夢の定時退社を”明日から”実現させる5つのコツ

この記事では会社員の夢でもある「定時退社のコツ」についてご紹介していきます。

会社の雰囲気として、残業が当たり前という場合もあるでしょう。それでも、この記事で紹介しているコツを押さえることで、定時退社(もしくは何時もより早い退社)が可能になります。

特に起業やスキルアップのために自分の時間を確保したいという人は、必ずこの記事を最後まで読んで、一つずつ定時退社への道を歩んで行きましょう。

スポンサーリンク

定時退社を実現させる現実的なコツと戦略

Photo 1513192934137 367e0ea8e1ae

定時退社のための方法論などは数多くありますが、その多くは「上司に定時退社をお願いしてみる」や「代わりに朝早く出社する」といった、精神論的なものがほとんどです。

ですが、多くの人が求めているのは、もっと現実的で罪悪感のない定時退社の方法なはずです。

この記事では、精神論ではなく、明日から即使える実践的な方法だけを厳選してご紹介しています。

早く帰るためのコツや戦略を知ることができれば、あなたも明日から定時退社ができるようになるのです。

スポンサーリンク

定時退社をするための5つのコツ

Photo 1527153818091 1a9638521e2a

では、早速定時退社をするためのコツについてご紹介していきます。

定時退社をするためには、以下のような点を意識することが重要です。

定時退社5つのコツ
  1. 休憩時間は休憩用の仕事をこなす。
  2. ノンストップで淡々と仕事を続ける。
  3. ランチのポイントは「抜き」、「独り」、「格上」。
  4. 単純作業はストップウォッチで計り続けて記録を更新する。
  5. 企画は本や人からパクリまくる。

それぞれのコツについて、もっと詳しく解説していきます。

休憩時間は休憩用の仕事をこなす

定時退社を実現している人の多くが取り入れている習慣の一つに、「休憩時間にも仕事をしている」というものがあります。

一見すると、「そんなことできない」という声が聞こえてきそうですが、実はこの方法は非常に理にかなっている方法なのです。

というのも、以下のような3つの利点があるからです。

3つのメリット
  • 軽いランチにすることで、食べ過ぎによる眠気を防止できる
  • 周りに人がいないので、集中して仕事ができる
  • 自分だけが休憩中も仕事をしているという優越感に浸れる

これらを見ればわかるように、昼休憩の時間を仕事に充てるばかりか、生産性もかなり高めることができるのです。

結果的に、自分の仕事が早く片付き、いつもより早く退社することができるようになります。

ノンストップで淡々と仕事を続ける

前述した「休憩時間に仕事をする」に近い方法として、ノンストップで仕事を続けるというものがあります。

ちょっと想像してみてください。午前中に集中して仕事に打ち込んだ後に昼休憩をたっぷり挟む。

さて、午後も午前と同じ集中力で仕事に取り組めるでしょうか?答えはNOでしょう。

なぜなら、一度休憩に入って仕事モードを完全オフにしてしまうと、再開するのによりたくさんのエネルギーが必要になってしまうからです。

マラソンでも、下手に立ち止まるより一定のペースで走り続けたほうが疲れないという話を聞きます。そして、それは仕事においても同じ。

人が一番エネルギーを消耗するのは、何かを”始める時”なのです。

だからこそ、ノンストップで仕事を続けることで、無駄なエネルギーの消耗を抑え、結果的に早く仕事を終わらせることができるようになります。

ランチのポイントは「抜き」、「独り」、「格上」

実はランチの獲り方にも、定時退社につながるコツがあります。

それは、「抜き」、「独り」、「格上」の3つのキーワードでランチを取る方法です。

ランチを定時退社につなげる3パターン
  • 抜き:ランチを抜いて、ひたすら仕事に打ち込む方法
  • 独り:文字通り、一人でランチを取る方法
  • 格上:自分よりも高いレベルの人とランチを取る方法

この3つを徹底することにより、無駄な時間を極力排除し、チャンスの可能性を最大化することができるようになります。

また、ビジネス書の代表的文筆家でもある千田琢哉さんによると、同僚や部下と取るランチほど時間の無駄になることはないと言っています。

詳しくは、「「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。夢の定時退社を”明日から”実現させる5つのコツ」を読んでみるといいでしょう。

単純作業はストップウォッチで計り続けて記録を更新する

残業が習慣化している人は、間違いなく一つ一つの仕事をダラダラと惰性(だせい)で取り組んでいます。

そんな人にぜひ取り入れて欲しいのが、単純作業をストップウォッチで「タイムアタック」にしてしまうという方法。

人は時間というプレッシャーを感じることで、より目の前の作業にモチベーション高く取り組めるようになります。

仕事をする際は、とにかく時間を計って「1秒でも早く仕事を仕上げる」という意識を持ちましょう。

企画は本や人からパクリまくる

手っ取り早く仕事で成果を出したいのであれば、本や人から聞いた企画をパクるのが一番です。

一般的に「パクリ=悪」というイメージがあることは否定しませんが、そもそも100%オリジナルのアイデアなんてあり得ません。どんなに素晴らしいアイデアも、必ず過去の成功例のパクリだったりするのです。

とはいえ、丸パクリはやはりよろしくないので、パクリのアイデアに一部自分のオリジナリティを盛り込むのがオススメです。

あなたがよほどの天才でもない限り、1から自分の頭で企画を考えるのは、いたずらに時間を浪費して残業を呼び込むだけです。

まとめ:定時退社は、コツを押さえれば誰でもできる

Photo 1531734916281 a00a124ae1e1

今回は、明日からすぐに実践できる「定時退社を実現するコツ」についてご紹介しました。

とはいえ、仕事の効率を上げる方法はこの記事で紹介したもの以外にも数多くのものがあります。

例えば、「【生産性up!】仕事の効率を高める完璧な準備3つのポイント!」という記事でも、より仕事の生産性を高めるための”準備”の方法について解説しています。

結局のところ、定時退社に必要なのは極限まで生産性を上げて、仕事を効率よく終わらせることです。

「最近、だらだらと仕事をしていたな」とギクっとした人は、今一度自分の仕事のやり方を見直してみるのも良いかもしれませんね。

 

夢の定時退社を”明日から”実現させる5つのコツ



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。