「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

スポンサーリンク

現代広告の心理技術101」という本を知っていますか?この本は、良くも悪くも騒がれている本です。

実際、僕自身も読んだことが有り、かなりオススメの一冊なのでその理由をまとめてみました。

すでに購入を決めている人は、下記のリンクから。

現代広告の心理技術101のあらすじ

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

反応を取る広告を作るための本。

「広告の目的は人に行動させること」

この本を読めば、広告をより効果的にするため、以下のことを学ぶことができます。

人の行動原理
  1. 人が何を求めているのか。
  2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
  3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

これらが分かった時、あなたは以下のような素晴らしい結果を手にすることができるのです。

現代広告の心理技術101から得られるもの
  1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
  2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
  3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
  4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから、人が広告を見るときにどういう心理が働くかという広告行動心理を徹底的に研究しました。

それを、

  • 相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
  • 買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめて広告の心理学を追求した一冊です。

スポンサーリンク

現代広告の心理技術101の内容一覧

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

現代広告の心理技術101では、以下のような内容が学べます。

現代広告の心理技術101 目次
  • 原則1 恐怖という要素
  • 原則2 自我の変形
  • 原則3 転嫁
  • 原則4 バンドワゴン効果
  • 原則5 手段・目的連鎖
  • 原則6 理論を超えたモデル
  • 原則7 接種理論
  • 原則8 信念のリランキング
  • 原則9 精緻化見込みモデル
  • 原則10 影響力の6つの武器
  • 原則11 メッセージの構成
  • 原則12 セルフ・デモンストレーション
  • 原則13 二面性のあるメッセージ
  • 原則14 反復と重複
  • 原則15 修辞疑問文を使う
  • 原則16 証拠
  • 原則17 ヒューリスティックス

現代広告の心理技術101をおすすめする理由

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

まずは、現代広告の心理技術が、その他のライティング本とどのような点で異なっているのかを見ていくことにしましょう。

ライターが絶対に「現代広告の心理技術101」を読むべき五つの理由をご紹介します。

1.実践的である

この本の中には、コピーライティング(文章で人の感情を動かす)のテクニックが101個載っています。例えば「不安を煽る」だったり、「五感を揺さぶる」だったり、「限定感を出す」だったり…

コピーライティングの本はたくさん有ります。同じように、「もの書き」な人向けの本もたくさんあります。

ですが、この本のように”感情を動かすための具体的なテクニック”として書かれてる本はめったにありません。感情が動く状態というのは、本を読んでいて泣いてしまったり、演説を聞いて興奮してしまうような状況のことです。

 

殆どの本は「伝わりやすい」という名目であったり、「本質的」といって、当たり前のことしか書いていません。例えばこんな具合です。

  • お客さんが自然に読める文章を心がけましょう
  • お客さんが読みたいと思うように書きましょう

正直なところ「それができれば苦労しないわ」という内容が多いです。”その文章”自体に感情を動かされないという本末転倒な始末です。

 

この「現代広告の心理技術101」の場合は、むしろ細かなテクニックについて終始しているので、その心配はありません。さらに、他の本に比べて非常に参考になるポイントがあります。

それは次の理由に続きます。

2.筆者の文章が記載されている

この本の要所要所では、「筆者が昔書いた文章」が記載されています。つまり、「筆者が実際に仕事としてお金をもらって書いて、実際に感情を動かし、売上を上げた文章」です。

この「実物例」が載っている本は殆どありません。(権利の問題で出せないみたいなことを言っている本は多数ありますが)

そして、何よりこの実物例が参考になる上に、自分で読んでいて”感情が動かされること”に納得してしまうはずです。「こんなふうに感情が動くなら、そりゃ買うわ」と初めに読んだ時に思いました。

 

「ものを書くこと」について書かれた本で、「筆者の具体例」を出すのはかなり勇気のいることですが(それ自体が参考になるので)、この本では惜しみなく書かれているし、実際に素晴らしい具体例であることばかりです。

それだけ自信があるのだなとも思います。

なにより、他の本に比べて筆者が自分の文章に自信があり、効果が実際に示されており、読者としても納得できる物が多い点が、この本の良い所だなと思います。

3.店頭に並んでない

さらにこの本、「ダイレクト出版」という出版社で販売しており、店頭に並んでいません。(中古本とかならたまにあります。探してみて下さい。)

そして、ダイレクト出版のページも結構クセがあるので、賛否両論あります。

「うさんくさい」「詐欺っぽい」と否定されているレビューもよく見かけます。(内容とは全く関係無いのですが。)

 

ただ、店頭に並んで無いことや否定的なレビューが多いことに関しては、既に読んだ僕としては好都合です。

それは、「この本の読者」が少なくなる可能性が高いからです。

 

もちろん、本の出版社としてはいろんな人に売れた方が嬉しいとは思いますが、読者であり、そのノウハウを吸収して使ってる人間からすれば、他の皆も続々と真似してくると少し迷惑なわけです。困ってしまう。

