あなたの適性はライター?それともブロガー?自分にあった仕事スタイルの選び方

フリーランスで文章を書く仕事といえば、真っ先に思い浮かぶのがライターだろう。しかし、ライターと似た仕事にブロガーというものもある。

このライターとブロガーの明確な違いをあなたは説明できるだろうか?

そんなわけで、今回は以外と混同しがちなライターとブロガーの大きな違いについてご紹介して行きます。

果たしてあなたはライターなのでしょうか?それともブロガー?

スポンサーリンク

ライターってどんな仕事?

FL ライター
フリーランスの中でも割合の多いライター。その仕事の中心は、「他人の媒体に投稿する記事を書く」ことです。

よって、記事のテーマや文章の量など、依頼主の要望通りに記事を執筆していくことが求められるわけです。必ずしも、自分が書きたい文章をかけるわけではないということは、予め頭に入れてく必要があります。

その代わり、記事を1つ書くたびに安定して収入が入ってくるため、仕事をすればするだけ収入を得ることができます。

特にこだわりはないけれど、とにかく文章を書くのが好き!という人は、ライターとして仕事をするのが良いでしょう。

主なライターの種類

一言でライターといっても、活動する媒体や分野によって数多くの種類に細分化されています。

フリーランスに多いライターの仕事は、WEBライター、セールスライター、コピーライターなどがあります。

WEBライター

主に、ブログやメディアなどに掲載する「価値提供の記事」を執筆するライターのことを指します。

ライターの中でも比較的簡単な仕事なので、今からライターとして活動を始めるのであれば、まずはWEBライターとしてある程度のスキルを身につけるのが良いでしょう。

セールスライター

商品の販売を目的としたページの文章を執筆するライターのことを「セールスライター」と言います。

主に、メールアドレスなどの顧客情報を集中するLP(ランディングページ)や商品を販売するセールスレターの執筆を行うのが主な仕事です。

直接的に「購入してもらう」というアクションを促す必要があるので、コピーライティングのスキルなどを使いこなす必要がありますが、その分WEBライターよりも報酬額が高い傾向にあります。

コピーライター

コピーライターは、短い文字数で心に残る「キャッチコピー」を考えるライターのことを言います。

有名なキャッチコピーといえば、例えば、超一流コピーライターの糸井重里さんが作った「生きろ。」(もののけ姫)などが有名ですね。

コピーライターの仕事は、クラウドソーシングサイト(フリーランス向けの求人サイト)などで、コンペ形式で募集されていたりします。

言葉のセンスに自信がある人は、コピーライターを目指してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

ブロガーってどんな仕事?

FL ブロガー
時々、ライターと混同してイメージされがちなブロガーですが、ライターとはかなり特徴を持った仕事です。

ライターが他人のために文章を書くのが主な仕事であるのに対して、ブロガーは基本的に自分のブログ更新のために記事を書くのが仕事になります。

記事の内容は、自分のブログに合わせて自分の好きなように執筆することができるため、「自分」という人間を前面に押し出したブランディング的な記事を書くことができる点もライターと大きく異なる部分です。

基本的には自分のブログのために記事を書くので、書いた記事がそのまま「自分の資産」となるのは非常に魅力的ですね。

しかし、裏を返せば、自分のブログから安定して収入を得ることができない場合、いくら記事を書いても収入にならないというデメリットもあります。

ブロガーの主な収入源

ブロガーの主な収入源は、アフィリエイトやアドセンスなどの広告収入になります。

アドセンスのやり方については、「アフィリエイトで失敗しないアドセンス活用例とチェックポイント」という記事で詳しく解説しているので、併せて読んでみてください。

ライターとブログの違いを徹底比較

比較 鏡

ここまで、ライターとブロガーの主な違いについて解説してきました。

これ以外にも様々な違いはありますが、基本的に今回紹介した内容さえ抑えておけばライターとブロガーの区別は十分です。

改めてもう一度、ライターとブロガーの特徴をそれぞれまとめます。

ライターの特徴

  • 基本的に他人のために文章を書く仕事
  • 自分の好きな内容をかけるとは限らない
  • 1記事書くたびに安定して収入が得られる

よって、文章を書くのが好きで、1記事を書くたびに安定して収入が入ってくる仕事がしたいという人は、ブロガーよりもライターとして活動する方が向いています。

ブロガーの特徴

  • 自分のブログのために文章を書いていく仕事
  • 自分の自由に記事が書けるが、ブログからの収入が安定しないといくら記事を書いても収入にならない
  • 上手くいけば、一度書いた文章が長期的に収入を生み続ける「資産」になる

ブロガーは記事を書くこと自体に収入が発生することはありません。しかし、一度ブログが安定して収益を生み出せるようになれば、1つの記事が1万円、10万円の価値を生むこともあります。

やや難易度が高い代わりに多くの可能性に満ちているのがブロガーと言えるでしょう。

スポンサーリンク

あなたはライター派?ブロガー派?

選択 選ぶ チョイス

最終的に自分がどちらの仕事を中心にしてくかは、あなたが決めることになります。

ただ、あえて言わせてもらえば、文章に書くことだけに特化したい場合はライターを、文章を書くだけでなくブログの運営やマネタイズまでを自分で構築したい人はブロガーを目指すのが良いです。

もちろん、ライターとして莫大な収入を得ている方もいますし、知識0から独学でコツコツ勉強して成功しているブロガーもいるので、どちらが優れている・劣っているということはありません。

あなたもぜひ、今回の記事を参考に自分が「ライター」として活動していくのか、「ブロガー」として活動していくのか改めて意識してみると良いでしょう。

あなたの適性はライター?それともブロガー?自分にあった仕事スタイルの選び方

【無料】初心者ブロガー”だけ”の為の「SEO対策7つのコツ」

100記事書いたのに、PV数が6,000。そんな悲惨な状況を打破したいブロガーがすべき対策とは?

意外と知らないSEO対策のコツをまとめました。


web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。