フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

これからは「個人」の時代だという言葉、あなたも一度は聞いたことがありますよね。大手企業が軒並み「副業解禁」を発表してから、注目されている働き方のキーワード。それが”フリーランス”です。

でも、フリーランスと一言で言っても、「具体的にはどんな仕事があるんだろう?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

実際に私の周りでも、「なんとなく個人で仕事をするという事だけは分かるけど…」「フリーランスで生きていけるのなんて、ほんの一握りでは?」「フリーランスになりたいけど、どんな仕事をすればいいの?」といった声をたくさん聞くようになりました。

そこで、まず最初にフリーランスの仕事にどんな種類があるのかを具体的に知ることで、あなたが目指すフリーランサーとしての姿をイメージしてみるとともに、あなたがやりたい仕事の特徴を把握し、より失敗せずに独立できる準備を整えてみましょう。



フリーランスとしての仕事の種類を把握しよう。

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

ここではまず、フリーランスの仕事として主に上げられる代表的な5つの種類について解説をしていきます。仕事の内容や特徴、求められるスキルなどもそれぞれ解説していくので、まずはフリーランスの全体像をつかんでみましょう。

▪ライター系

▪デザイン系

▪IT系

▪販売系

▪エンターテインメント系

以上がフリーランスの仕事5種類です。あなたの適正に合わせて自由に仕事をこなすためにも、この5種類の仕事の詳しい内容を知ることは、この先のキャリアを積む上でもかなり重要な前提知識となるでしょう。

せっかくフリーランサーとして仕事をするからには、会社で働くよりも自由な時間実力に見合った収入を手に入れて、あなたが望むままのライフスタイルを手に入れるべきです。そんなライフスタイルを実現するこれら5種の仕事は一体、どんな内容なのでしょうか?

ライター系の仕事内容と特徴を抑えよう

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

ライター系の仕事は、WEBでの記事やコラムといった文章を書くWEBライター、短い文章でインパクトのあるメッセージを作り出すキャッチコピーライター、文章で商品の紹介をしていくアフィリエイターなどがあります。これらの特徴を一言でまとめると、文章を書く・考えるという仕事です。

また、ライター系の仕事はスキルの差こそあれ、誰でもすぐに始めることが出来るというのも大きな利点です。ライターとして仕事をするときに必要になるのは、せいぜいパソコンやスマホといった文章を書ける道具さえあれば十分というのがその理由です。

とはいえ、素人が思い付きで文章を書いたところでその記事を読んでもらえることはほとんどありません。相手に読んでもらうためにはコピーライティングなどのスキルがないと、なかなか難しいのもまた事実。そういう意味では、入り口は広いが、スキルの有無によって仕事の種類や収入に大きな格差があるのもライター系の特徴です。

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

収入の面から見てみると、年収で10~500万とかなりのばらつきがあることが分かります。コピーライターとして有名な人になると億を稼ぐ人なども存在しますが、ライターとしてそこまで上り詰めるのはかなり難しいのが実情です。

ライターを始めたばかりの人に急に仕事がたくさん舞い込むことはほとんどありません。現在、フリーのライターとして仕事をしている人のほとんどは、最初はコツコツと文章を書き続けて信頼を築いていることがほとんどです。

結局のところ、ライターとしての腕は今までに書いてきた文章の数で決まると言っても過言ではありません。そのため、最初は小さな仕事でもどんどん引き受けてコツコツとライターとしての経験を積み、人気記事の文章構成コピーライティングのテクニックタイピング速度などのスキルを高めていくと良いでしょう。

ライターを始めるなら、まずはクラウドワークスといったサイトを利用して、まずは簡単なものから経験を積んでいくことをオススメします。

ライター系の仕事内容まとめ

▪主に文章の作成が主な仕事

▪個人のスキルなどによる格差が大きい

▪まずは仕事を選ばず、経験を積むところから始めよう

デザイン系の仕事内容と特徴を抑えよう

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

デザイン系の仕事として代表的なのが、ロゴやアイコンといった特徴的なデザインを作成するグラフィックデザイナー、ホームページやwebサイトの作成を行うWEBデザイナーなどです。

