webライター

Webライターの収入はいくら?始め方と稼ぐための秘訣を紹介!

「Webライターで収入を増やしたいけど、実際どれくらい稼げるんだろう?」と疑問に思っていませんか?

Webライターは最近人気が高まっている副業の一つですが、身近にWebライターをしている人がいないとイメージが湧きにくいですよね。

この記事では、筆者の実際の収入も含め、Webライターがどれくらいの収入を得ているのかを紹介します。また、Webライターの始め方や稼げるWebライターになるために必要なスキルを解説します。

ぜひこの記事を最後まで読んで、稼げるWebライターを目指してみましょう。

Webライターの収入はどのくらいなのか

まずはWebライターの平均的な収入がどれくらいなのかを調べました。

パーソル総合研究所2021年の調査「第二回 副業の実態・意識に関する定量調査」によると、副業をしている人の中で、ライター・Webライターの割合は8.6%です。(参考: https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/assets/sidejob02.pdf 37ページ)

そのなかで、ライター・Webライターの副業での平均月収は3.5万円(回答者数:146人)となっています。(参考: https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/assets/sidejob02.pdf 45ページ)

副業の職種ランキングでは3位、月収ランキングでは10位です。副業として始めやすい一方で、月収は上がりにくい職種と言えそうです。

次の項目で、筆者の実際の収入を紹介します。

Webライターである筆者の収入を紹介

前の項目で、副業Webライターの平均月収は3.5万円と紹介しました。

筆者の場合は約10万円です。直近では週に15時間程度をライティングに充てており、継続案件と個別案件を受注しています。

もちろん、ライティングに充てる時間や案件毎の文字単価、記事単価によっても稼げる金額が変わります。筆者の場合だと、もう少し受注案件を増やして稼働時間を伸ばせばもっと稼げるはずです。

次の項目からは、実際にWebライターの仕事はどのようなものかを紹介していきます。

Webライターの仕事内容はどのようなものか

Webライターの仕事内容は「Webサイト上に掲載する記事を書く」というものです。

お客様から依頼を受け、それぞれのお客様が持つメディアやブログ、メールマガジン、ニュースサイトなどに載せる記事を執筆します。

Webサイト上に載せる記事は、なるべく多くの人に記事を読んでもらう必要があります。そのため、検索サイトで上位に表示されることを意識した記事が求められるのです。

さまざまなジャンルの記事の募集があるので、自分が興味関心がある分野や、経験があり得意とする分野に絞って執筆することもできます。

Webライターは未経験でも始められるのか

Webライターはパソコン1台あれば始めることができるため、副業として始めやすく、未経験からでも始めることができる仕事です。

時間や場所に囚われることなく働くことができるという利点があり、努力次第で収入がアップするため、未経験から始めて大きな報酬を得ている方もたくさんいます。

後の項目「収入を得るには必須!Webライターが持つべきスキル」で詳しく説明しますが、得意分野が無くともしっかりと情報を調べてまとめることができれば誰でも始められる仕事です。

Webライターに向いている人の特徴

この項目では、Webライターに向いている人の特徴を4つ紹介します。自分に当てはまっているのかを確認してみましょう。

  • 文章の読み書きが得意
  • 好奇心が旺盛
  • 地道な作業が好き(苦手でない)
  • スケジュール管理ができる

文章の読み書きが得意

まず、文章の読み書きが得意な人はWebライターに向いていると言えます。

Webライターは名前の通り「文章を書く」仕事をします。しかし文章を書くためにはさまざまな情報を集め、読み込み、まとめていく作業が必要です。

従って、文章を読んだり書いたりすることが得意な人はWebライターとして活躍できる可能性が高いです。

好奇心が旺盛

わからないことをわからないままにしたくない人、知らないことをどんどん自分で調べていくことができる好奇心旺盛な人は、Webライターとしての才能があると言えます。

実際にWebライターの仕事をしていくと、執筆する中でわからないことがたくさん出てきます。そのわからないことこそ、読者が求めている情報なのです。

そうした情報を信頼できる情報源から集めてまとめる力もWebライターには求められます。

地道な作業が好き(苦手でない)

Webライターの仕事は、地道な作業の積み重ねです。

読者が必要とする情報は何かを考え、インターネットや書籍で調べ、わかりやすくまとめていくことで読者が求める文章が出来上がります。

そうした地道な作業が好き、もしくは苦手意識がないという方もWebライターに向いていると言えるでしょう。

スケジュール管理ができる

スケジュール管理ができる人もWebライターに向いています。

Webライターの仕事はお客様によって納期が違うので、受注した案件の納期をしっかり把握し、優先順位をつけてスケジュール管理をする必要があります。

収入を得るには必須!Webライターが持つべきスキル

続いて、Webライターに必要なスキルを4つ紹介します。

  • 簡単なパソコン操作
  • 情報収集力
  • 文章を書く力
  • クライアントとのコミュニケーション能力

簡単なパソコン操作

Webライターはパソコンを使って記事を執筆するので、簡単なパソコン操作スキルは必須です。

ただし、ハイレベルなパソコンスキルは不要です。インターネットで情報を検索する、文字入力ができる、メールの送受信ができるといった最低限の作業ができるスキルがあればWebライターには十分です。

