本末転倒!バイト中心の生活を防ぐフリーランス向けバイト5つの特徴

フリーランスの中には、アルバイトでも収入を得ている人が多いことをご存知ですか?特に、フリーランスになりたての人は、収入が安定せずにバイトで生計の足しにしている人も多いのです。

でも、一言でバイトと言っても数が多すぎて、フリーランス業と両立できるバイトを探すのも一苦労だし、なんだか面倒くさい!と思いませんか?

そこで今回はあなたに代わって、フリーランスの人に適しているバイトの特徴を調べてきました。その結果分かったのが、バイトの選び方はフリーランスにとっては想像以上に大事であるということです。

ポイントはいかにフリーランス業と両立してこなせるバイトであるかという点です。あなたもこのポイントをしっかり押さえて、フリーランス業とアルバイトを両立しましょう!

スポンサーリンク

フリーランスがバイトを掛け持ちするために押さえておきたい特徴

本末転倒!バイト中心の生活を防ぐフリーランス向けバイト5つの特徴

フリーランスの人がアルバイトをする際に、まず意識するべきポイント。それが、フリーランス業と両立できるかどうかという点であることは、冒頭でお話しました。

では、フリーランスに適しているバイトとは具体的にどのような特徴があるのでしょうか?主な特徴は以下の点です。

ポイント
  • 働き方の自由度が高いバイト
  • 比較的、楽にこなせるバイト
  • 自分の目標を達成できるバイト

働き方の自由度が高いバイト

フリーランスにとって最も都合のよいバイトは、働く時間や日にちを自由に決められるバイトです。

フリーランスの仕事は、クライアントの状況次第で仕事が突然入ったり、納期が短くなることも良くあります。そんな時に、もし固定シフトのバイトをしていると、突発的な要求に対応するのが難しくなります。

また、仕事がたくさん舞い込んでくる期間と仕事があまり無い期間などのムラも多くなるのがフリーランスです。であれば、忙しい時はフリーランス業に専念し、暇なときにバイトをたくさん入れたいですよね。

このように自分の状況に応じて、柔軟にバイトが出来るバイトの方が、フリーランスとアルバイトを上手く両立させることが出来ます。

比較的、楽にこなせるバイト

たまにバイトに力を入れすぎてしまい、本命であるはずのフリーランス業に支障をきたすような働き方をしている人を見かけます。しかし、フリーランスがメインであり、アルバイトは収入やスキルアップといった補助的な仕事であるはずです。

この点を考えると、フリーランス業に体力や時間などの面で著しく支障をきたすようなアルバイトは、避けた方が良いでしょう。

それよりは、アルバイトは必要最低限の収入を得られる分だけにして、余ったエネルギーをフリーランス業に注いだ方がよほど本質的な働き方をしていると言えるでしょう。

自分の目的を達成できるバイト

フリーランスの人がアルバイトをしている以上、何らかの目的があってアルバイトをしているはずです。しかし、あなたが今やっているバイトはその目的を達成できるものでしょうか?

例えば、毎月15万の収入をアルバイトから得る必要がある状況で、シフトが週2でしか入れないバイトをしていても目的を達成できる可能性はありません。

このように、アルバイトをしている目的を達成できるバイトをしていなければ、そもそもバイトをしている意味がありません。

スポンサーリンク

アルバイトの働き方は2種類ある

本末転倒!バイト中心の生活を防ぐフリーランス向けバイト5つの特徴

ここまで触れてきませんでしたが、アルバイトには大きく分けて2つの働き方があります。すなわち、派遣などの日雇い形式のバイトと雇われて一定期間の契約を交わす形式のバイトです。

この2つのそれぞれの特徴を知ることで、あなたのフリーランス業の事情に合わせてより効率的にアルバイトをこなし、収入を増やすことが出来ます。

日雇い形式のバイトの特徴

日雇い形式のアルバイトは、基本的に自分の空いた時間に出来る仕事を探すといった働き方が可能です。そのため、働き方の柔軟性が日雇いのバイトのメリットと言えるでしょう。

