「死ぬ瞬間の5つの後悔」に学ぶ後悔しない人生の歩き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは今、自分の人生を歩んでいますか?それとも、周りから期待された人生を歩んでいるでしょうか?

この記事では、ある1冊の有名な本に書かれている内容をご紹介しながら、「自分が本当に送りたい人生」について考える手助けができればいいなと思います。

題して、死ぬときに後悔しない人生の歩き方。

周りに合わせて自分を偽り続ける生き方が苦しくなったら、読んで見てほしいです。



死ぬ瞬間の5つの後悔とは?

天使 妖精

あなたは「死ぬ瞬間の5つの後悔」という本を知っていますか?

死ぬ瞬間の5つの後悔」は、看護師のブロニー・ウェアが死の間際の人間の後悔をもとに著した有名な本です。

私たちは普段、今目の前にあることをこなすことに集中するあまり、自分がどんな人生を送りたいのかという最も大切な思いをないがしろにしがちになります。

でも本当は、今あなたがやっている仕事よりもはるかに大事にするべき”何か”があるのではないでしょうか?

人間が死ぬ前に後悔すること5選

失敗 挫折

「死ぬ瞬間の5つの後悔」に書かれている内容は、私たちに「人生で後悔しない生き方」のヒントを教えてくれます。

では、具体的に人生の最期の瞬間を迎える人たちが口にする後悔とはどのようなものなのでしょうか?

一つ一つじっくりと味わいながら、ゆっくりと自分の人生を振り返ってみてください。

自分に正直な人生を生きればよかった

最も多くの人が死ぬ間際に告白したのは、「自分に正直な人生を生きればよかった」というものでした。

もちろん、本音では「もっと自分に正直に生きたい」と考えている人は多いでしょう。

しかし、つい周りの目や世間からの評価を機にするあまり、自分の思いを心に押し込める苦しい生き方をしている人が大半なのではないでしょうか。

全てを自分本位に振る舞うのは現実的には難しいものです。それでも少しくらいは、自分に正直に生きた方が後悔しない人生を送れる気がしますね。

働きすぎなければよかった

多くの人は仕事をしなければ満足に生きていくのは難しいでしょう。

しかし、本来生きていく手段であるはずの仕事に追われて、自分が本当にやりたかった多くのことを諦める生き方は、果たして本当に幸せなのでしょうか。

生きていくために仕事をすることは必要ですが、あなたは仕事をするためだけに生まれてきたわけではないはずです。

仕事よりも大切なもの。例えば、家族や友達、自分の夢に時間を使ってもバチは当たりませんよ!

自分の気持ちを伝えればよかった

嫌われたくない。恥ずかしい思いをするかもしれない。プライドが許さない。

いろんな理由はあるにせよ、自分の気持ちを相手に伝えられなかったという思いは、人生の最後に思い出す後悔の1つになるのでしょう。

家族に「ありがとう」、恋人に「大好きです」、親友に「お前と一緒にいると楽しい」。

少し恥ずかしいですよね。でも、ちょっとだけ勇気を出して、あなたの気持ちを素直に伝えてみませんか?

もっと友達と連絡を取ればよかった

よく「死ぬ瞬間は一人だ」という言葉を聞きますが、本当にそうなのでしょうか?

確かに、最後に誰かと一緒に死ぬことはできません。でも、その人の心にはその人生で出会った友達(もちろん、真っ先に浮かぶのは家族でしょうけど。)が思い浮かんでいるのだと僕は思います。

別にあいつとはいつでも会えるし。そう思う気持ちもよくわかりますが、たまには自分から友達に連絡を入れてみたらどうでしょうか?

あなたも楽しいでしょうし、何より相手からしても連絡をもらえるというのは嬉しいはずですよ!

もっと幸せに生きればよかった

結局、最後に思い浮かべるのは、いかに仕事で成果を出してきたかなどではなく、いかに幸せな人生を生きてこれたか七日もしれません。

幸せという言葉は抽象的で、その定義は人によって千差万別です。それでも、誰もが「自分なりの幸せ」は持っているはず。

言葉にするのは難しいですが、少しの間自分の胸に手を当てて「自分は今、幸せか」を自問してみるといいでしょう。

もっとわがままに生きる

自由 線路 道 生き方

この5つの後悔を見て思うのは、「もっと自分の好きなように生きればよかった」と思って死んでいく人が多いのだろうなということです。

社会は私たちに様々な常識を押し付けてきます。「もっと仕事をするべき」「もっと他人を気遣うべき」「もっと謙虚になるべき」と。

でも、あなたの人生はどこまでいってもあなたのものです。社会の常識よりも自分の素直になる生き方をして何が悪いのでしょう。

もちろん、限度はありますが、多くの人はもっと自分にわがままに生きてもいいと思うのですが、あなたはどう思いますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加