フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット

フリーランスで働いている人が多い職業の一つに営業マンがあります。営業の基本的な仕事は商品を売ったり、仕事を取ってくることです。

一般的に営業マンと言えば、企業に勤めているイメージが強いかもしれませんが、フリーランスで営業をしているという人はたくさんいます。中には、企業で営業をしているという人よりも、契約をたくさん取ってかなり稼いでいるフリーランスの営業マンも少なくありません。

今回は、そんなフリーランスの営業マンの仕事の特徴と、それで生計を立てていくために必要なことについてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

フリーランス営業代行のメリット

f:id:freelance1223:20170621231657j:plain

成果を出せば出しただけ収入が増える

フリーランスの営業マンの中には、かなり稼いでいるという人が多くいます。その理由の一つが「成果報酬」であるということです。

企業に勤めている営業マンの場合は、ノルマを達成しなかったとしても毎月必ずお給料がもらえますが、フリーランスの場合はそうではありません。もし、自分が成果を出さなければ、報酬は1円も得られないということになります。

しかし、その代わりに成果を出せば出しただけ、その分収入は増えていきます。また新規の顧客を獲得していくだけでなく、信頼関係を作り商品を定期的に購入してくれる顧客が増えていけば、その分そのまま収入はアップしていきます。企業によっては一定以上の件数を出せば、ボーナスが出ることもあります。

このようにやったらやっただけ収入がアップするので、やりがいは大きいです。

フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット

初心者OK:フリーランスは今からマーケティングを学んでも遅くない!

2018.07.28
フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット

【悲劇】フリーランスにも営業は必須。「仕事ばかりで休めない!」状況になりたい人へ。

2018.07.26

自分の好きな商品を売るための営業ができる

フリーランスの営業マンは自分で取り扱う商品を選ぶことが出来るというのもメリットの一つです。

企業に所属していた場合、なかなか自由に売る商品を選ぶことは出来ません。ときにはどう見ても売れないような商品を販売しなければならなかったり、他社の商品やサービスを売ることも出来ません。そのため、なかなか新規の顧客を獲得することが難しいことも多いです。

しかし、フリーランスなら売りたい商品があればその都度その販売店と契約をして販売することが出来ます。

スポンサーリンク

営業マンが結果を出すために必要な要素

f:id:freelance1223:20170621231326j:plain

聞く力

営業において最も必要なスキルが話す力よりも「聞く力」です。自分の商品の紹介や言いたいことだけを話すばかりだと、商品やサービスを購入してもらうことは出来ません。会話の中でお客様が求めているニーズを聞き出して、その上でそのニーズに合わせた提案をすることで、あなたの商品やサービスを購入してもらうことが出来ます。

目標設定とそれを達成するコミット力

企業に勤めの営業マンの場合、必ず毎月のノルマが決められていますが、フリーランスの営業マンはノルマはありません。ノルマが決められていれば、嫌でも結果を出さなければいけないという意識になりますが、それがない状態で結果を意識するのは簡単なことではありません。

フリーランスはサラリーマンのように基本給があるわけではないので、まず最低限は自分が生活出来るだけの生活費や家賃、次の月に問題なく営業を出来るだけの活動費を稼がなければいけません。そのため自分自身で必要な収入の目標を設定し、それを必ず達成するというコミット力が必要になります。

PDCAサイクルを回す

PDCAサイクルとは、Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Act(改善)の4つのステップを繰り返すことで、どんな営業活動も基本的にこのPSCAサイクルで回っています。

f:id:freelance1223:20170621231431p:plain

・Plan:計画を立てる

まず、その商品やサービスをどういったように販売していくか、目標はどれくらいかなどの計画を立てます。

・Do:実行する

次に計画を立てたらそれを実行に移します。
ここで重要なのが、計画通りにただ実行するのではなく、相手のニーズをしっかりと聞き出し、それに合わせた提案をしていきます。そのため、「聞く力」は営業マンにとって重要な力になります。

 

・Check:評価する

計画通り実行しても上手くいかないことは当然あります。そのため、実行したら必ず、なぜ上手くいったのか、なぜ上手くいかなかったのかを評価することが重要です。そうすることで、改善点が見えてきて次のActに繋がっていきます。

 

・Act:改善する

Checkをすることで、改善策をたてることが出来ます。そして、それを元にまた計画を立て、実行し・・・というように繰り返していきます。こうすることで、営業の結果を伸ばしていくことが出来ます。

飛び込み営業・メールをバンバン行おう

PDCAサイクルを見ると分かるように、改善のサイクルはPlanとDoから始まります。

Doの数だけCheckがあるので、やればやるほど改善の機会に恵まれます。

営業代行の仕事は、法律や規則に反しない限りで飛び込み営業をしたりメール営業をしていけば、とにかく営業回数を増やしていくことは可能です。

その営業回数があなたのスキルを爆発的に上げるきっかけとなってくれることでしょう。

フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

2018.06.19
フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット

ランサーズの調査でわかったフリーランスの実態が面白い!~2017年版~

2018.02.25
スポンサーリンク

まとめ

f:id:freelance1223:20170621233629j:plain

以上、フリーランスの営業マンについてご紹介しました。営業の仕事は決して楽なものではありません。しかし、年齢や性別に関係なく、誰でも自分の持ち味を生かして仕事をすることが出来ます。また、成果がそのまま収入に直結するからこそ、やり遂げた時のやりがいや楽しさは大きいです。

大変な仕事ではありますが、人と関わるのが好きで、どんどんスキルアップしていきながらアグレッシブに働いていきたい、という人は是非営業の仕事に挑戦してみたらいいと思います。

フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット

フリーランスのスキルアップ戦略が仕事のマンネリ化を防ぐ

2018.02.24
フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット

フリーランスが仕方なくバイトをする時に確認すべきこと

2017.07.15
フリーランスで営業マンをすることの2つのメリット



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。