初心者ブロガーに『現代広告の心理技術101』を全力でオススメする理由

 

「ブログで稼ぐためにも、コピーライティングのスキルを身につけたいです!」

「でも、コピーライティングの勉強って何からやればいいのかわからない・・・」

↑こんな悩みにお答えしましょう!

 

 

最初にコピーライティングの勉強する際にオススメなのが、『現代広告の心理技術101』 という本です。

現代広告の心理技術101は、コピーライターやブロガーなど、ライティングを必要とする人たちがこぞってお勧めする、人気No.1のコピーライティング解説書と言われています。

 

この本1冊で、

  • 上手い文章だけじゃなく、”売れる文章”が書けるようになる。
  • 自分のブログから数千円〜数万年の商品がポンポン売れるようになる。
  • 大企業から『ライティング』の仕事をお願いされる。

こういったスキルを手に入れることができるようになります。

 

世の中には数多くのコピーライティング本がありますが、『現代広告の心理技術101』だけは、絶対に『買って損をしない』と断言できます。

コピーライティングの勉強で『絶対に失敗したくない』なら、必ずこの本”から”コピーライティングの勉強を始めてください。

 

◆ いますぐ『現代広告の心理技術101』を手に入れる↓

 

スポンサーリンク

『現代広告の心理技術101』はこんな人におすすめ!

『現代広告の心理技術101』は、こんな人にオススメです!

  • ブログを始めて3ヶ月以内の新米ブロガー
  • 半年以上ブログを続けているのに、100円も稼げていないアフィリエイター
  • 第二の収入として、ライティングでの副業を考えている会社員
  • 月に5万円も稼げていないフリーランスのライター
  • 暇な時間を使ってビジネスを立ち上げたい大学生

 

一言でまとめましょう。

「ブログを通して、もっと稼ぎたい」と思っているなら、『現代広告の心理技術101』を絶対に読むべきです。

 

特に、まだブログを立ち上げたばかりでライティングの勉強をしたことがない人は、この本を必ず最低1回は読んでください。

(できれば10回以上繰り返して読み返してください。それだけの価値があります。)

 

もちろん、LPやセールスレターを書くセールスライターにとっても必読の1冊です。

でもまさか、『現代広告の心理技術101』をまだ読んでいないセールスライターなんて、、、いませんよね?

 

 

話をまとめましょう。

  • ブログを通して稼ぎたい人
  • ライティングについて真剣に勉強したことがない人
  • 初心者ブロガー/新米アフィリエイター

上記の項目にどれか一つでも当てはまるのであれば、今すぐ『現代広告の心理技術101』を読みましょう。

1ヶ月後には、あなたもツイッターで「初収益の報告」をしていることでしょう!

 

◆ いますぐ『現代広告の心理技術101』を手に入れる↓

 

スポンサーリンク

今すぐ現代広告の心理技術101を読むべき理由

こからは、なぜ『現代広告の心理技術101』を読むべきなのかについて解説していきます。

 

おそらく今のあなたには、

『現代広告の心理技術101』を読むことで、

  • ブログから毎月10,000円を安定して生み出せるようになる
  • ブログ経由であなたに「ぜひセールスレターを30万円で書いてください」という依頼が舞い込む。
  • ライティングが自分の『武器』になる

と言っても、到底信じられないかもしれません。

 

でも、今から紹介する『現代広告の心理技術101』の優れた点を知った後なら、これらの未来が「まあ、これくらい当たり前だよね!」とすんなり信じられるようになります。

 

ところで、疲れていませんか?

「パチン!」

ここまでこの記事を読んで、ちょっと疲れてきた頃じゃないでしょうか?

 

これから本当に大事な話をするので、ここで一度『深呼吸』をしてリラックスしましょう。

「はい、息を吸って〜」

「はい、ゆっくりと息を吐いて〜」

さて、集中力を取り戻したところで、いよいよこの記事の核心部分に入っていきますよ!

 

『現代広告の心理技術101』のオススメポイント

『現代広告の心理技術101』がなぜ、ライターやブロガーの間で大人気なのか?

