【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

こんな悩みに答えます。

SEO対策のための記事タイトルって、どうやってつければいいの?

今回の記事では、初心者の人でもわかるように、7つのポイントに分けてSEO用の記事タイトルの付け方について解説していきます。

記事本文だけではなく、タイトルも検索エンジンの順位決定に大いに関係してくるので、この記事を参考にして、SEO対策を意識した記事タイトルの作り方を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「SEO用タイトルの付け方」の前に

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

SEO用タイトルの付け方を学ぶ前に、タイトルが思いつかない人の多くの悩みとして

  • キーワードをとにかく入れた「SEO」を意識したタイトルにしたほうがいいのか
  • キーワードを意識せず「読者のため」を意識したタイトルにしたほうがいいのか

この2つがあります。この2つを考えてしまうため、タイトルを付けられないという人が大多数います。

どういうことかというと、

  • キーワードをとにかく入れた「SEO」を意識したタイトル:キーワードを意識しすぎるあまり、タイトルが全く読者の興味を惹くものにならず、クリックしてもらえないという懸念がある。
  • キーワードを意識せず「読者のため」を意識したタイトル:読者のことを意識しすぎるあまり、SEO対策がなされず狙ったキーワードで検索上位を取れないという懸念がある。

このようになるからです。

そもそも、タイトルを付ける際に「SEO」と「読者のため」を切り離して考えること自体が間違いです。どちらの要素も入れることで、SEO対策もなされ、読者のためにもなるタイトルを作ることができるのです。

この記事では、SEO対策もしつつ読者に読んでもらうためのタイトルの付け方のポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

SEO用タイトルの付け方7つのポイント

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

SEO用のタイトルを付ける際に意識すべきポイントは7つあります。

SEO用タイトルの付け方7つのポイント
  1. 狙っているキーワードを入れる
  2. 数字やデータを用いる
  3. 32文字以内で収める
  4. 誰に向けた記事なのかを伝える
  5. 記事内容に合ったタイトルにする
  6. ユーザーの検索意図を満たすタイトルにする
  7. 思わずクリックしたくなる要素を盛り込む

上記7つのポイントを、次の章から紹介していきます。

狙っているキーワードを入れる

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

まず最も大事なことは、「狙っているキーワードを入れる」ということです。

GoogleやYahoo!などの「検索エンジン」を利用する人たちは、調べ物をするときにはキーワードを使って調べます。例えばSEO用のタイトルの付け方のコツを調べたい人は、

  • 「SEO タイトル 付け方」→単語で区切って調べる。
  • 「SEO対策のためのタイトルの付け方」→文章で調べる。

ほとんどの人が前者の「SEO タイトル 付け方」と入力して検索します。文章で調べると、検索結果がヒットしない場合があるため、単語ごとに分けたほうが探しやすく見つかりやすいからです。

ですから、必ずタイトルを付けるときには狙っているキーワードを入れることが重要です。

豆知識

キーワードは、同じ単語を使って調べているとしても、語順によって検索エンジンのユーザーの検索意図が変わってきます。狙っているキーワードの語順の通りに、タイトルに入れるようにしましょう。

数字やデータを用いる

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

読者にとってわかりやすく、誰にでもわかるように数字やデータを用いましょう。

例えばこの記事の場合には「7つのポイント」とタイトルに入れていますが、この意図は読者にわかりやすく説明するためです。仮に、数字が入っていない「SEO用タイトルの付け方のポイントを紹介」というタイトルだった場合、数字が入っていないことで、記事の文章の長さなどのイメージが全くできないのです。

「7つ」という数字が入っていることで、

  • ポイントは7つだけなんだ
  • 文章も長くなさそうだから読みやすいかも

などと、イメージをさせることができるのです。しかも事前にポイントを7つだけだと紹介することで「頭の中が整理しやすくなる」と無意識のうちに感じさせられるのです。

豆知識

人間は数字の「7」に対して親近感を抱きやすいため、「7」の数字を使うことはおすすめです。

32文字以内で収める

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

タイトルの全文は、32文字以内で収められるように工夫しましょう。

というのも、多くの検索エンジンでは、検索結果ページで表示されるタイトルの文字数が決まっているからです。

検索エンジン別タイトルの上限文字数
  • Google:32文字
  • Yahoo!:30文字
  • Bing:28文字
  • BIGLOBE:32文字

このようになっています。30文字しか表示されない検索エンジンもありますが、タイトルは「32文字に収める」となぜ言ったかというと、検索エンジンの利用率はGoogleが圧倒的に多く、Yahoo!もGoogleのノウハウを利用しているからです。

