フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

スポンサーリンク

「この間知り合いから『ビジネス誌を読んだ方がいいぞ』って言われたんだけど、何を読めばいいかわからないし、読まなくてもいいと思う。」こうなっていませんか?

今では月額定額制で読み放題の「楽天マガジン」もありますが、ビジネス誌にどんなものがあるかわからないという人も、自分には何が合っているのかわからない人も多いはず。

そこで今回は、フリーランスにおすすめしたいビジネス・経済誌を6つ紹介します。

フリーランスが雑誌を読んだ方がいい理由

まず初めに、フリーランスが雑誌を読んだ方がいい理由とは何か、を考えていきましょう。

現代はインターネット上に様々な情報が溢れています。ビジネス情報・経済情報も然り。これらの情報はタイムリーに掲載されていますが、情報量も少なく書いている人の信ぴょう性がないということがあります。

一方雑誌の場合には、今まで長年に渡ってビジネス・経済界において取材などを行ってきた実績があるので、情報量が多く信ぴょう性のある記事内容となっているのです。また、時事ネタをすぐに掲載できるだけのスピード感はインターネット上の記事・コンテンツに負けますが、情報量ではそのインターネット上の記事・コンテンツを凌ぎます。

その点が、今もなお雑誌が愛されている理由です。

情報量が多く、なおかつ信ぴょう性のある情報を得ることができるのは長年の実績を持つ紙媒体の「雑誌」なのです。トレンドの情報を仕入れるためにも、フリーランスは雑誌を読む方がいいのです。

スポンサーリンク

フリーランスが読んだ方がいいビジネス雑誌6選

それではここからはフリーランスが読んだ方がいいビジネス雑誌を6誌紹介していきます。

紹介する雑誌の種類
  1. ビジネス全般系
  2. 経済系

今回は上記2つの種類の雑誌を紹介していきます。

ビジネス全般系

初めてにビジネス全般系のおすすめ雑誌を紹介します。

紹介する雑誌はこちらの3誌です。

  1. PRESIDENT
  2. 週刊ダイヤモンド
  3. Forbes JAPAN

PRESIDENT(プレジデント) 税込:¥750

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

まず初めに紹介するのは「PRESIDENT(プレジデント)」という雑誌です。

PRESIDENTは経営者層を中心読者とするビジネス総合誌です。

経営者層が中心の読者ということもあって、質の高いビジネス情報が多く掲載されているほか、日常生活に役立つ情報を手に入れたい人や、人間力を養いたい人にはおすすめです。

PRESIDENTが優れていること

ビジネス、お金、生活、生き方について中心に描いている雑誌ですが、他のビジネス誌に比べると生活に関することや生き方、コミュニケーションなど、身近な生活で役立つテーマに関して触れられています。

週刊ダイヤモンド 税込:¥710

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

続いて紹介するのは「週刊ダイヤモンド」という雑誌です。

週刊ダイヤモンドは、斬新な特集企画、独自の市場調査、精密でタイムリーな経済・産業・起業についてのレポート多彩な連載記事、コラムなどによってビジネス活動に有益な情報を提供している雑誌です。

独自の切り口による徹底した取材の記事と豊富なデータ、見やすい構成の誌面が好評で、多くのビジネスマンに愛されている雑誌です。これから新たにビジネス誌を読み始めるという人や、新社会人、就活中の学生にもおすすめです。

週刊ダイヤモンドが優れていること

「日経ビジネス」や「週刊東洋経済」などを読めば最低限の経済情報を手に入れることができるのですが、週刊ダイヤモンドは「書店で1番売れている雑誌」なので、幅広い層に興味を持たれる内容が多く書かれています。

Forbes JAPAN(フォーブスジャパン) 税込:¥890

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

続いて紹介するのは「Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)」です。

ビジネスパーソンへのインタビューが主な記事内容で、ハウツー系の内容だけでなく、一線で活躍しているビジネス業界で偉業を収めた人の生き様や哲学などを学べるビジネス誌です。