その理由を僕なりに分析してみました。

 

現代広告の心理技術101が優れている点は、主に次の3つのポイントに集約されます。

  • 実践的である
  • 具体例が豊富
  • 研究に裏付けられた理論

それぞれのポイントについて、詳しく補足・解説します。

 

1.実践的である

般的なコピーライティングの本で学べるのは、あくまで『文章の書き方』でしかありません。

もちろん、うまい文章の書き方も大切ではありますが、残念ながらそれだけでは収益には繋がりにくいんです。

 

なぜなら、人は文章の上手い下手ではなく、『心が動いたかどうか』で商品を買うかどうかを決めるからです。

ブログから収益を得たいのであれば、『人の心を動かすライティング』のスキルを身につけなければなりません。

 

また、こういった人の心を動かす心理学的な側面に焦点を当てて書かれた本は、理論は素晴らしくても、それを『どうやって活用するか』までは教えてくれません。

心理学×ライティング の両方をカバーした『すぐに使える実践的な書き方』は、『現代広告の心理技術101』でしか学べません。

 

つまり、『現代広告の心理技術101』は、直接的に収益につながる実践的な文章の書き方を身につけられる唯一の本だということです。

 

2.具体例が豊富

『現代広告の心理技術101』は、とにかく具体例が豊富に盛り込まれています。

 

しかも具体例の多くが、ただ上手い例をあげるだけではなく、その前にあえて『ダメな具体例』も盛り込んでいる。

その結果、上手いコピーと下手なコピーの比較ができるようになっています。

 

本書はたくさんの事例を見ることができますが、中でも特に『相手の頭の中にイメージを呼び起こす文章』の具体例は、ものすごく参考になります。

あまり言いたくないのですが、僕自身もコピーを書くときは、この具体例を”ちょっと変えて”そのまま使うこともたまにあります。

 

一流のコピーライターが書く文章をじかに学べるという点でも、『現代広告の心理技術101』はコピーライティングのバイブルと言えるでしょう。

 

3.研究に裏付けられた理論

『現代広告の心理技術101』で紹介されているテクニックのほとんどは、『実験・研究』によって裏付けられている手法です。

 

たとえば、あなたは

  • 長い文章のセールスレター
  • 短い文章のセールスレター

どちらの方が優れているかを、”根拠を持って”答えることができますか?

 

 

正解は『長い文章のセールスレター』です。

 

 

「その根拠は?」

 

これ以上はネタバレになるので、詳しくは『現代広告の心理技術101』を読んでみてください。

 

もちろん、これはほんの一例であって、もっと多くのコピーライティングのテクニックを『根拠付き』で学ぶことができます。

 

今までは「どっちの書き方がいいんだろう?」と悩んでいた人でも、本書を読めば

「ああ、これはあの理論があるから、こういう書き方がベストだね」

と自信を持ってライティングできるようになります。

 

スポンサーリンク

『現代広告の心理技術101』の内容

こからは『現代広告の心理技術101』の具体的な内容についてご紹介していきます。

 

『現代広告の心理技術101』は大きく分けて、2つのテーマで構成されています。

  • テーマ1:消費者心理の17の基本原則
  • テーマ2:買わずにいられなくなる秘密のテクニック41

もう、これらのテーマの題名自体が、『コピーライティング』という感じですよね。

 

これらの内容に加えて、巻末には

  • もっとコピーライティングを深く学びたい人にオススメの本一覧
  • レスポンスを急増させる101のチェックリスト

といった内容が掲載されています。

 

より具体的な内容については、『現代広告の心理技術101』の公式ページに全部掲載されているので、気になる内容があればチェックしてみてください。

 

◆ いますぐ『現代広告の心理技術101』の内容を確かめる↓

 

『現代広告の心理技術101』に関するよくある質問

こまで話をしてきたように『現代広告の心理技術101』は、ブログで稼ごうと思っている人にとって必読書だと僕は考えています。

 

ですが、そうはいっても

  • 本当にコピーライティングが身につくのだろうか?
  • 本にしては高い気がするんですが…
  • 別にコピーライターを目指してるわけじゃないし…

など、いろいろな考えが頭を駆け巡っていることと思います。

 

なので、ここからは『現代広告の心理技術101』に関してよく受ける質問を、一覧にしてお答えしていきます。

 

Q1:『現代広告の心理技術101』って高くないですか?

『現代広告の心理技術101』を勧めた時に、真っ先に受ける質問が『値段が高い』というものです。

この気持ちはとてもよく分かります。

 

実際に僕も初めてこの本を買った時は、「本に3,700円も出すのか…」と胸が締め付けられる思いでした。

でも、実際にこの本を購入して感じたのは、「たったこれだけの値段でこんなにすごい内容を教えてもらっていいの!?」という感情だったんです。

 

なので、僕からのアドバイスはこうです。

「本を買うのではなく、『一生使えるコピーライティングのスキル』を買う」と考えてみてはいかがでしょうか?

