webライター

webライターは時給換算せよ!執筆スピード爆上がり方法5つを紹介!

「webライターを始めたけど、作業が遅くて時給が低い感じがする…」と不安に思っていませんか?

稼ごうと思ってwebライターを始めたのに、稼げていないと感じる状況はもどかしいですよね。

今回は、webライターの時給換算の方法や、執筆スピードを上げる方法を紹介します!

「もっと時給の高いwebライターになりたい!」と思う方は、この記事を読んで、紹介する方法を実践しましょう!

webライターの収入は時給ではない!

実は、webライターの収入は、時給で頂くものではありません。

執筆した記事の1文字あたり◯円(=文字単価)や執筆した記事1つあたり◯円(=記事単価)で頂く場合がほとんどです。

しかし、1記事あたりにかかる執筆時間を把握し「時給換算」するのは、webライターとしてお仕事を頂いていくうえで必要になります。

キムラ
キムラ

自分の執筆ペースや、それに伴う報酬を把握することで、現状や次のレベルを把握できるからです!

では、時給換算はどのように考えるのでしょうか?実際に例をあげて解説します。

webライター時給換算のやり方

webライターの時給換算のやり方は簡単です!たとえば、以下のような条件のwebライターで考えてみましょう。

webライターの設定
  • 提案する文字単価:1円
  • 1日の稼働時間:8時間

たとえば、1記事4,000文字のお仕事を頂いたとします。その記事を、1日の稼働時間である8時間で書き上げたとすると、以下のようになります。

時給の計算
  • 4,000(文字)×1円(文字単価)=4,000円(報酬)
  • 4,000円(報酬)÷8時間(1日の稼働時間)=500円(時給)

このwebライターの時給は「500円」でしたね。この「500円」、高いと感じますか?それとも低いと思うでしょうか?

webライターの「時給」は、実際のところ「執筆のスピード」に依存しています。つまり「時給」を上げたいなら、執筆スピードを上げれば良いのです。

では、どのようにして執筆スピードを上げていったら良いのでしょうか?

ここからは、webライターである私が実際に行っている、執筆スピードを上げる方法を5つ紹介しますね!

執筆スピードを上げる5つの方法
  1. リサーチの時間を決める
  2. 得意ジャンルを執筆する
  3. 構成パターンを把握する
  4. サイトをブックマークする
  5. 単価交渉して時給アップ

執筆スピード上げる方法①リサーチの時間を決める

webライターの執筆スピードを上げる1つ目の方法は「リサーチの時間を決める」です。

記事作成作業の中で、リサーチは特に時間がかかります。であれば、作業のなかで割合の高いリサーチの時間が短くなれば、執筆時間も短くなりますよね。

まずは、時間を1時間と決めてリサーチしてみましょう。そして、1時間でどこまでリサーチを進められたか記録するのです。

1時間経ったら一度手を止めます。リサーチ作業のどの地点まで到達できたかを計るため、大まかにリサーチ作業の手順を記載しておきますね。

リサーチ作業の内容
  1. キーワードで検索
  2. 検索上位10記事のリード文やまとめをチェック
  3. 検索意図の考案
  4. 検索上位10記事の見出しをチェック
  5. サジェスト・関連キーワードをチェック
  6. 記事に含める内容の考案

たとえば上記のリサーチ手順のうち「③検索意図の考案」という時点まで到達したとしましょう。

キムラ
キムラ

この時点はリサーチ作業の半分くらい、残り3項目残っていますね!

では、リサーチが時間内に終わらなかった理由を模索しましょう。たとえば以下のような理由が考えられますね。

考えられる理由
  • リサーチ内容の整理に時間がかかった
  • 検索意図の考案に多くの時間がかかった
  • 非効率なリサーチをしていた

どの理由が当てはまるかを考えたら、その理由をつぶす方法を考えます。以下のような方法が考えられるでしょう。

考えられる方法
  • 内容の整理に使用するツールの見直す
  • 情報の取捨選択ができるようになる
  • まだ慣れていないから数をこなす

そして考えた方法を「1つずつ」試してみましょう。すべて一挙に行ってはいけません。

このようにして、執筆作業において多くの時間を占める「リサーチ」の時間を縮め、執筆スピードを上げていきましょう!

リサーチ方法は『【現役webライター直伝!7つのリサーチ方法】記事の質と速さが上がる!』で紹介していますので、ぜひご覧くださいね!

