【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

こんな悩みに応えます。

AISASってなに?マーケティングとAISASにはどんな関係があるの?

今回は、マーケティング用語の1つである「AISAS(アイサス)」について、初心者でもわかるように解説していきます。

簡単に言ってしまうと、インターネットが普及してきた現代に生きる人の、商品を認知してから購買に至るまでの心理的なプロセスを表している言葉で、マーケティングを考えやすくする1つの手段です。

名前が似ている言葉として「AIDMA(アイドマ)」がありますが、AISASとAIDMAの違いについても触れていきます。

スポンサーリンク

マーケティング用語の「AISAS(アイサス)」って?

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

マーケティング用語の「AISAS(アイサス)」というのは、1990年を過ぎてから日本の大手広告会社「電通」によって提唱されたマーケティング理論です。

消費者が商品やサービスを認知してから、購買に至るまでの心理段階を表した言葉で、「AIDMA」のインターネットバージョンとして世の中に広まっていきました。

 

スポンサーリンク

AISASを構成する5つの要素

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

ここからは、AISASを構成する5つの要素を紹介していきます。

  • A:Attention
  • I:Interest
  • S:Saerch
  • A:Action
  • S:Share

 

A:Attention

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

1つ目の「A」はAttention「注意」を表す言葉から来ています。

消費者の注意や注目を引くための行動を行い、消費者にインパクトを与えることが重要となります。

代表的な例でいうと、InstagramやTwitterなどのSNSで発進させられる情報です。インターネットが完全に普及している昨今では、SNSなどから情報収集をする人も数多くいます。

AIDMAの時にはテレビCMのようなマスメディアを使うことが効果的とされていますが、AISASの場合にはインターネット広告やSNSの活用が重要となり、そのインターネット経由で消費者にインパクトを与える段階です。

 

I:Interest

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

2つ目の「I」はInterest「興味」を表す言葉からきています。

注目をさせた後には、消費者に興味を持ってもらうことが重要な段階です。

「注意」の段階で消費者にインパクトを与えるだけではなく、興味を持ってもらうことが重要です。AIDMAの段階であれば、キャッチーな言葉や音楽を使うだけでも十分効果的でした。

インターネット時代の今は、ユーモアやセンスの溢れる広告・宣伝がなければ、消費者の興味を引くことはできません。

 

S:Saerch

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

3つ目の「S」はSearch「調べる・調査」を表す言葉からきています。

AIDMAの時には3つ目には「D=Desire(欲望)」があったのですが、AISASの場合には、自分自身で商品やサービスについて調べる段階の「S=Search」があります。

この段階では、消費者がインターネットを使って自分で商品のことを調べます。

AIDMAが提唱された時代は自分で調べようと思っても、本やインターネットは現代ほど普及していなかったため、調べることは簡単なことではありませんでした。

今ではSNSで情報を調べる人がいるため、ホームページをわかりやすく作成するだけではなく、SNS上でもわかりやすく発進する必要があります。

 

A:Action

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

4つ目の「A」はAction「行動」を表す言葉からきています。

消費者に自分で調べてもらった後に、実際に商品を買ってもらいます。売り上げや顧客の獲得に繋がる行動でなければいけません。

現代はインターネットショッピングも普及しているため、店頭販売だけではなくインターネットでの販売に関しても整備しておく必要があります。

 

S:Share

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

5つ目の「S」はShare「共有・シェア」を表す言葉からきています。

AIDMAであれば、Actionの段階で終わっていたのですが、AISASにはActionの段階の次として「Share」があります。

なぜShareがあるのかというと、誰もが簡単にSNSを使いこなせる時代になり、皆こぞって投稿をするようになったため、それが自然なシェアに繋がってるのです。

2017年には「インスタ映え」という言葉が新語・流行語大賞を獲得したように、InstagramやTwitterで人気になったり、写真を撮影して綺麗に見せられるような商品を提供していくことも重要になりました。

特にスターバックスなどは、InstagramやTwitterを上手く活用することで、テレビCMは一切使わず広告費を抑えたマーケティングを行うことができているいい例です。

 

AISASを実際に使ったマーケティング事例

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

AISASを実際に使ったマーケティング事例として有名なのは、先ほどもあげた「スターバックス」です。

スターバックスはテレビCMやインターネット広告を一切使わず、売り上げを拡大させている企業です。莫大な広告費をかけずに顧客を獲得し、売り上げを伸ばしているスターバックスは素晴らしいマーケティングを行なっています。

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

【マーケ初心者必見】AISASの事例をスターバックスに学ぶ!

2018.08.26

 

スポンサーリンク

AISASにはマーケティング用語の姉妹がいる

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

AISASには、マーケティング用語の姉妹がいます。

  • AIDMA(アイドマ)
  • AISCEAS(アイセアス)

上記2つに関しても、消費者の認知から購買までの心理段階を表した言葉の、頭文字を集めたマーケティングの理論です。

本文中で「AIDMAのインターネットバージョンとして世の中に広まっていきました。」という言葉を書いたのですが、AIDMAはAISASが提唱される70年以上も前からある言葉です。

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!

【簡単5分で学べる】AIDMAはマーケティングにどう活かす?

2018.08.26

AISCEASに関しては、AISASとほとんど同じなのですが、AISASをさらに詳しくしたマーケティング理論だと思っていてください。

 

まとめ:マーケティングにAISASを使おう!

AISASは、インターネットが普及している現代にぴったりの理論です。消費者が商品を認知してから購買に至るまでの心理段階を表している言葉ですから、AIDMAよりも現代のマーケティングに向いています。

途中紹介したスターバックスのように、AISASを使えば広告費を大幅に削減しつつ大きな売り上げを立てることも可能です。

この記事を最後まで読んでくれたあなたも、ぜひAISASを用いたマーケティングを行なってみてください。

【現代にぴったり】AISASならマーケティングが楽に考えられる!



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。