日本の90%以上の人は検索エンジンとして「Google」を利用しているという調査結果も発表されています。ですから、Googleの上限である「32文字」以内にはタイトルを収めるようにしてください。

豆知識

半角で数字や英字を使うと、2文字で全角文字の1文字として計算されます。数字を使う際には「半角大文字」にすると文字数を消費することなく、具体性を伝えることができます。

例えば、このサイトで人気の記事に「googleのブログサービス「blogger」を使ったアフィリエイト」というタイトルのものがあるのですが、全てを1文字と換算すると合計で34文字になるのですが、半角文字が使われているため27.5文字となります。

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

この画像のように、タイトルとサイト名も表示されてきます。

誰に向けた記事なのかを伝える

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

あなたが書いたその記事が、誰のために書いたのかを伝えてください。

例えばこの記事であれば「初心者」の人用の記事ですし、男性向けなら「男性必見」にしてもわかりやすいですね。

誰向けか何も書いていない記事をクリックしたときに、「自分の求めている内容じゃない」と思ったことはありませんか?初心者なのに知らない専門用語が羅列されていたら、うんざりしてしまいますよね。

それはあなたのサイトを訪れているユーザーも同じです。

事前に「初心者向け」などと明記してあれば、「初心者のために書かれた内容なんだな。今の自分にぴったりだ。」と共感を生むことができます。また、「初心者向け」の記事に初心者の人が訪れてくれれば、記事を読み進めてくれる可能性は高くなるため、ページの滞在時間が伸びたりいいことがあります。

読者のためにも誰に向けた記事なのかをタイトルに盛り込みましょう。

記事内容に合ったタイトルにする

記事内容とタイトルに違いがあったり、読者が違和感を覚えてしまうと、ページを閉じてどこか違うサイトに行ってしまったり、あなたのサイトには2度と訪れないでしょう。

また、記事内容とタイトルに相違があることは、検索エンジン側も判断できるようになっていますし、ページの滞在時間が短い場合には記事の質が低いと判断される場合もあり、結果的に検索順位が上位に上がってこなくなります。

記事の内容に合わせたタイトルを、必ず設定するようにしましょう。

ユーザーの検索意図を満たすタイトルにする

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

検索エンジンを使ってあなたのサイトに訪れたユーザーの、検索意図を満たすタイトルにしましょう。

検索意図は、ユーザーによっても若干違ってくるため100%ユーザーの検索意図を満たすことは不可能です。しかし、狙っているキーワードによって、検索意図を予想することはできますから、予想したユーザーの検索意図と思われる内容を、「解決する・満たしてあげられる」記事だとタイトルで判断させましょう。

豆知識

タイトルだけではなく、記事の本文でもユーザーの検索意図を満たすことが大切なので、キーワード毎に検索意図が変わってくることを把握し、記事毎に書き方を変えるようにしてください。


思わずクリックしたくなる要素を盛り込む

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

ユーザーが検索結果の表示されているページ内で、思わずクリックしたくなるような要素を盛り込むことも必要なことです。

思わずクリックしたくなる要素というのは、例えば「初心者厳禁!」のようにすると効果的です。

人間は禁止されると、それを犯そうとしてしまうため、「厳禁」などという言葉を使うとクリックして見たくなるのです。

やりがちな間違ったSEO用タイトルの付け方

ここからは、SEO用のタイトルを付ける際にやってしまいがちな間違いを、

間違ったタイトルの付け方
  1. キーワードを複数回入れる
  2. 記事の内容と合わないタイトルにする
  3. 読者を煽るタイトルにする
  4. 32文字以上使ってしまう

上記4つに分けて紹介していきます。

キーワードを複数回入れる

よくある間違いの1つ目が「キーワードを複数回入れる」ということです。

検索上位を目指しているからと言って、狙っているキーワードを複数回タイトルに入れるのは好ましくありません。

キーワードを複数回入れると検索上位に表示されるどころか、順位が下がってしまうことがよくあります。キーワードに関しては、タイトルには1度しか使わないようにしてください。

記事の内容と合わないタイトルにする

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

よくある間違いの2つ目が「記事の内容と合わないタイトルにする」ということです。

先ほど「タイトルの付け方のポイント」の時にも説明しましたが、記事の内容とタイトルが合っていない場合、ユーザーが離脱しやすくなり、Google側に記事の質が低いと判断されてしまいますし、そもそも検索上位に上がってくることもありません。