成功者の考え方や成功秘話を学ぶことができる点から、ビジネスマンにとって必要な情報が掲載されていると言えます。最新情報や実践で使える業務の進め方にも触れられているので、行動派の人にとっておすすめの雑誌と言えます。

Forbes JAPANが優れていること

日本国内外問わず、経済界やビジネス界でグローバルに活躍している人へのインタビューを掲載しています。

経済系

ここからは、経済系のおすすめビジネス誌を紹介していきます。

紹介する雑誌はこちらの3誌です。

  1. 日経ビジネスアソシエ
  2. 週刊東洋経済
  3. エコノミスト

日経ビジネスアソシエ 税込:¥780

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

まず初めに紹介するのは「日経ビジネスアソシエ」です。

この雑誌は、主な読者層が20~30代半ばの若いビジネスマン向けです。そのため、内容自体はライトに書かれているので、気軽に読むことができます。

日経グループという強みを活かしたビジネスの視点、なおかつ幅広いジャンルのトレンドを捉えた最新で話題の情報を多く掲載しています。

日経ビジネスアソシエが優れていること

「日経」関連の雑誌には「日経ビジネス」という雑誌もありますが、この雑誌は完全にビジネス・経済誌という印象で、50代前後のビジネスリーダー向けなので少し固い内容が描かれていますが、「日経ビジネスアソシエ」は若い世代のメンタル強化に役立つ自己啓発の内容も書かれています。

週刊東洋経済 税込:¥690

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

続いて紹介するのは「週刊東洋経済」です。

ビジネスリーダーなら読んでおきたい総合経済誌に創刊されてから、日本の見えない経済の部分を徹底的に報道し続けてきたのがこの「週刊東洋経済」です。

不安定な日本のビジネスシーンの最先端で働く人にはぴったりの内容です。

週刊東洋経済が優れていること

「週刊東洋経済」は各業界の動向をまとめている「会社四季報」を発行している東洋経済新報社の雑誌のため、数字から見る会社情報の分析に優れています。また、投資に役立つ内容も書かれているので、実際に使える金融・経済の知識を身につけることができます。

エコノミスト 税込:¥670

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。

最後に紹介するのは「エコノミスト」です。

「エコノミスト」はビジネスマンに愛されている経済誌の老舗で、金融経済をグローバルな視点で分析しています。日本と世界両方の視点から経済を分析しているという点も特徴です。

経済の専門誌なので、市場の状況を様々な角度から捉えられていて、金融情勢などの情報が豊富に掲載さえています。「当たる」と評判の「エコノミスト」の経済分析は日本のビジネスリーダーに愛されています。

エコノミストが優れていること

「日経ビジネスアソシエ」や「週刊東洋経済」よりも時事ネタが多く、より深い経済情報に特化して深く掘り下げられた内容の多い雑誌です。

紹介した雑誌は全て楽天マガジンで読めます

今回紹介した雑誌はタイトルの横に値段を掲載しています。定期行動の申し込みをすると若干安くなりますが、定期購読をするよりも安くここで紹介してきた雑誌を読む手段として「楽天マガジン」があります。

「楽天マガジン」は月額税込¥410で、この記事で紹介してきた雑誌を読むことができます。ビジネス・経済誌のほかにも様々な種類の雑誌があり、その数は合計で200誌を超えます。

この記事で紹介してきた6誌を毎月全て書店で購入して読むとなると合計で¥4,490かかりますが、楽天マガジンなら読めば月額税込¥410で済んでしまうので、楽天マガジンをおすすめします。

スポンサーリンク

フリーランスも雑誌を読む習慣を身につけよう

今回はフリーランスに読んでもらいたいビジネス誌を6つ紹介してきました。「雑誌を読むよりも仕事をしたい!」と言いたい気持ちはわかりますが、「仕事をする=アウトプット」だけでなく「情報を仕入れる=インプット」にも時間を割くことは必要です。

インプットをすることで初めて、アウトプットするネタや情報を仕入れることができるからです。

今回の記事を参考にして、ぜひ自分にあったビジネス誌を見つけてみてください。

フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。