【億万長者メーカーの時間管理術】「屁理屈無し社長のための時間の使い方」を読んだ感想、レビュー、口コミまとめ

っと時間を上手に使って、もっと収入や自分の時間を増やしたいと思いませんか?

今回はそんなあなたにぴったりの時間術、『屁理屈なし社長のための時間の使い方』という本をご紹介します。

こんな人にぜひおすすめ!
  • もっと自分の時間を効率的に使いたい
  • 本当に大事な仕事だけにフォーカスしたい
  • 働く時間を減らして、収入をあげたい
  • 様々な時間術を学んできたけど、いまいち効果を実感できない

あなたは気になりませんか?

世界一のヒットメーカーと言われる、あのダン・ケネディが1日をどのように過ごしているのか?

「ミリオネア・メーカー(億万長者製造機)」の異名を持つ、ダン・ケネディの時間管理術がついに公開されました

いますぐ、”成功者の時間の使い方”を学んでください↓

※出版業界では異例の90日間返品保証もついているので、安心して手にすることができます。

 

スポンサーリンク

屁理屈無し社長のための時間の使い方の概要

イレクト出版に『屁理屈なし社長のための時間の使い方』を注文して、待つこと3日。

ワクワクしながら、ついに自宅に届いたこの本のページをめくると、そこにはさっそく、”強烈な一言”が書かれていた。

 

『世界一過激な時間管理術』

 

僕が最初に抱いた感想は、「それは言い過ぎだろう」だった。

ビジネス書にありがちな「あおり」だとおもった。

 

ところがどうだろう?

本を読み進めるうちに、この言葉が”真実”であることを痛感する。

 

「過激だ・・・」

 

僕は時間術の本を、”時間を忘れて”一気に最後まで読み通したのだった。

====================

 

断言しよう。

 

この本の内容の”一部”でも実践できれば、あなたはより効率的に時間を使い、自分の思い描いたライフスタイルを手に入れることができる。

たとえば、

  • 仕事をパパッと片付けて、愛する家族と過ごす時間を増やす
  • これまでは忙しくて手をつけられなかった副業を始める
  • より短い時間で、より多くの収入を得る”しくみ作り”に専念できる

こんなライフスタイルが手に入るのだ。

 

 

しかも、この本で紹介されている方法はどれも”誰でも今すぐに実践できること”ばかり。

あなたも必ず実践できる内容になっている。

 

ただし、その方法を実践するためには、かなりの覚悟が必要であることも先に言っておこう。

たとえば、あなたは自分の時間を確保するために、「不必要な人間関係(=時間泥棒)」を徹底して排除することができるだろうか?

 

この本の中でも、以下のように語られている。

この本は、机にかじりつきっぱなしの人や、たった1つの仕事しかしていない人のための、普通の時間管理法について述べたものではなく、何足ものわらじを履き、相違に溢れ、機を見るのに長けた経営者に向けた特別なものだ。

(屁理屈抜き社長のための時間の使い方 5ページより引用)

 

はっきり言って、「今の生活を維持したまま時間だけ増やしたい」と考えている人は、今すぐこのページを閉じて、この本のことは忘れるべきだ。

 

逆に、本当に自分が人生をかけてでもやり遂げたいもののために、どんな犠牲を払ってでも時間を極限まで”効率化”したいという人にとっては、この本に勝る時間術の本はない。

 

さて、あなたはどちらの人生を歩みたいだろうか?

こうやって考えている間にも、私たちの時間(命と言い換えてもいい)は、どんどん失われていく・・・

 

スポンサーリンク

屁理屈無し社長のための時間の使い方の目次

理屈無し社長のための時間の使い方では、一般的なビジネス書にあるような「当たり障りのない時間管理術」ではありません。

タイトルにもあるように「屁理屈無し」に時間の使い方を効率化するための極めて厳格で効果的な内容だけが凝縮されています。

 

あなたが今までどれだけ「時間術に関する書籍」を読んできたにも関わらず、効率的な時間の使い方ができないのだとしてもそれはあなたのせいではありません。

ただ、あなたが今まで「この本の存在」を知らなかったことだけが、あなたの時間の使い方を効率化できない”唯一”の原因なのです。

 

