアノ」「コピーライティング」「経営コンサルティング」などなど、多数のテーマのセールスレターで平均1.8倍の成約率アップを達成しています。

 

O:Offer(提案)

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

続いて、商品の詳細に移ります。

O:Offer(提案)の例

そんな成果が約束された最新のコピーライティング上達プログラムの名前は「Essential CopyWriting Program(以下、ECPと表記)」です。

本来ならECPは「29,800円」で提供しているのですが、この手紙を読み続けていると言うことは、あなたは「本気」でコピーライティングをマスターしたいと思っているに違いありません。

そこで、この手紙をじっくりと真剣に読んでくれているあなたの熱意を汲んで、今回のみ「9,800円」で参加できるようにしました。

さらに、今申し込んでくれた場合のみ、さらにあなたのコピーライティングスキルを底上げさせる「3つのコピーライティングテンプレート」も特典としてつけさせていただきます。

 

N:Narrow Down(絞り込み)

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

”今すぐ”に申し込んでもらうために、「絞り込み(限定性)」をします。

N:Narrow Down(絞り込み)の例

ここで1つ、残念なお知らせがあります。

今回の「ECP」ですが、プログラムの1つに「僕が直接、セールスレターの添削を行う」というサービスがあります。

そして、実はこの「セールスレターの添削」は、一字一句しっかりと見ていくため、非常に時間がかかります。

そのため、あまりに多くの人に申し込みをされると、あなたのセールスレターを添削するという大切な時間が取れなくなる恐れがあるのです。

そこで、心苦しい限りではありますが、今回のECPに関しては「10名限定」での募集とします。

 

A:Action(行動)

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

最後に絶対に忘れてはいけないのが、「明確に行動を促す」という要素です。

A:Action(行動)の例

そのため、プログラムの申し込みを開始してから10名の申し込みがきた時点で、今回の募集は締め切らせていただきます。

開始後すぐに締め切ることはないので、慌てる必要はありません。

ただし、確実に今回のプログラムに申し込みたいのであれば、できるだけ早めに下記のリンクから申し込むことをお勧めします。

 

PASONAの法則のフレームワーク例

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

上記で紹介した例は、即興で作ったものなので、細部にはかなり粗があることは認めます。

とはいえ、上記で示した例の順番でセールスレターを書いていけば、反応率の高いセールスレターを作ることができます。

ここで再度、PASONAの法則を用いたセールスレターの一例をまとめて記載しておきます。

PASONAの法則 一連の書き方例

コピーライティングの話をすると、よくこんな悩みを相談されます。

「コピーライティングのテクニックが多すぎて、なかなか覚えられない」

もしかしたら、今あなたも同じような悩みを持っているのではないでしょうか?

実はその問題は、たった1つの「あること」が原因なんです。

その「あること」とは、コピーライティングの本質を理解していないと言うことです。

 

実は、僕もほんの半年前までは、あなたと全く同じような悩みを抱えていました。

  • 「必死にコピーライティングの参考書を読んで、テクニックを一つひとつ覚えようと頑張る」
  • 「でも、いざ実際にコピーを書こうとすると、それらのテクニックをうまく使うことができない」
  • 「その結果、1週間書けて書いたセールスレターが”没”になる」

なので、あなたのその悩みは痛いほど良く分かります。

 

でも、考えてみたら、それが「当たり前」なんです。

そもそも、ほとんどの自称”コピーライター”は、いかに凄いコピーライティングテクニックを駆使して、読者を”操るか”しか考えていません。

つまり、今あなたが「コピーライティング上手くなっていると思えない。」と落ち込んでいるとしても、決してあなたは悪くありません。

そもそも、「コピーライティングの本質」を丁寧に教えてくれる人なんて、どこにもいないじゃないですか。

 

そんな、コピーライティング界の現状を変えたくて、僕はコピーライティングの本質に徹底的にこだわった最新のコピーライティング上達プログラムを作りました。

このプログラムを事前に、駆け出しのコピーライターたちに試してもらったところ、最大で成約率が3.2倍(4%から12.6%へ)も高くなるという結果が出ました。

さらにこのプログラムでは、「副業」「ダイエット」「ゴルフ」「ピアノ」「コピーライティング」「経営コンサルティング」などなど、多数のテーマのセールスレターで平均1.8倍の成約率アップを達成しています。

 

そんな成果が約束された最新のコピーライティング上達プログラムの名前は「Essential CopyWriting Program(以下、ECPと表記)」です。

本来ならECPは「29,800円」で提供しているのですが、この手紙を読み続けていると言うことは、あなたは「本気」でコピーライティングをマスターしたいと思っているに違いありません。

そこで、この手紙をじっくりと真剣に読んでくれているあなたの熱意を汲んで、今回のみ「9,800円」で参加できるようにしました。

さらに、今申し込んでくれた場合のみ、さらにあなたのコピーライティングスキルを底上げさせる「3つのコピーライティングテンプレート」も特典としてつけさせていただきます。

 

ここで1つ、残念なお知らせがあります。

今回の「ECP」ですが、プログラムの1つに「僕が直接、セールスレターの添削を行う」というサービスがあります。

そして、実はこの「セールスレターの添削」は、一字一句しっかりと見ていくため、非常に時間がかかります。

そのため、あまりに多くの人に申し込みをされると、あなたのセールスレターを添削するという大切な時間が取れなくなる恐れがあるのです。

そこで、心苦しい限りではありますが、今回のECPに関しては「10名限定」での募集とします。

 

そのため、プログラムの申し込みを開始してから10名の申し込みがきた時点で、今回の募集は締め切らせていただきます。

開始後すぐに締め切ることはないので、慌てる必要はありません。

ただし、確実に今回のプログラムに申し込みたいのであれば、できるだけ早めに下記のリンクから申し込むことをお勧めします。

(これくらいの簡単なセールスレターなら、30分もあれば書き上げられます。)

 

スポンサーリンク

PASONAの法則をもとに改善する

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

上記の例文は、あくまで前述した各要素の例文を繋げ合わせただけなので、少し文章としては違和感があります。

そのため、実際にセールスレターを書く場合には、不自然な言い回しを修正したり、内容の一貫性を整えるといった改善が必要になるでしょう。

とはいえ、PASONAの法則を使ったセールスレターの例としては、かなり具体的にイメージができたのではないでしょうか?

実際にセールスレターを書く際も、まずは「PASONAの法則」の各要素ごとに内容を書き出し、最後にそれらを組み合わせる(もちろん、修正等もお忘れなく)と書きやすくなります。

 

具体例に学ぶPASONAの法則の書き方 まとめ

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

今回は、「PASONAの法則」を実際に使うとどんな流れになるのかを、具体例を挙げてご紹介しました。

今回の文章の例は、あくまでこの記事を書くにあたって即興で考えたものなので、かなり雑な内容になってしまっている部分があります。

とはいえ、この記事で紹介した例を元にセールスレターを書いてみると、驚くほど簡単に文章を書き上げることができるでしょう。

「PASONAの法則」は、売れるセールスレターを書く上で非常に強力な武器になるので、ぜひ完全習得してほしいテンプレートの1つです。

【PASONAの法則の具体例】30分で書き上げたセールスレター

web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。