記事の内容と合わないタイトルはやめましょう。

読者を煽るタイトルにする

よくある間違いの3つ目が「読者を煽るタイトルにする」ということです。

「思わずクリックしたくなる」タイトルであればいいのですが、行き過ぎた過度な表現を使うと、ユーザーが不審がってタイトルをクリックしなくなりますし、過度な表現を使うことで記事の内容とタイトルが合わない可能性も十分にありえます。

読者を煽ると、読者の信頼すらも失いかねないですから、行き過ぎた過度な表現は使わないようにしましょう。

32文字以上使ってしまう

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

タイトルで32文字以上を使ってしまうのはよくありません。

32文字目以降は検索結果ページでは表示されないため、32文字目以降で伝えたい内容が読者に届かなくなります。読者に届けたい内容やキーワードはなるべくタイトルの前方に使用し、もし32文字の制限をオーバーしてしまう場合には、32文字目以降は隠れても差し支えない言葉を使うようにしてください。

スポンサーリンク

SEO用タイトルを付けるときのコツ

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

ここからは、SEO用のタイトルを付けるときのコツを紹介していきます。

僕が普段行なっているタイトルの付け方でもあるので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

タイトルを付けるときのコツ
  1. タイトルの候補を作る
  2. 32文字以上になってもいいからタイトル候補を作る
  3. 32文字に収めるために修正する

タイトルの候補を作る

まずは、タイトルになりうる候補を思いつく限り作ってみてください。

キーワードの配置や使う言葉に注意しながら作ってみてください。それをメモしておいて、タイトルの言葉を擦り合わせながら考えていきましょう。今回の記事を作る時に僕が考えたタイトル候補を紹介します。

例:キーワード「SEO タイトル 付け方」

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

このように候補を挙げていきます。

32文字以上になってもいいからタイトル候補を作る

タイトルの候補を作るときは、32文字以上になってもいいので、とにかく思いつく限り上げてみてください。

後々短縮して32文字以内に収まるようにします。ですから、まずは40文字になってもいいですし、最も短くても大丈夫です。

32文字に収めるために修正する

候補を挙げたら、その中から組み合わせて自分の中でしっくりくるタイトルにしてみてください。

僕がこの記事のタイトルを考える時に行なった流れをそのまま画像にして紹介します。

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

8個思いついたタイトル候補の中から、2つを組み合わせて「初心者向け:SEO対策用の記事タイトルの付け方を7つのポイントに分けて紹介!」にすることを決めました。

しかし今のままだと32文字をオーバーしているため、短縮しなければなりません。そこでタイトルの意味を極力変えない言葉を削除して「初心者向け:SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。」にしました。これで32文字以内に収まるようにできました。

これで完成でもいいのですが、誰に向けて書いた記事なのかを強調するために、「【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。」と、初心者向けという言葉を枠で囲うことにしました。これでも32文字以内にできています。

まとめ

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

SEO対策をするためのタイトルを考える際、ただキーワードを入れておけばいい、という問題ではありません。

読んでくれる読者のためにも、記事の内容を適切に伝えるタイトルでなくてはなりませんし、そもそもタイトルを見てクリックしてもらわなければ、あなたのサイトを訪れてくれるようにもなりません。

今回の記事の内容を軽くおさらいしておきましょう。

タイトルを付ける際の7つのポイント
  1. 狙っているキーワードを入れる
  2. 数字やデータを用いる
  3. 32文字以内で収める
  4. 誰に向けた記事なのかを伝える
  5. 記事内容に合ったタイトルにする
  6. ユーザーの検索意図を満たすタイトルにする
  7. 思わずクリックしたくなる要素を盛り込む

今回はタイトルを付ける際のポイントとして7つのポイントについて触れてきましたが、全てのポイントを抑えられていることがベストですが、タイトルの文章が自然でないと、読者に違和感を与えてしまうので、不自然にならない程度に、7つのポイントを上手く組み合わせながら、タイトルを作りましょう。

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

【無料】初心者ブロガー”だけ”の為の「SEO対策7つのコツ」

100記事書いたのに、PV数が6,000。そんな悲惨な状況を打破したいブロガーがすべき対策とは?

意外と知らないSEO対策のコツをまとめました。


web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。