その特性上、一からデザインを作り上げることが多いので、クリエイティブ志向な人やデザインのセンスがあるひとにオススメです。

グラフィックデザイナーに求められるスキルとしては、photoshopなどの画像編集ソフトの使い方やデザインに合った色の使い方などがあります。一方でWEBデザイナーには、HTMLやCSSなどのプログラミングの知識や、SEOなどの知識が求められます。

デザイン系の仕事をフリーランスでやっていきたいなら、まずは画像編集のスキルなどから学んでいくのが良いでしょう。

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

デザイン系の仕事をアピールするために、ブログやサイトで自分の作品を紹介している人も多いです。ですが、ただ待っているだけでは多くの人の目につくことはありません。

クラウドサービスの中にはデザインやWEBページのコンペなどを開催しているところもあるので、自分から積極的に実績を作っていく姿勢が大事になってきます。実績を積むことで、外部からの仕事の依頼が舞い込んでくることも見込めるようになるはずです。

デザイン系の仕事の収入としては、年収200万~500万が平均ですが、スキルによってはこれ以上の収入も見込めます。デザインやWEBサイトの仕事の依頼は、依頼主の期待や要望によっては修正などで思わぬ時間を取られることも多いです。

このように場合によっては、報酬のわりに仕事の時間が長期にわたるといったこともあるので、自分の技術を安売りしないというある種のプライドを持つことが、安定した収入を得るためには必要といえるでしょう。

デザイン系の仕事内容まとめ

▪デザインやWEBページの作成が主な仕事

▪クリエイティブな人やデザインのセンスがある人に向いている

▪自分から積極的に作品をアピールしていこう

IT系の仕事内容と特徴を抑えよう

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

IT系の仕事としては、プログラムの設計・管理を行うプログラマー、スマホアプリなどの開発を行うアプリケーションエンジニアなどがあります。

IT系はデザイン系とが逆に、いかに根気強く予期せぬエラーや不具合に対処するかといった粘り強さが必要とされます。よって、1つの物事に根気強く向き合える人や、日々進歩する技術に対応できるだけの知識を持っている人に適した仕事と言えます。

IT系の仕事に求められるスキルには、それぞれの言語に合わせたプログラミングの能力や、自分の作品の使用者のことを考えたユーザビリティなどの知識があります。

また、こういったプログラム系の宿命としてバグへの対処が付きまとうことでしょう。そういった予期せぬトラブルに迅速に対応できる柔軟な対応力などもIT系の仕事をするうえでは必要な能力となります。

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

IT系の仕事は年収300万~1000万と、他のフリーランスの仕事よりも収入平均が高い傾向にあります。プログラミングの知識など、やや専門的なスキルを要求されることがその理由の一つです。

また、このような専門的なスキルを持っている人は少ないため、一度身に付けられるとあなたの強い武器となってくれることでしょう。

プログラミングの知識などは一朝一夕で身に付けられるものではないので、これから勉強を始めようという人は、ライターといった他の種類の仕事と並行して請け負うなどして、一歩一歩確実にスキルを身に付けていく根気強さを持つことが大切です。

コツコツと積み重ねたこれらのスキルは、一生に渡ってあなたの仕事を支えてくれる貴重な戦力になること間違いなしです。

IT系の仕事内容まとめ

▪プログラムやアプリといったシステムの開発・管理が主な仕事

▪コツコツと地道に仕事を行う粘り強さや予期せぬトラブルに備えた柔軟性が求められる

▪他のフリーランスの仕事よりも平均収入が高い傾向にある

▪スキルを身に付けるのはやや大変だが、その反面強力な武器にもなる

販売系の仕事内容と特徴を抑えよう

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

販売系の仕事としては、通販サイトの運営他の人の商品の営業などがあります。基本的には商品やサービスの販売が主な仕事になるので、人と関わることが好きな人や営業という言葉にネガティブなイメージを持っていない人に適しています。また、近年はネットショップなども簡単に使えるので、個人でも参入しやすくなっています。

販売系の仕事の平均年収は、扱う商品の種類や単価などによって100万~500万と幅があります。販売系の収入は扱う商品の単価や他者の商品の販売であればマージンの割合、その時々で流行っている商品を見極められるかなどによっても変わってくるため、扱う商品の選び方が重要になってきます。

