中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

こんな悩みに答えます。

記事の文章がSEO対策に重要なのはわかってるんだけど、実際どんな風に書いたらいいの?

今回の記事では、まだブログ・サイトを使い始めたばかりのフリーランスの人のために、SEO対策に効果のある文章の書き方を紹介していきます。SEO対策に効果のある文章の書き方を知っていると、狙ったキーワードで検索順位の上位を獲得することができるため、サイトへのアクセスが増えていきます。

アクセスが増えていくと、仕事の依頼が舞い込んだり広告掲載の依頼も舞い込んできます。SEOの文章の書き方を知っているだけでいいのです。

この記事では、僕が普段実践しているSEO対策用の記事の書き方6つのコツだけではなく、日頃からできるSEO対策に効果のある文章を書くための秘訣も紹介していきます。

スポンサーリンク

文章の書き方次第でSEO対策に効果あり!

文章の書き方次第で、SEO対策に効果のある記事を書くことができます。ブログやサイト運営を始めたばかりのフリーランスの人は、SEO対策の文章はどのように書いたらいいかわからない人が多いですよね。

SEO対策に強い文章の書き方を全く知らないまま記事を書き進めていたら、あなたの記事にアクセスが集まるまでには時間がかかってしまいます。しかしSEO対策に強い文章を知っているだけで、あなたの記事にアクセスは集まるようになってきます。サイトの成長率が全然違うんです。

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

これは「検索順位チェックツールGRC」という順位チェックを行ってくれるツールで、僕が運営しているサイトの検索順位を記録したものです。狙ったキーワードでこのように上位を取ることができていたら、アクセスが伸びてきます。

一体SEOに強くなる文章の書き方がどんなものなのか、紹介していきます。

スポンサーリンク

SEOに強くなる文章の書き方6のコツ

ここからは、SEOに強くなる文章の書き方を紹介していきます。

  • タイトルにキーワードを入れる
  • リード文に力を入れる
  • 見出しに3回以上キーワードを使う
  • 事例を入れる
  • 自分の主観を入れる
  • 画像や図解を入れて読者の理解を助ける

上記7つのコツを意識して書くだけで、検索順位を上げることが可能となります。

タイトルにキーワードを入れる

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

まず、これは最も基本的なことですが、タイトルに必ずキーワードを入れましょう。初心者の人の場合にはそもそもキーワードを設定しないで書いている人もいますが、それではなかなかアクセスは集まるようにはなりません。

キーワードを選定したら、そのキーワードをタイトルに必ず入れましょう

例えば「SEO タイトル」というキーワードを狙っているのであれば、

「SEO タイトル」
  • ○:SEO対策に強いタイトルってどんなの?
  • ×:Googleで上位表示させるためのタイトルってどんなの?

「SEO」と「タイトル」の両方のキーワードを盛り込んでいる、前者の方が効果的です。

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

2018.08.17

リード文に力を入れる

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

リード文に力を入れましょう。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って、あなたの記事を読んでくれる人はどんな流れで記事にたどり着くか、考えたことはありますか?

  1. タイトルを見る。
  2. ディスクリプションを見る。
  3. 記事を開いて、リード文を見る。
  4. 本文を読み進めていく。

ざっくり分けると、このような流れであなたの記事を読んでくれます。記事を開いた読者が最も最初に見るのはリード文です。そのためリード文には力を入れましょう。リード文で読者の興味を引くことができなければ、せっかく頑張って書いた記事は読んでもらえません。

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

5分でわかるSEOの常識:descriptionは文字数次第で効果に変化アリ!

2018.08.17

具体的にどのように力を入れればいいかというと、

  • どんな内容が書かれているのか
  • 誰のために書かれているのか
  • この記事を読むとどんなベネフィットを得られるのか

これらをリード文に盛り込むことで、読者はその先も読み進めてくれるようになります。

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

マーケティングは【ベネフィット】が命!他社との差別化ができる。

2018.08.15

見出しに3回以上キーワードを使う

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

見出しには狙っているキーワードを3回以上使うようにしましょう。

特に、「h2タグ」で使用される見出しにキーワードを3回以上使ってください。見出しは読者にとって「ここから先何が書かれているのか」を知らせるための目印になりますし、Googleなどの検索エンジンも、見出しを順位を決める際に重要な指標として活用します。

読者にとっても検索エンジン側にとっても、重要なポイントなのです。

事例を入れる

事例を入れられる部分があれば、積極的に事例を入れてみてください。

事例があると読者の理解を手助けすることができますし、ノウハウだけではなく実際にどのように使えばいいのか、ということを読者は知りたがります。

事例を用いると使い方がわかるため、読者にとっては読みやすくなります。

自分の主観を入れる

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

例えば美容系の内容の記事を書いているとして、その時に権威性や信ぴょう性を高めるために、あなたなら何をしますか?