だったら、そもそもこの本を読まずに、ノウハウを知らないでいてもらった方が良いです。

個人的には、「店頭に並んでいないこと」「否定的なレビューが多いこと」は、一部のプレイヤーだけがノウハウを得られる理由に成るので、好都合です。

4.高い

これもほとんど上の理由と同じなのですが、この本は「高額」です。普通の本の2~3倍くらいの値段がします。

これについても、否定的なレビューが多いです。「高すぎる」「うさんくさい」「そんな価値がない」

“価値がない”ことに関しては、多分ちゃんと読んでないか本人に問題があると思うのですが、確かに金額面を見ると高いです。だからこそ、購入者が減ります。

わざと金額が高めに設定されているのも、マーケティングの一種だと思うのですが、とりあえず「購入者が減る」というのは好都合です。

5.90日間返金保証がある

最後に、90日間の返金保証がついています。これはダイレクト出版自体が公に設定しているものなので安心して下さい。

僕も最初はこの90日間返金保証があるから購入しました。最終的には「年間購読」までしています。

ただ、なんだかんだでダイレクト出版の本を読んで、全て10倍以上で回収したので、得したとしか思っていません。

スポンサーリンク

現代広告の心理技術101のレビュー

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

ここからは「現代広告の心理技術101」を読んだ人の感想をご紹介していきます。

どれだけ多くの人がこの本を読み、その効果を実感しているかを感じることができるでしょう。

実践的で時間がなくてもスラスラ読めます

広告に使われている心理技術と書かれていたので、実際の仕事で使いこなせるか不安でしたが、そんなことありませんでした。

人間の根源的な欲求はどんなもので、それにアプローチするためにはどのようなことが必要なのか、その根拠は何かが丁寧に解説されています。読み物としても面白くてスラスラ読めるので、時間がない人でもオススメです。

ざっと読み終えたら、今度は一つ一つの項目を試しながら日々の仕事に応用させてみてください。広告だけでなく、日常的な業務やお客様の反応、人間関係なども変わっていきますよ。

ライターをされている方はぜひ読むべき

セールスコピーの具体例とともに、人の心理を説明だけでなく例題を示し解説されていて他にあまりない書籍ではないでしょうか。

内容もストレートで目の覚めるような指摘も多く何度も読み返して身につけたいと思います。

広告に関する考え方が変わります

個人で整体院をしているのですが、色々な広告に手を出してどれも効果が上がらず行き詰まっていました。

技術、実際に来院された方の反応、リピート率はかなりいいほうだと思うのですが、とにかく新規が少ない。

集客コンサルタントにホームページのテコ入れをしてもらったのですが、思ったほどの効果がなくてどうしようかと思っていた所に、この本のお知らせが来ました。

内容はかなり新鮮でした。

それまで色々調べて広告はこうしたらいいなどの情報は知っていたのですが、そもそもその考え方が全く違っているということを教えてもらいました。

この本の内容を参考にホームページを大改修したのですが、翌日1人、2日後2人、3日後はその紹介で1人と、いきなり反応がありました。

しばらくこれで様子を見てみようと思います。

今までで一番安い買い物で一番効果がありましたね(汗)

現代広告の心理技術101の著者

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

ドルー・エリック・ホイットマン

「ドクター・ダイレクト! TM」として知られる米国ダイレクトレスポンス広告界の第一人者。

11歳からダイレクトレスポンス広告による販売を始め、テンプル大学で広告学の学位を取得後、広告の世界で頭角を現す。

フィラデルフィア最大の広告代理店のダイレクト・レスポンス部門で長きにわたって活躍、世界最大手のダイレクト型保険会社でシニア・ダイレクトレスポンス・コピーライターを務めたほか、カタログ大手のデイ・タイマー社でアソシエイト・コピー・チーフを務めた経験を持つ。

全米自動車協会、アドバタイジング・スペシャルティ・インスティチュート、米国在郷軍人会、アモコ、ファーバー・カステル、テキサコ、デイ・タイマーなど、アメリカで最も成功している多数の大手企業や組織が彼の広告を採用している。

現在はコピーライター、トレーナーとして活躍中。

著書に『The $50,000 Business Makeover Marathon(5万ドルの会社改造計画)』 (共著)がある。全米各地の商工会議所で開催し、高い評価を得ている「CA$HVERTISING」短期集中広告セミナーの開発者、プロデューサーでもある。

スポンサーリンク

現代広告の心理技術101 まとめ

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい

今回紹介した「現代広告の心理技術101」は、ライターなら絶対に読むべき本として、多くのコピーライター、ブロガー、アフィリエイターなどが絶賛している1冊です。

実際、そこらの書店に売っているライティング本を100冊分以上の内容を、この1冊から学ぶことができます。

コピーライティング、文章力、相手を行動させるスキル。

こういったビジネスに必要不可欠なスキルを手に入れたいのであれば、今すぐに「現代広告の心理技術101」を手にとってください。

 

「もの書き」を仕事にしたいなら本「現代広告の心理技術101」を読んで欲しい



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。