本書のより詳しい内容はこちら↓

 

 

屁理屈無し社長のための時間の使い方のレビュー

レビュー グッド 意見 感想

こからは、この本を読んだ人の感想をご紹介していきます。

どれだけ多くの人がこの本を読み、その効果を実感しているかがわかります。

 

●内容がわかりやすくて読みやすかったです

普段ダラダラ過ごすことが多いですが、この本を読んでから自分がやるべき事を頭に入れて段取りよく生きていかないといけないなと思いました。

 

●部下の視点から見ても参考になる本です。

「屁理屈無し社長のための時間の使い方」に書いてある時間の管理法は、常に時間に追われている起業家や経営者には本当におすすめの内容だと思います。

そのため「正直そこまで忙しくないかも」という人にはなかなかピンとこない内容です。

ただし、「常に時間に追われている上司の考え方」などが学べる本でもあるので、部下の立場の人にとっては、上司や目上の人の考え方などを学べるいい機会になります。

 

●ためになる本

普段から時間に追われる事が多い私自身、「屁理屈無し社長のための時間の使い方」を読んで、普段の生活の時間に余裕が生まれたような気がします。

実践し始めたばかりの段階では難しい内容かもしれませんが、長期的な目線で見れば参考になる一冊なはずです。

 

●社長のための時間の使い方

この本は、社長ではなくても時間を管理する仕方が学べるので非常に役に立ちます。

よく「時は金なり」と言いますが、あまりわかってない人もいるのではないでしょうか。「屁理屈無し社長のための時間の使い方」を読むと、この言葉の意味がわかるようになりますよ。

人生を変えようと思っていない人、仕事を早く終わらせたいと思っていない人は読まないほうがいいかもしれません。読んでも実践をしないからです。

1日中働いているのになかなか仕事が終わらない、片付かないと思っている人にとっては、自分の仕事が終わらない原因もわかる画期的な本です。

このように、多くの人が実際に「屁理屈無し社長のための時間の使い方」を手に取り、成功者の仲間入りを果たしています。

次はあなたが自分の時間の使い方を完璧にマスターして、自分の理想のライフスタイルを手にする番です。

 

スポンサーリンク

屁理屈無し社長のための時間の使い方の著者

ダンSケネディ

ダン・S・ケネディ

全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれています。彼には「億万長者メーカー」としての顔もあれば、著者としての顔もあり今までに10冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されているほどです。

マーケティング・コンサルタントとしてのキャリアは32年を数え、今までに年商数千万円~数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てています。有名なクライアントの中には、主にCMを活用してニキビケア用品を販売している某社などがいます。

『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』というダン・S・ケネディの月刊ニュースレターは現在、アメリカで2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員に配信されています。

現在のコンサルティングフィーは1日128万円ほどで、コーチングプログラムは年間320万円ほどの料金となっており、コピーライティングプロジェクトにいたっては1000万円前後+ロイヤリティ(売り上げの数%)をもらうという形をとっていて、ダン・S・ケネディのコピーライティングプロジェクトはキャンセル待ちが出るほどの人気ぶりです。

 

まとめ

回紹介した「屁理屈無し社長のための時間の使い方」は紛れもなく、時間術の本の中でもっとも読むべき一冊だと断言できます。

なぜなら、この本で紹介されている内容は文字通り「屁理屈無し」の超実践的なものだからです。

 

中には「こんなのストイックすぎて自分にはできない・・・」と思うテクニックもあることでしょう。

ですが、あなたがその他大勢ではなく、”成功者”になりたいのであれば、この本を今すぐ手に取り、「世界最高レベルの時間管理術」を学ぶべきだと思いませんか?

 

1日を48時間にして、今以上に時間をうまく使えるようになりたい人は、下記のリンクからこの本を申し込んでください。

今こうして迷っている間にも、あなたの貴重な時間がどんどん失われていることをお忘れなきよう。

 

以下のリンクをクリックして、
ダン・ケネディの時間の使い方を覗く↓

 

 


web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。