フリーランス

【徹底解説】Webライターはどんな記事で記事執筆をするの?

「Webライターは記事執筆が仕事だとわかっているけど、具体的にどんな記事を書くのかわからない…」と思っていませんか?

副業が奨励され始めた昨今、大きな初期投資なく始められるWebライターの仕事は、数ある副業の中でも人気が高まっているものの1つです。

この記事では現役Webライターの筆者が「Webライターが書くのはどのような種類・ジャンルか」「初心者にはどのような記事執筆がおすすめか」「どうやったら効率的に稼げるようになるのか」といった気になるポイントを徹底解説します。

ぜひ最後まで読んで、Webライターとして活躍するあなた自身のイメージを膨らませ、Webライターの仕事を始めてみましょう。

Webライターが書くのはどんな記事?:種類

まず、Webライターが執筆する記事にはどのような種類があるのかを紹介します。大きく分けると、企業のメディア記事と個人ブログ記事の2つです。

クラウドソーシングサイトで確認すると、案件が多いのは企業のメディア記事で、比較的単価が高い印象があります。個人ブログ記事は案件数が企業メディアに比べると少なく、単価は比較的安いです。

分類 案件数 単価
企業のメディア記事 多い 比較的高い
個人ブログ記事 少ない 比較的安い

自分自身でブログを立ち上げて記事を執筆しているWebライターも多いです。しかし、成果を出すまでに時間がかかりがちなので、企業のメディアで記事を執筆しながら、自身のブログに載せる記事は他のライターに依頼している人もいます。

これらの記事のなかでも、コラム、ニュース、アフィリエイト、レビュー、解説記事、取材・インタビュー記事シナリオといった種類があります。具体的には、以下のような記事です。

分類 概要
コラム 特定のテーマで自分の経験や意見を述べる
ニュース 事実を速報として紹介する
アフィリエイト ユーザーによる購買につなげる記事を書く
レビュー 話題の商品やサービスについて紹介する
解説記事 話題の出来事や商品について解説する
取材・インタビュー記事 企業や個人を取材して紹介する
シナリオ YouTubeやゲームなどのシナリオを書く

一口にWebライターと言っても、さまざまな種類の記事があります。それぞれに求められるスキルは似ているようで少しずつ異なります。

コラムは論理的で説得力のある記事を書くスキル、ニュースは事実の正確さと発信の速さが重要です。アフィリエイトはユーザーの購買意欲を掻き立てるような表現力とSEOスキル、レビュー・解説記事は物事を深く掘り下げてわかりやすく伝えなければなりません。

取材・インタビュー記事では、取材対象の魅力を引き出すためコミュニケーション能力や洞察力が必要です。シナリオの場合は独創的なストーリーを導くための発想力が要求されます。

では、そのような種類がある記事の中で、どのようなジャンルの記事をWebライターが執筆するのかを紹介します。

Webライターが書くのはどんな記事?:ジャンル

Webライターが執筆する記事のジャンルは多岐にわたります。具体的には芸能、音楽、インテリア、ファッション、医療、旅行、金融、就職、取材・インタビュー記事などです。

芸能や音楽、ファッションなどは比較的初心者でも執筆しやすいジャンルですが、誰でも書きやすい分、単価が安くなる傾向があります。

一方で医療や金融などの専門知識が必要なジャンルは、不要なジャンルよりも単価が高くなる傾向があります。専門的なジャンルの案件を獲得するには、資格を持っていたり、経験があったりすると有利です。

取材・インタビュー記事には、先述の通りライティングスキルだけでなく、コミュニケーションスキルや観察力も求められます。取材・インタビュー相手が伝えたいことを聞き出し、読者にわかりやすく伝える必要があるためです。