厚生労働省や大手化粧品メーカーのサイト内から、自分の考えや書いてある内容を裏付けるための引用を持ってくるのではないでしょか?

それはもちろん大切なことなのですが、ただ引用したり外部から持ってくるだけでは、誰でも書ける記事になってしまいます。要は、他の記事と差別化ができないのです。

ですから、引用したり外部から根拠を示すデータを持ってくるのは重要ですが、それだけではなく「自分の主観」も入れてみてください。そうすると、記事に人間味が増して、読者はより読みやすくなりますし、他の記事との差別化ができるようになります

実際、僕は以前美容系の記事を書いたことがあったのですが、上位に表示されている記事でさえ筆者の主観が入っていないため、どこか機械的な印象を受けました。そんな時には自分の主観を書くだけで、差別化ができるため、非常に簡単な差別化の手法です。

画像や図解を入れて読者の理解を助ける

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

画像や図解を入れて、読者の理解を助けてあげましょう。

特に画像は見出しの直後(下)に配置するのが効果的です。見出しの直後に配置された画像を見た読者は自然と、画像によってその見出しに書いてある内容を判断します。

それに、文章だけズラーっと書いているだけでは非常に読みにくい記事になりますし、単調な記事になります。

画像を入れるだけで検索順位が変動するという事例もありますから、画像や図解を入れてみてください。最初のうちは無料のサイトからダウンロードすることをおすすめします。

SEOに強い文章の書き方を身につけるために

SEOに強い文章の書き方を身につけるために、日頃からできるコトを3つ紹介していきます。

  • 文章を書きまくる
  • SNSから情報収集をする
  • 本を読んで勉強する

文章を書きまくる

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

まず最も大事なことは「文章を書きまくる」ということです。

ただこの記事を読んだところで、SEOに強い文章がパッと書けるようになるわけではありません。日々の積み重ねが重要です。日々記事を書いていく中で、自分なりのルールを見つけ出せば、それは確かなあなただけのノウハウになります。

文章を書いていないとルールを作ることができないですし、自分だけのノウハウも見つけ出せません。

とにかく文章を書きまくってください。

SNSから情報収集をする

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

SNS、特にTwitterで情報収集をしてみてください。僕の場合にはSEOコンサルをしている人やアフィリエイターをフォローし、SEOに関係するツイートを逐一チェックしたり、SEOのコツなどをまとめている記事がツイートされた際には、必ず読むようにしています。

SNSのいいところはリアルタイムに情報が更新されていくところで、最新の情報を手に入れることができるのです。

実際、この記事で書いている内容もTwitterで見た内容を自分なりに実践し、効果があるとわかったため、記事に盛り込んでいる部分があります。

本を読んで勉強する

本を読んで勉強することも重要です。

「インターネットの方が更新されてくし、新しい内容がすぐ手に入るから本は必要ない。」という考え方の人も実際いますが、本は出版社などを通してお金をかけて作られているため、信ぴょう性は抜群に高いです。

僕自身本を読みながらSEOの勉強をしています。最近勉強になったのは

この本です。アフィリエイトを実践しているため購入したのですが、読んでみるとSEO対策用の記事の書き方やキーワード選定の仕方が掲載されていることに驚きました。

常にリュックに入れて持ち歩いていて、記事を書く時には振り返るようにしています。

アフィリエイトの勉強もできますし、SEOの勉強もできるためおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事ではSEOに強い文章の書き方を紹介してきました。

紹介したSEOに強い文章の書き方は

  • タイトルにキーワードを入れる
  • リード文に力を入れる
  • 見出しに3回以上キーワードを使う
  • 事例を入れる
  • 自分の主観を入れる
  • 画像や図解を入れて読者の理解を助ける

以上の6つです。この6つのうち、後半の3つは「読者のため」に行うべき内容です。

SEO対策をする人が狙っているのは検索上位を取ること。Googleは検索ブラウザを使ってくれる人の、悩みを解決してくれると判断した記事を上位に表示させます。

ということは、結局のところ「読者のために文章を書くことが最も重要なことなのです。

SEO対策に強い文章の書き方のテクニックを知っておくことも大事なことですが、読者のために文書を書くということを常に忘れないでください。

あなたの書いている記事を読むのはGoogleではなく、悩みを解決したい人間なのですから。

中級者以上厳禁:SEO対策に効果のある文章の書き方【本質も紹介】

web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。