ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

こんな悩みに答えます。

ロングテールキーワードってどうやって探したらいいの?やっぱり検索回数も気にするべきかな?

今回の記事ではロングテールキーワードの探し方について深掘りしていきます。ロングテールキーワードの探し方は後ほど詳しく紹介しますが、検索回数については絶対に調べた方がいいです。

ロングテールキーワードは作ろうと思えば、無限にキーワードを創出できるため、きちんとした選定も必要です。

キーワードの探し方とキーワード選定のコツについても紹介しますから、ぜひ最後まで読み進めてください。

スポンサーリンク

ロングテールキーワードの探し方5選

まずはじめにロングテールキーワードの探し方5選を紹介していきます。僕が普段ロングテールキーワードを探す時の方法も紹介しているので、是非参考にしてみてください。

  • キーワードプランナーを使う
  • サジェストツールを使う
  • 検索窓を使って調べる
  • サーチコンソールで調べる
  • アナリティクスを使って調べる

キーワードプランナーを使う

1つ目は「キーワードプランナーを使う」ということです。最もオーソドックスなキーワードの探し方です。

キーワードプランナーを使って、ロングテールキーワードを探します。

例えば「グーグル 使い方」をキーワードプランナーで検索をしてみると、

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

6個のロングテールキーワードが表示されました。

このように、検索するために入力したキーワードに関連するキーワードを自動で出してくれるので、自分が思いつかなかったキーワードの存在を知ることができます。

なお、キーワードを入れると全く関係ないキーワードが検出されることがあるため、「入力したキーワードを含むロングテールキーワード」を表示してくれた方がいいですよね。そんな時は、

検索画面の左側にある

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

「検索のカスタマイズ」の中の「キーワードオプション」をクリックし、

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

その中の「入力した語句を含む候補のみを表示」を「オン」にして、保存を押せば完了です。

先ほどの「グーグル 使い方」で検索した時に「入力した語句を含む候補のみを表示」を「オフ」のまま調べてみると、

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

「グーグル 使い方」のキーワードが入っていないキーワードも表示されます。

サジェストツールを使う

2つ目は「サジェストツールを使う」方法です。

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

画像はこのサイト「Web+」が運営している「SUGGESTER」というツールです。無料で使うことができ、簡単にサジェストワードを検出させることができます。

SUGGESTERの使い方は「Googleサジェスト導出ツール「SUGGESTER」の使い方」にて説明しています。

検索窓を使って調べる

3つ目は「検索窓を使って調べる」方法です。

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

「グーグル 使い方」をGoogleの検索窓にて入力してみると、このようにロングテールキーワードが検出されます。

この検索窓で調べる方法は「サジェストツール」を使った時と結果はさほど変わりませんが、新しいキーワードを発掘することは可能です。

サーチコンソールで調べる

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

4つ目は「サーチコンソールで調べる」方法です。

サーチコンソールを使うと、「どんなキーワードでサイトに辿り着いたのか」を調べることができます。新しいサーチコンソールを使っている人は、トップページの「検索パフォーマンス」から「レポートを表示する」をクリックしてください。

その時に表示される「クエリ」というのが、実際に検索に使われたキーワードのことを指します。

古いバージョンのサーチコンソールを使っている人は、トップページ左側にある「検索トラフィック」の中の「検索アナリティクス」をクリックすれば、キーワードを見つけることができます。

実はこのサーチコンソールで調べるロングテールキーワードの探し方は、キーワードプランナーでは計測されないにも関わらず、よく使われているキーワードを見つけることができるお宝発見ツールなんです。

アナリティクスを使って調べる

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

5つ目は「アナリティクスを使って調べる」方法です。アナリティクスというのはGoogleアナリティクスのことです。

アナリティクスを使ったロングテールキーワードの探し方は、

①まずアナリティクスを開いて右のサイドバー内「集客」→概要をクリック。

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

②概要をクリックしたら、そのあと表示されるページで「Organic Search」をクリック。

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

すると、その後に表示されるページで「サイトを訪れる時にユーザーが検索したキーワード」を知ることができます。これもお宝キーワードになりうるため、逐一チェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク

ロングテールキーワードの探し方は知っておくべき!

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

ここまではロングテールキーワードの探し方について紹介してきましたが、ロングテールキーワードの探し方は知っておくべきです。なぜかというと、ロングテールキーワードの方がシングルワードよりも、検索上位を取りやすいからです。

なぜロングテールキーワードは上位を取れる?

ロングテールキーワードを選べば100%上位を取れるわけではありませんが、シングルワード(1語だけ)よりも競合が少ないため、上位に表示できる可能性が高くなるのです。

ただし、シングルワードに比べると月間の検索回数は少ないため、ロングテールキーワードは小さなアクセスをかき集めていく方法と言えます。

ロングテールキーワードを探すときは選定に気をつける

「シングルワードよりも上位が取りやすいなら、ロングテールキーワードだけを攻めていこう!」と思った人もいるかもしれませんが、ただ何の気もなしにとにかくロングテールキーワードを書いていても消耗戦になります。

ロングテールキーワードも、シングルキーワード同様にキーワードの選定が不可欠だからです。ロングテールキーワードで上位を目指す際にも、キーワード選定が不可欠です。

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい

初心者向け:キーワード選定のコツさえつかめば検索上位は獲得可能!

2018.08.20

ロングテールキーワードの探し方まとめ

今回はロングテールキーワードの探し方についてまとめてきました。ロングテールキーワードで上位を獲得できるようになれば、実はそのあとにシングルワードや2語で構成されたミドルワードでも上位を獲得しやすくなります

ですから、ロングテールキーワードをとにかく手当たり次第に書くことも、悪い戦略ではありません。今はロングテールキーワードでちまちましかアクセスを稼げないとしても、後々シングルワードで上位を取り、アクセスを集めることができたらいいですよね?

今はそのための準備期間だと思って、ロングテールキーワードでの上位獲得を目指してください。

ロングテールキーワードの探し方【5選】をサイト運営者に知ってほしい



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。