独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!

独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!

スポンサーリンク

コピーライティングを学ぶ一番の方法は、プロのコピーライターに直接教えてもらうことだと言われます。しかし、プロのコピーライターをそうホイホイと見つけるのは難しいでしょう。

そこで、多くの駆け出しライターは独学でコピーライティングのスキルを勉強しているのが現状です。その際に真っ先に用いられるのが、コピーライティングを解説した本でしょう。

ただ、一言でコピーライティングの解説書と言っても、世の中には数多くの本が存在します。一体私たちは、どの本を参考にしてコピーライティングを学べばいいのでしょうか?

そこで今回は、コピーライティングを学ぶ際にぜひ活用したい、お勧めのコピーライティング解説書をご紹介します。

独学でライティングのスキルを高めたい人は、今回ご紹介する本を読んでおけば間違いありません。

おすすめ本① 現代広告の心理技術101

独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!

ドルー・エリック・ホイットマン 現代広告の心理技術101

コピーライティングのおすすめ本を紹介するサイトやブログは無数にありますが、その中でも特に紹介されることが多いのが、この「現代広告の心理技術101」でしょう。

著者は、アメリカの有名コピーライター、ドルー・エリック・ホイットマンです。コピーライティングを学ぶなら、この本さえ読めばいいと言われるほどの完成度の高さが魅力です。

欠点は、他のコピーライティングの書籍に比べて、値段が多少高い(定価3,700円)ことと、ネット上でしか購入が出来ないことです。しかし、その内容はコピーライティングの知識の全てが詰まっていると言っても過言ではありません。

手当たり次第にコピーライティングの本を買い漁るくらいなら、この本1冊を買って何回も読んだ方がよほどスキルアップに繋がります。

とやかくは言いません。ライティングスキルを高めたいなら、この本を最初に手に取ってください。筆者も最初は、この本でライティングを学びました。

スポンサーリンク

おすすめ本② 10倍売れるWebコピーライティング

次にご紹介するのは、マーケティングからコピーライティングまで、他の追随を許さぬレベルで非常に有益な情報を発信し続けるバズ部によって書かれた「10倍売れるWebコピーライティング」です。

書店でこの本を手に取った人は、まず最初にその本の薄さにびっくりすることでしょう。こんなに薄い本で本当にコピーライティングを学べるの?という不安があなたの脳裏によぎります。

しかし、その内容はセールスレター(商品を売るための文章)を書くために必要な知識を、これ以上ないほどシンプルかつ適切に解説しています。

コピーライティングの概念的な部分から知りたい人には向いていない本ですが、実践的なライティングのノウハウを手っ取り早く知りたい人にとっては、完璧な1冊と言えるでしょう。

ちなみに、この本を出しているバズ部というサイトには、様々なライティングのノウハウが紹介されています。ネットを使ったビジネスをしている人は必見ですよ。

おすすめ本③ ザ・コピーライティング

伝説のコピーライターと呼ばれるアメリカのコピーライター、ジョン・ケーブルズが著した本ですが、コピーライターのレジェンドである、あの神田昌典が翻訳をしたことで、より一層有名になっています。

他のコピーライティングの追随を許さない、すぐさま実際に使えるノウハウも盛りだくさんの内容になっているので、本格的にライティングを学びたい人は必読の1冊です。

本1冊にしては、かなりの値段(定価3,200円)なので購入を躊躇するかもしれませんが、その圧倒的なボリュームと実践的なコピーライティングスキルの内容であることを考えると、思わず安すぎる!と叫ぶことになるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ本④ 沈黙のwebライティング

ここで、コピーライティングの解説書としてはちょっと異色の本を紹介します。その名も「沈黙のwebライティング」という本です。

松尾茂起というwebライターが書いた、この「沈黙のwebライティング」の最大の特徴は、なんといってもストーリー形式で話が展開されていて思わず読み進めてしまう構成にあります。

そのため、本というよりも、どちらかというと漫画を読んでいるようなエンターテインメント感あふれるコピーライティングの解説書になっています。もちろん、内容も非常に充実していますよ。

前述した3つの本は、主にセールスコピー(商品を売るための文章)を書くためのノウハウであるのに対して、沈黙のwebライティングはコンテンツライティング(一般的なwebの記事)を書くためのノウハウが詰まっています。

コピーライティングのノウハウはもちろん、検索エンジンで上位表示をさせるためのSEOのノウハウなどまで網羅されています。セールスの文章よりも価値提供の文章を書くことが多い人は、絶対に一度は読んでおくべき本です。

おすすめ本⑤ 影響力の武器

最後にご紹介するのは、厳密に言うとコピーライティングに関する本ではありません。人間の行動に影響を与える6つの法則を科学的な実験を元に明らかにした「影響力の武器」という本です。

ここまでに紹介した本が全て、コピーライターと言う肩書を持っていたのに対して、この本はアリゾナ州立大学の社会心理学者、ロバート・チャルディーニ教授が著しています。

コピーライティングの最終的な目的は、読者をあなたの意図したとおりに行動させることです。つまり、人の行動法則を理解することは、コピーライターに必須の知識なのです。

よって、なぜコピーライティングのスキルを使うと、相手を思い通りに行動させることが出来るのかという根本的な理論を知りたい人には、知的好奇心をくすぐる1冊になります。

また、影響力の武器で取り上げられてる人間の行動原理は、コピーライティングに限らずビジネスをする上では必須の知識です。ライティングスキルの向上もそうですが、ビジネスマンの教養としても一度は読んでおくべきです。

スポンサーリンク

費用対効果は無限大!?

独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!

正直に言うと、今回紹介した本を購入して一読したところで、コピーライティングのスキルが明確に向上したという実感を得ることは難しいでしょう。

なぜなら、コピーライティングはノウハウを知ったからと言ってすぐさま使えるような、底の浅いスキルではないからです。

そこで、最後に必ずやって欲しいことがあります。それは、購入した本は1回だけでなく何回、何十回、何百回と読み返し、そこで学んだことを実践するということです。

たしかに、知識を吸収することは非常に大切です。しかしライティングのスキルは、実践を通すことでしか向上しないということを、常に意識しておく必要があるのです。

独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。