webライター

webライターは本業にできる!未経験から月20万を稼ぐために必要なこととは?

「webライターを本業にしたい!」「でも、webライターって本業にできるの?」

webライターを本業にしたいと思っても、自分が本業webライターをやっているイメージはできないですよね。

結論から言うと、webライターは本業にできます。また、実際にwebライターを本業にしている人はいます

本業webライターに興味がある!なりたい!と思う方はこの記事を参考にしてください。

今回の記事では、本業webライターの以下の内容について説明していきます。

この記事の内容
  • 本業webライター未経験からでも大丈夫?
  • 本業webライターについて
  • 本業webライターで月20万円稼ぐために必要なこと

webライターは本業にできる!

結論はwebライターは本業にできる!です。

実際に月収20万円以上の本業webライターはいます。ただし、webライターを本業にすることは簡単ではありません。

より良い記事を書けるようになるための努力やクライアントが一緒に仕事したいと思えるコミュニケーションが大切です。

本業webライターには企業所属フリーランスの2種類の働き方がありますが、企業所属は就職になるので、今回はフリーランスの本業webライターについて説明していきます。

本業webライターは未経験から始めても大丈夫?

本業webライターは未経験から始めても大丈夫です

ただし、会社員やパートなどどこかに勤めて働いている場合は、未経験からいきなり本業で始めるのではなく、副業から始めた方が良いです

未経験からwebライターを始めた場合、最初のうちは収入が低く、安定させることが難しいためリスクが大きいです。

そのため、副業から始めることで未経験でもリスクなく本業webライターを目指すことができます。

webライターが「厳しい」「やめとけ」と言われる理由

インターネットやSNSで「webライターは厳しい!」「webライターはやめとけ!」と言われているのを見たことはありませんか?

このように言われているのには理由があります。

それは、webライターが簡単だと思われているからですなぜなら、一般的にwebライターには文章を書くだけのようなイメージがついているからです。

そのイメージを持って始めた人が挫折しやすいので、「厳しい」や「やめとけ」と言われることが多いです。

なので、しっかりと努力できる人であればwebライターを本業にしても問題ないでしょう。

本業webライターの2つのメリット

本業webライターには以下の2つのメリットがあります。

本業webライターの2つのメリット
  1. 時間と場所を選ばず自由に仕事ができる
  2. 努力次第で収入を増やせる

それでは、それぞれについて説明していきます。

時間と場所を選ばずに仕事ができる

本業webライターは決まった就業時間があるわけではないので、好きな時間に仕事ができます。

さらに、効率的に記事を書くことができれば、会社員より短い時間で会社員以上の収入を得ることも可能です。

また、webライターはPCと通信環境があれば仕事ができます。そのため、自宅、カフェ、ホテルなどの様々な場所を仕事場とすることができます。

このように、自由に働く時間と場所を選べるのは本業webライターのメリットと言えるでしょう。

努力次第で収入を増やせる

webライターを本業にすることで、努力次第で収入を増やせます。

一般的な会社員であれば、1年の給料は固定で、大きく昇給することも稀です。

しかし、webライターは仕事量を増やしたり、単価の高い案件をこなしたりすることで収入を大きく増やせます。

そのため、自分の努力に応じて、収入を増やしたい人には向いてる職種です。

本業webライターの2つのデメリット

本業webライターには以下の2つのデメリットがあります。

本業webライターの2つのデメリット
  1. 収入が不安定
  2. 確定申告や保険など仕事以外でやることがある

それでは、それぞれについて説明していきます。

収入が不安定

webライターは収入が不安定です。前述の通り、固定の収入ではないため、仕事量や単価に応じて収入が上下します。

クライアントとの契約が終了したり、案件が取れないなどが原因で収入が落ちる可能性があります。

そのため、クライアントと長期的な契約をするためにも、SEOやライティングについて勉強したりクライアントとのコミュニケーションをしっかり取るようにしましょう。

確定申告や保険など仕事以外にやることがある

本業webライターをフリーランスでやる場合には、確定申告や保険などの手続きを自分でおこなう必要があります。

確定申告の手続きなどが大変だと感じる人は多いですが、手続きの頻度は多くないので一度理解してしまえば問題ないでしょう。

確定申告については、当メディア記事『給料(給与所得)のあるフリーランスの確定申告のやり方』にて解説していますので、「確定申告ってどうやるの?」と疑問に思っている方は確認しましょう!

webライターを本業にするためにはなにから始める?

webライターを本業にするためには以下の2つから始めましょう。

webライターを本業にするために初めにやること
  • webライターを副業で始める
  • SEO・webライティングの勉強をする

それではそれぞれについて説明します。

webライターを副業で始める

まずはwebライターを副業から始めるのがおすすめです。前述した通り、webライターは最初から大きく稼げるわけではないので、いきなり本業にするにはリスクがあります。

また、副業webライターから始めることで、本当にwebライターが自分に合った仕事なのかを判断できます

「仕事を辞めたけど、webライターとして稼げない」という状況にならないように、まずは副業から始めるのが良いでしょう。

SEO・webライティングについて勉強する

副業webライターと同時並行でSEO・webライティングの勉強をしましょう。

SEOとは検索結果での掲載順位を上位表示させる仕組みのことです。その対策をおこなうことをSEO対策といいます。

SEO対策ができるライティングをSEOライティングと言います。

SEOライティングをはじめとするwebライティングスキルは質の高い記事を書くために必要なスキルで、このスキルは収入の増やすために必要不可欠です。

なので、これらの勉強をして、質の高い記事を書きクライアントからの高い評価を得て収入を増やしましょう。

webライターの収入を安定させるために必要なこと

webライターの収入を安定させるためには継続案件を複数持つことが重要です。

継続案件を獲得するために必要なことはSEOライティングとコミュニケーション力です。

SEOライティングで記事の質を高める

前述した通り、SEOライティングができると質の高い記事が書けるようになるので、クライアントからの評価の高くなります

単価の高いwebライター案件の応募条件に[SEOライティングができる]という項目が書かれているくらい必要なスキルです。

単価の高い案件であれば、案件数が少なくてもある程度の収入を確保することができます。

そのため、SEOライティングスキルを身につけることで、収入が安定しやすくなります。

円滑なコミュニケーションがとても大切

返信が早い、やり取りの回数が少ないなどのコミュニケーションがとりやすい人は案件を継続してもらいやすくなります

実際にwebライターに仕事を依頼しているwebディレクターに話を聞くと

webディレクター
webディレクター
一緒に働きたいと思える人だと継続して案件を依頼したいですね

という考え方の人が多いです。

あなたが一緒に働きたいと思える人はどんな人でしょうか?

私は、やはり円滑なコミュニケーションが取れる人と働きたいです。

webライターとして働くならば、円滑なコミュニケーションを意識しましょう。

必要なスキルを身につければ本業webライターになれる!

今回の記事をまとめると以下のようになります。

webライターは本業にできる!まとめ
  • webライターは本業にできる!
  • 未経験からでも本業webライターを目指せる!
  • まずは副業webライターから始めよう!
  • SEO・webライティングの勉強をして収入を上げよう!

webライターを本業にすることはできます。ただし、簡単なことではないです。

本業webライターを目指すなら、まずは副業からwebライターを始めることとSEO・webライティングの勉強をすることが必要です。

特に、収入に直結するSEO・webライティングの勉強には力を入れましょう。

この記事で本業webライターに興味を持った方はSEO・webライティングについて勉強してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。