初心者Webライターは企業メディアで執筆するのがおすすめ

では、初心者Webライターは企業メディアと個人ブログのどちらの案件を執筆するのがおすすめなのでしょうか。

結論から言うと、初心者であれば企業メディアの案件で執筆するのがいいでしょう。以下でその理由を4つ紹介します。

  • 豊富な案件から探せる
  • マニュアルがある
  • ビジネスマナーがしっかりしている
  • 仕事しながら学べる

豊富な案件から探せる

1つ目の理由は、豊富な案件から探せるからです。

先にも紹介した通り、個人ブログよりも企業メディアの方が多くの案件が募集されています。そのため、豊富な案件から自分にあった案件を探しやすく、初心者でも挑戦しやすいです。

インターネットが普及した今日、多くの企業が自社のメディアを持っています。記事を通じた情報発信をし続けなければならないため、良質な記事を執筆してくれるWebライターの需要は高いです。

マニュアルがある

2つ目の理由は、企業メディアの案件の方が、しっかりとしたマニュアルが整備されていることが多いためです。

企業メディアは、ほとんどの場合そのメディアで集客し、企業のアピールをしたり顧客との接点を増やしたりする目的で運営されています。そのため、作り上げるメディア像が明確で、それを実現するための記事のマニュアルや指針が用意されていることが多いです。

初心者でもマニュアルや指針に沿って執筆できるので、企画段階から仕事をする必要がなく、既に準備されているテーマや構成に従って執筆することが可能です。

また、記事執筆を通じて、目指すメディア像に沿った記事・メディアにする方法や考え方を学ぶこともできます。

ビジネスマナーがしっかりしている

3つ目の理由は、企業のメディアの方がビジネスマナーがしっかりしているためです。

事実、失礼な対応をしたり、Webライターをぞんざいに扱ったりするクライアントもいます。こうした対応をするのは個人のクライアントの方が比率として高いです。

企業の場合は、会社の看板を背負っているが故に、ビジネスマナーを尊重した対応をしてくれるので、こちらが不快に思うことが少ないです。

クライアントの対応を不快に思うと、仕事にも身が入らなくなってしまうので、企業メディアの案件で執筆することをおすすめします。

仕事しながら学べる

4つ目の理由は、仕事をしながら学べるためです。

メディアは、目指すメディア像にふさわしい記事をメディアに載せたいと考えています。そのためWebライターにフィードバック(直してほしいところを伝えること)をしてくれる企業が多いです。

フィードバックを受けられると、自身が書いた内容や文章のスキルアップにつなげられるので、仕事をしながら自分のスキルアップもできます。

未経験ジャンルでも執筆できる?

「未経験のジャンルでも執筆していいのだろうか…」と不安に思っていませんか?案件を探す際、ジャンルでも選ぶこともできますが、条件で探したい場合もあります。条件が良くて受けたい案件でも、未経験ジャンルであることは多々あります。

そのときでも、しっかりリサーチをすれば問題ありません。未経験で執筆するなら、記事のテーマごとにリサーチを行う前に、そのジャンル全般についてリサーチをしておきましょう。

専門用語や仕組みなどを理解しておくと、記事ごとのリサーチを行うときに理解が早くでき、より詳しく深い記事を作成できるためです。

また、未経験のジャンルに対しても学ぶ姿勢・意欲から、クライアントからも「熱意のあるライターである」と評価されるでしょう。

Webライターはどんな職業なの?

では、Webライターの仕事はどのようなものでしょうか。よりイメージを膨らませるために、具体的に紹介していきます。

Webライターの仕事には、記事を丸ごと執筆するものと一部のみを執筆するものがあります。まず、1から全て執筆する際の仕事内容は以下の通りです。

  • リサーチ
  • 記事構成
  • タイトル作成
  • 本文執筆
  • 文字・画像などの装飾
  • 修正

記事を執筆する際には、レギュレーションと呼ばれるクライアントのルールに則って行います。また、記事を上位に掲載するために、SEOを意識した執筆が求められます。

次に一部のみというのは、上記の仕事の内容のうち、言葉通り一部分のみを行うものです。例えば、構成のみを作成するものや、既に構成ができている記事の本文執筆のみを行う案件もあります。