情報収集力

先述の通り、Webライターの仕事はさまざまな情報を調べ、読み込み、まとめていく仕事です。

執筆する記事に役立つ情報を集める力、信頼できる情報源から情報を集める力もWebライターとして持つべきスキルです。

文章を書く力

集めた情報を基に、文章を書く力もWebライターの必須スキルです。

読者が持っている疑問や悩みを解決、解消するためには、どのような構成がわかりやすいのか、どのような表現で伝えるのかといった点を意識して執筆する必要があります。

クライアントとのコミュニケーション能力

Webライターは個人で進める範囲が広い仕事ですが、クライアントとのミーティングやメール、チャットツールを使ったコミュニケーションが必要となる場面もあります。

執筆記事の内容についての相談や提案、交渉を行う際には、コミュニケーション能力が求められます。良好な人間関係を築くためのコミュニケーションは円滑な仕事を進めるために重要なスキルです。

収入の高いWebライターになるためには?

Webライターで多くの収入を上げたいという方も多いと思います。収入の高いWebライターはどのような特徴があるのでしょうか。

  • 実績がある
  • 専門性が高い
  • 知名度が高い
  • インタビューや取材ができる

高収入なWebライターには上記の4つの特徴があります。それぞれ詳しく紹介します。

実績がある

既に多くの記事を執筆しているWebライターは収入が高い傾向があります。Webライターは始めやすい複業だからこそ、実績のないライターが多いため、高品質な記事が書けるライターの報酬は上がりやすいです。

初心者のうちは記名記事の執筆が難しいため、個人でブログを並行して執筆しブログ記事を実績として提示することで、クライアントからの案件受注を目指しましょう。

専門性が高い

特定の分野に精通している、専門性が高いWebライターも高収入につながりやすいです。素人が書いた記事と、その分野の専門家が書いた記事とでは記事自体の信頼性に差が出るためです。

特定の分野に絞って記事執筆を続けることで、より深い知識を得ることができ、専門性が高まります。

知名度が高い

先述した通り、Webライターの仕事は「より多くの人に読んでもらえる記事を書くこと」です。

知名度が高く、SNSでのフォロワー数も多いWebライターの場合、執筆した記事を読んでくれる読者の数も増えやすいです。従って、高単価の案件の依頼が入りやすくなります。

インタビューや取材ができる

インタビューや取材ができるWebライターも高収入につながります。人に直接接して情報を入手するので、インターネットで情報収集するライティング以上のスキルが求められます。

インタビューや取材ができるようになると、より幅広い案件に対応することができ、ライターとしての幅が広がります。一般的なWebライティングよりも、移動のための時間も手間もかかるため、相応の報酬が支払われます。

Webライターになる方法

ここまでWebライターの収入や仕事内容、Webライターに向いている人などについて紹介してきました。「Webライターになりたい」と思っている方向けに、Webライターになる方法を紹介します。

Webライターは資格ではないので、Webライターを名乗ることは、今この瞬間から可能です。しかし、実際に案件を受注したり、スキルを持ったWebライターになるには、以下のような取り組みが必要です。

  • サロンに入る
  • 通信講座やスクールで学ぶ
  • クラウドソーシングで案件を受注する

オンラインサロンと呼ばれる会員制のコミュニティに参加して、ノウハウを学んだり交流したりしながら、Webライターとしての活動の幅を広げてみましょう。

また、Webライターとしてのスキルアップのために通信講座やスクールで学ぶことも有効です。そこで培ったスキルを活かして、実際にクラウドソーシングサービスで案件を受注して報酬を上げていきましょう。

初心者におすすめのクラウドソーシング3選!

これからWebライターを始める人におすすめのクラウドソーシングを3つ紹介します。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

ランサーズ

ランサーズは日本で最初に登場したクラウドソーシングサービスです。累計で35万社以上の利用実績があり、ライティング案件も豊富です。

タスク形式と呼ばれる単発のライティング案件も豊富なので、Webライターとしての仕事がどのようなものか確認してみるといいでしょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは登録者数200万人、200種類以上の仕事を取り扱っている、ランサーズに並ぶ日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

初心者向けの案件も多く、これからWebライターを始めようという人におすすめです。

ココナラ

ココナラはクライアントが案件を募集し、ワーカーが応募する形ではなく、ワーカーが自身の強みをアピールしてクライアントに買ってもらう形式のクラウドソーシングサービスです。

自分の強みや長所を買ってもらえる喜びは非常に大きいです。

稼げるWebライターになって収入アップを目指そう!

この記事では、Webライターの仕事内容、始め方、収入などについて詳しく紹介しました。

Webライターはパソコン1台あれば始められる、始めやすい副業です。この記事で紹介したクラウドソーシングサービスに早速登録してみましょう。

稼げるWebライターになるためには、継続的な学習とスキルアップも必須です。専門性を高め、実績を積み重ねていくことで収入アップにつなげていきましょう。

ABOUT ME
web+運営部
web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。