執筆スピード上げる方法②得意ジャンルを執筆する

webライターの執筆スピードを上げる2つ目の方法は「得意ジャンルを執筆する」です。

webライターのお仕事を探すときに、得意なジャンルのお仕事に絞りましょう。

得意なジャンルは、すでにある程度知識を持っていますし書き慣れているので、ほかのジャンルより記事作成に時間がかかりません。

さらに、ジャンルを絞ることでそのジャンルについてより深く知れますし、知識が蓄えらて
より執筆が速くなりますよ!

得意ジャンルを執筆するメリットは『専門性がないとwebライターは稼げない?手に入れる方法5つも紹介!』で紹介していますので、ぜひご覧くださいね!

執筆スピード上げる方法③構成パターンを把握する

webライターの執筆スピードを上げる3つ目の方法は「構成パターンを把握する」です。

記事で扱うジャンルやそのテーマによって、構成がパターン化できてきます。

パターンを把握するには、そのジャンルの記事をたくさん執筆するありません。つまり経験を積むしかないのです。

そのパターンが、すべての記事に100%当てはまるわけではありません。

しかしパターンを知っておけば、構成や記事に含める内容の予測をしながらリサーチができるので、執筆時間を減らせるのです!

執筆スピード上げる方法④サイトをブックマークする

webライターの執筆スピードを上げる4つ目の方法は「サイトをブックマークする」です。

この方法も、執筆を繰り返して経験していく中で、どんどん分かっていく方法です。

各ジャンルや似たキーワードにおいて、よく検索上位記事になっているサイトがあります。

よく検索上位記事になっているということは、情報に信頼性があり、読者に満足感を持たせられる記事やサイトであると言えますよね。

そのようなサイトはブックマークしておくと便利です!該当するジャンルやキーワードで執筆するとき、信頼のできる情報を集めやすくなりますよ。

執筆スピード上げる方法⑤単価交渉して時給アップ

webライターの執筆スピードを上げる5つ目の方法は「単価交渉して時給アップ」です。

1つの仕事で継続して30記事ほど執筆したら、クライアントに単価をあげてもらえないか交渉しましょう。

単価交渉はなかなか成功しにくいですが、伝える価値は十分にあります。

ただし、単価を上げてもらうには、ただ記事を書いているだけでは足りません。

クライアントやメディアのために、考えたり提案したりできるかどうかが重要になっていきますよ。

webライターの時給を下げるタスク案件は受注しない

お仕事を頂きはじめのwebライターの方で、まずは簡単で手軽そうな「タスク案件」からやろうとしている方はいらっしゃらないでしょうか。

タスク案件とは、口コミやレビューの執筆、エピソードの回答をするお仕事のことです。

1件500文字程度でサクッとできますが、同時に文字単価も低いことがほとんどで「文字単価0.1円」などというお仕事も多くあります。

キムラ
キムラ

1件やっても50円!?

確かにタスク案件はサクッとできます。しかしこれほど報酬が低いのであれば、1,000文字0.5円のプロジェクト案件やったほうが良いです。

このプロジェクト案件だと、報酬は500円になりますね。つまり文字数2倍で、報酬が10倍にもなるのです。

タスク案件は、確実にあなたの時給を下げますので、やらないようにしましょうね!

webライターは時給を意識しすぎてはいけない!

ここまで、時給をアップさせるために執筆スピードを上げる方法をお伝えしてきました。

しかしここで断言します。時給を意識しすぎるのはダメです!

その理由は、記事作成にかかる時間を短くしようとしすぎると、記事の質が落ちかねないから。

記事は読者に満足感を与えるためにあり、満足感を与えるためには質の高い記事を執筆する必要があります。

記事の質が落ちては元も子もありません。時給は「意識する」までに留め、執筆スピードのアップは、あくまで「効率化を図る方法」と捉えましょう!

webライターは時給換算して執筆スピードアップ!

今回は、webライターの収入を時給換算する方法や、執筆スピードを上げる方法を紹介しました。

収入を時給換算すると、報酬とは異なる視点や数字で「どれだけ稼げているか」が分かるので、現状や次のレベルの把握がしやすいです。

ただし、時給を意識しすぎて「早く書かなきゃ!」となり、記事の質を落とさないように気をつけてくださいね。

今回紹介した「執筆スピードを上げる方法」を、次回執筆する記事から早速実践しましょう!