また、日雇い形式のバイトは緊急などの仕事の場合、好条件での労働者募集を行う場合も多いです。自由なライフスタイルを送りやすいフリーランスであれば、このような好条件の案件も獲得しやすいでしょう。

ただし、毎回仕事場や仕事内容が違うため、時にはハードな仕事を振られることもあり得ます。いろいろな経験を積むことに魅力を覚える人に適した働き方と言えるでしょう。

期間契約形式のバイトの特徴

期間契約形式のアルバイトのメリットは、基本的に仕事場や仕事内容が変わらないことが挙げられます。そのため、一度仕事に慣れてしまえば、比較的楽に仕事をこなすことが出来ます。

加えて、人間関係も基本的には変わらないため、良好な関係性を築くことが出来れば、ストレスなく働くことが出来ます。

ただし、期間契約形式の場合、日雇いの場合よりも仕事の時間や働き方に融通が利きづらいという側面を持っています。むしろアルバイトをする時間を固定して生活リズムを習慣化するなどの工夫が必要になります。

フリーランスとしてバイトを掛け持ちするために

本末転倒!バイト中心の生活を防ぐフリーランス向けバイト5つの特徴

フリーランスに適した特徴に関しては、ここまでの内容でだいぶ把握が出来たのではないでしょうか?しかし、一言でフリーランスといっても、その仕事内容は多岐にわたります。

つまり、フリーランスという仕事に最適なアルバイトを探すというよりも、自分の生活や働き方に適したアルバイトを探すという視点が何より大事なのです。

そのためには、自分に適したアルバイトの条件を紙に書き出すなどをして、自分の中でアルバイトに求める条件を明確に把握しておくと良いでしょう。例えば以下のような条件は意識するべきです。

意識すべき条件
  • 時給
  • 労働時間
  • 労働日数
  • 労働内容
  • アルバイトをする目的

これらの条件を出来るだけ満たせるようなアルバイトを探すという視点を持っておくと、どのアルバイトをするか悩むといった余計な労力を省くことが出来ます。

また、アルバイトを実際に始めてからも、フリーランス業に支障をきたす可能性も少ないので、是非一度、自分がアルバイトに求める条件を書き出すことをオススメします。

スポンサーリンク

天職と思えるアルバイトとの出会い方

本末転倒!バイト中心の生活を防ぐフリーランス向けバイト5つの特徴

最後に、自分に適した条件のアルバイトを探す方法を2つご紹介します。一番簡単なのは、自分の家の近くで条件に合った仕事を探すことでしょう。

この場合、家から近い場所で仕事をすることになるので、移動時間による時間ロスを防ぐことが出来ます。時間の確保が収入に直結するフリーランスにとっては非常に大事なポイントですね。

もう1つのアルバイトの探し方は、バイト求人用のサイトを活用する方法です。ペーパー求人誌と違い、大体のアルバイト求人サイトには条件による絞り込み機能が搭載されています。

つまり、自分の求める条件に合わせてより最適なアルバイト求人の候補だけをピックアップしてくれるため、非常にアルバイトを探しやすいというメリットがあります。

フロムエーナビリクナビ派遣はたらこねっとなどが、アルバイト求人サイトとしては有名ですね。また、日雇い形式のバイトに関しては、ショットワークスというサイトが使いやすく便利です。

フリーランスはバイトをきちんと掛け持ちしよう!

フリーランスであっても、バイトをすることはなんらおかしいことではありません。生活費が足りなければ、バイトをして確実に稼ぐことも必要なことです。

ただしアルバイトは、あくまでもフリーランス業の補助であることを忘れないでください。フリーランスがいつの間にかアルバイターになっては本末転倒です。ぜひ自分自身にあったバイトを見つけてください。

本末転倒!バイト中心の生活を防ぐフリーランス向けバイト5つの特徴



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。