フリーランスとして販売系の仕事を今から始めるのであれば、まずは楽天やAmazon、Yahooなどが運営しているネットショップを利用するのが良いでしょう。

こういったサイトを利用すれば、すでに利用者が多く存在しているので、特別な販売スキルや商品が無くても比較的手軽に取り組むことが出来ます。信頼を築いていき、扱う商品や顧客が多くなってきたら、発送の手続きやカスタマー対応などを外注することも出来ます。

販売系の仕事内容まとめ

▪自分や他人の商品を販売、営業するのが主な仕事

▪収入などは扱う商品などによって変わるため、商品選定が大事なポイント

▪最初はネットショップなどを使うことで手軽に始めることが出来る

エンターテインメント系の仕事内容と特徴を抑えよう

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

エンターテインメント系の仕事としては、娯楽系のサービス発信や各種の情報発信などがあります。現在、特に代表的なエンタメ系の仕事としてはYoutuberが挙げられます。エンタメ系の主な収入形態は広告収入なので、いかにたくさんの人に自分の情報を見てもらうかといった点が重要なポイントになります。

エンタメ系の収入は、数千円~億とかなりの幅があります。基本的にはどんなエンタメ系の仕事でも最初はコツコツと情報発信などを続けて徐々にファンを増やしていく必要があるので、一般的なイメージとは違って根気のいる仕事と言えます。

その時代で人々の流行を敏感に察知しする感性や、人を楽しませるために地味なことを続けられる根気強さを持っている人に適した仕事になります。

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

エンターテインメント系で生計を立てようと思うのであれば、まずは動画の作成などから始めるのがおすすめです。動画の編集技術などを学ぶことでよりハイクオリティな情報を発信していくことが出来ます。また、ここで培った動画編集の技術は、外部からの依頼を請けることなどでも収入に繋げることが可能なスキルです。

エンタメ系の仕事を今から始めようと思うなら、まずはクオリティにこだわらずにどんどん情報発信をしていくことが大切です。ある程度の慣れや経験を積むことでよりお客さんの見やすい動画を作れるようになっていくので、まずは完成度に固執せずにとにかく数をこなすことを意識してみると良いでしょう。

そういう意味ではスキルが関係ない、初心者でも取り組みやすい仕事であると言えます。

エンターテインメント系の仕事内容まとめ

▪娯楽系やサービスの情報発信でアクセスを集めるのが主な仕事

▪人々が求めるものを察知する感性や地道さを持っている人に適している

▪とにかく最初は情報発信の数を意識するのがポイント

あなたにあったフリーランスの仕事の種類

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

ここまででフリーランスとしての仕事の種類を5つ紹介した。

▪文章を書いたり、キャッチコピーを考えるライター系

▪ロゴやWEBページを作成するデザイン系

▪プログラムやアプリの開発・管理を行うIT系

▪自分や他者の商品の販売を行う販売系

▪娯楽やサービス系の情報発信を行うエンターテインメント系

さて、ここまで紹介してきたそれぞれの仕事を見てきて、自分に合っている仕事適正にマッチした仕事は見つけられただろうか?今回は5つの種類を説明するために各仕事ごとに解説をしたが、実際はこれらを組み合わせた仕事のやり方もある。

例えば、ライター系で培ったコピーライティングのスキルは、販売をする際の説得や動画でより相手を楽しませる話し方などにも応用が出来る。

プログラミングのスキルがあれば、自分の扱う商品にマッチした専用のサイトを作成したり、文章の中身だけでなくレイアウトにもこだわって、ライバルと差をつけるようなライターになることもできる。

フリーランスの種類はたった5種類!あなたの才能を活かせる仕事は?

ここであげた仕事はあくまでも、分かりやすくするためにタイプごとに分類したことであることを最後に付け加えておく。フリーランスとして仕事をするということは、あなたの強みやキャラクターを存分に活かせるという事だ。

これからフリーランスとして生きていこうと思うなら、まずは自分の適性や興味にあった仕事に取り組み、そのために必要なスキルを身に付けていくと良いだろう。

だが、そのスキルを多方面に活かせないかといった、幅広い視点を持つこともフリーランスとして成功していくために必要な意識になる。せっかくフリーランスとして仕事をするなら、仕事の種類だけでなくあなた自身の強みを探求し続けることが必要不可欠ではないだろうか?