もしもあなたが、本棚に飾る『本のコレクション』として『現代広告の心理技術101』を購入するのであれば、これほど高い出費はないでしょう。

でも、『一生使えるスキル』を身につける目的で『現代広告の心理技術101』を購入するなら、これほど良い投資先は絶対にありません。

 

厳しい言い方ですが、この程度の『自己投資』すらできないのであれば、コピーライティングに限らずどんな分野でも成功することはできないでしょう。

 

ちなみに、『現代広告の心理技術101』は、90日間の返金保証期間があります。

初心者ブロガーに『現代広告の心理技術101』を全力でオススメする理由

現代広告の心理技術101 公式ページより

実際に手に取ってみて、どうしても「この本には価値がない」と思ったら、そのまま返金してもらえばいいだけです。

 

結論としては、

あなたが『コピーライティングのスキル』を身につける目的で『現代広告の心理技術101』を手に取るのであれば、これ以上割の良い投資先はない

ということです。

 

Q2:本を読む時間がありません。

「興味はあるけど、そもそも本を読む時間がありません。」

 

これもよく聞く質問の一つですね。

確かに『現代広告の心理技術101』は、かなりボリュームのある本です。(全343ページ)

 

でも、安心してください。

『現代広告の心理技術101』は、一つひとつのテクニックごとに章立てがされているので、一つの内容を読むのはそんなに時間がかかりません。

 

そもそも、ボリュームがありすぎるので、一度に全てのコピーライティングテクニックを学ぶのは不可能です。

  1. 夜寝る前に10分だけ時間をとって、1つのテクニックを学ぶ。
  2. 次の日は、そのテクニックだけを意識して文章を書いてみる。

このように、細かく『現代広告の心理技術101』を読み、実践していくほうがコピーライティングスキルの上達に適しているんです。

 

つまり、まとまった時間が取れない人ほど、『現代広告の心理技術101』はオススメの本ということです。

 

Q3:文章を書くのが苦手なのですが…

「文章を書くのが苦手なんですが、そんな私でもコピーライティングを身につけられますか?」

 

こういう人にとっては、『現代広告の心理技術101』を手に取るのは少し早いかもしれません。

なぜなら、コピーライティングのスキルは、『知識』だけでは決して上達しないからです。

 

コピーライティングのスキルを身につけようと思ったら、最後は結局「どれだけ文章を書いたか」が重要になります。

 

「コピーライティングの知識を学べば、文章が上手くなる!」

 

残念ながら、この考え方は間違いなんですね。

 

そういう意味で、文章を書くのが苦手な人は、まず『下手でもいいから文章を”書く”』という練習をしたほうがいいでしょう。

ある程度、文章を”書く”ことに慣れてきてから、『現代広告の心理技術101』の本でよりレベルの高い『コピーライティングの知識』を学ぶ。

 

これが、コピーライティングスキル上達の近道であり、王道です。

このことを踏まえて、『現代広告の心理技術101』』を”今”手に取るべきかどうかを考えてみてください。

 

Q4:友達が持っているので貸してもらおうと思います。

論から言いましょう。

『現代広告の心理技術101』は、自分で『所有』しておいてください。

 

なぜなら、『現代広告の心理技術101』は、一読して終わりにするような本ではないからです。

常にパソコンの傍においておき、自分が文章を書くたびに何回も見返すのが、『現代広告の心理技術101』のオススメの使い方です。

(告白すると、今も『現代広告の心理技術101』を開きながら、この文章を書いています。)

 

確かに、この本がどんな内容なのかを確認するために、友達に借りるというのは良いアイデアです。

でも、もしあなたがブログで稼いでいきたいと本気で考えているのであれば、『現代広告の心理技術101』を、ぜひ『常に手元に置いておいてほしい』というのが本心です。

 

そのためにも、『自分のもの』として『現代広告の心理技術101』を所有しておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

回は、コピーライティングのバイブルとも言われている『現代広告の心理技術101』について紹介しました。

 

冒頭でもお伝えしましたが、コピーライティングの勉強で『絶対に失敗したくない』のであれば、まずはこの本から手にとってください。

この記事では紹介しきれなかった著者のプロフィールや、細かい内容などについては、『現代広告の心理技術101』の公式ページで読むことができます。

 

この記事を読んで、少しでもこの本に興味を持ったのであれば、ぜひ公式ページの方で詳細をご確認ください。

 

◆ いますぐ『現代広告の心理技術101』の詳細を確認する↓

 

 

僕も一人のライターとして、コピーライティングのスキルを身につけてくれる人が増えたら嬉しいです。

長文になりましたが、最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

初心者ブロガーに『現代広告の心理技術101』を全力でオススメする理由



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。