その他、既に公開されている記事の内容をアップデートしたり、修正したりするリライトと呼ばれる案件もあります。

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人の特徴を紹介します。以下の項目に当てはまる人はWebライターに向いていると言えるでしょう。

  • 文章の読み書きが得意
  • 好奇心旺盛
  • ひとりでの地道な作業が苦にならない
  • 素直にフィードバックを受け入れられる
  • 連絡や返答が早い
  • スケジュール管理ができる

Webライターの仕事はリサーチと執筆という地道な作業の繰り返しです。文章の読み書き能力に加え、地道な作業が苦にならない人はWebライターに向いています。

また、先述のように、未経験のジャンルの記事を執筆することもあるので、好奇心が旺盛な人も適性があるでしょう。

クライアントとのやりとりはオンラインで行う場合が多いため、相手の顔が見えません。自身できちんとスケジュール管理ができ、連絡や返答が早い人もクライアントに信頼されるWebライターになることができます。

Webライターになるために必要なもの

続いて、Webライターに必要なスキルを紹介します。具体的には以下のスキルが必要です。

  • 基本的なPCスキル
  • 情報収集スキル
  • ライティングスキル
  • コミュニケーションスキル

WebライターはWeb上で記事を執筆するため、基本的なPCスキルが求められます。しかし、プログラマーやパソコン検定などの難しい知識や技術は不要です。

自身が得意とするジャンル以外の記事を執筆する際には特に、必要な情報を早く調べられるスキルも重要です。そうして集めた情報を読者にわかりやすく伝えるライティングスキルも求められます。

Web上でクライアントとやりとりすることが多いとはいえ、その先にいるクライアントは人間です。人と人がやり取りする上で、適切なコミュニケーションを取れることが重要です。

「指示やマニュアルを理解する」「納期遅れや納品完了の連絡を行う」「不明点を放置せず確認する」といった一見当たり前に見えることをきちんと行いましょう。

Webライターとして稼げるようになるための方法

Webライターとして稼げるようになるための方法やコツを紹介します。

  • 知識のあるジャンルで案件を探す
  • 専門性を高める
  • SEOを勉強する
  • インタビュー・取材ができるようになる

知識や経験のあるジャンルであれば、専門性や権威性を発揮しやすく、比較的高単価の案件を獲得しやすいです。さらにそのジャンルを極め、自身の専門ジャンルを確立できれば、リサーチ時間の短縮にもつながり、効率的に稼ぎやすくなります。

また、検索上位に表示させるために必要なSEOの知識を学び、習得することも効率的に稼いでいくためには欠かせないポイントです。なるべく多くの読者に記事を読んでもらうためには、検索上位に表示されることが必須です。

インターネット上で集められる情報をまとめて書いた記事ではなく、実際に会って話した内容を記事にできるスキルを持つWebライターは多くありません。ライバルが少ないため、案件も獲得しやすいです。

また、取材には手間がかかるため、単価も高くなりやすい傾向があります。ランサーズを見ると、通常の記事の場合は文字単価1.0円程度の案件が多いです。一方でインタビュー記事は2.0〜5.0円のものが多くあります。

まとめ

この記事では「Webライターが執筆する記事にはどのような種類・ジャンルがあるか」「初心者にはどのような記事執筆がおすすめか」「どうやったら効率的に稼げるようになるのか」などについて徹底解説しました。

あなた自身がWebライターとして働くイメージが湧いたでしょうか?既に興味があったり詳しかったりするジャンルがあれば、記事執筆を通じて、効率的に稼いでいけるでしょう。

この記事で紹介したどんなスキルが必要で、どんな人がWebライターに向いているのかをチェックし、自分に当てはまっているか確認してみてください。当てはまっていれば、早速Webライターとしての仕事を始めてみましょう。

具体的な案件の獲得方法やクラウドソーシングについては、以下の記事も参考になるので、合わせてチェックしてみましょう!