フリーランスのライターが収入を増やすためにやるべき3つのポイント

文章を書くのが好き!人の心に残るようなキャッチコピーを作りたい!という人におすすめなのがライターの仕事。ですが、実際にフリーランスのライターとして安定した収入を得ることが出来るのか気になる人も多いことでしょう。

確かにライターと一言で言っても、一本のレターで数百万の売り上げを叩き出す人もいれば、記事代行の依頼を請けて仕事を続けているのに、なかなか収入に結びつかない人まで、収入に大きな幅があるのがライター系の仕事の特徴でもあります。

では一体、旅行に行きながら隙間時間に作った文章で旅行費をペイできるほどの収入を得るライターと、サラリーマン以上に文章を書き続けても万年、生活が苦しいと嘆くライターにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、この違いを詳しく分析した結果明らかになった、ライター業で成功するために必要なスキルと、収入を増やすためにやるべき3つのポイントを明らかにしていきます。



ライター系の仕事に求められている成果とは?

フリーランスのライターが収入を増やすためにやるべき3つのポイント

ライター系の仕事に限らず、収入を増やすためには自分の顧客に価値を感じて貰う必要があります。では、ライターに求められている仕事の成果とは一体何なのでしょうか?WEBライターを例に挙げて考えてみましょう。

WEBライターに求められている仕事、それは依頼主が期待するレベルの記事を納品することです。大体の場合は、依頼主の顧客層が興味を持って読んでくれる記事を期待している。

また、ビジネス集客を望む顧客からの依頼であれば、反応率の良いランディングページを作成することが、顧客から求められている水準ということになります。

ライター系の仕事の平均収入は果たして…

フリーランスのライターが収入を増やすためにやるべき3つのポイント

ライター系の平均的な収入は、10万~500万となっています。フリーランス系の仕事の中では、収入に幅のある仕事と言えるでしょう。中には、1つの仕事で数百万を稼ぐようなライターも存在するので、自分のスキルが収入に結びつきやすい仕事でもあります。

一方で、一つの仕事当たりの収入はどうなっているのでしょうか?依頼先によっても変わりますが、ブログ記事などは1記事1000~2000文字で数百円というのが相場になっています。

場合によっては1文字1円など、文章量によって値段が変わる依頼内容などもあります。そういう意味では、割の良い案件を見つけることも収入を増やすための大事なポイントになります。

フリーランスのライターが収入を増やすためにやるべき3つのポイント

また、ブログやサイトの記事以外にも、雑誌に乗せる記事や集客用のランディングページ、セールスレターなどの高単価の案件もあるので、自分のライティングスキルに自信がついてきたら、挑戦してみるのもいいでしょう。

記事を書く仕事などは、一見すると単価に目を奪われがちですが、ライターとして収入を増やすなら、1記事あたりにかける時間を減らすことも非常に重要なポイントになります。

たとえ同じ単価の仕事でも、1時間に1000文字しか書けない人と、3000文字を書ける人では、実質3倍の収入の差が生まれることになります。

文章力のあるライターになるための3つのポイント

フリーランスのライターが収入を増やすためにやるべき3つのポイント

ここからは実際に、ライターとして成功している人たちが実践している、3つのポイントをご紹介します。あなたも、ライターとして仕事をしていきたいなら、これらのポイントを押さえてライバルと圧倒的な差をつけるライティングスキルを身に付けましょう。

たくさん読み、たくさん書く

ライターとして生きていく以上、コピーライティングといった文章力のスキルがないと話になりません。そして、ライティングのスキルを向上させる一番の方法は、たくさんの文章を読んでたくさんの文章を書くことです。

自分の興味のあるジャンル記事などは日ごとから目を通しておくなど、良質な文章に触れる機会を多くすることで、自然と自分のライティングのスキルも高めることが出来るでしょう。

スワイプファイルを作る

あなたはスワイプファイルという言葉を聞いたことがあるでしょうか?スワイプファイルとは、参考になった文章などをストックしてあるファイルの事です。

自分が読んでためになったり、面白いと思った文章をストックしておくことで、自分が文章を書くときの参考になります。

一流のコピーライターは、例外なくスワイプファイルを持っています。これによって、良質な文章をより短時間で書けるようになるので、もしまだスワイプファイルを持っていないのであれば、今すぐに作ってください。

写経をする

試しに今現在、ライターとして活躍している人に文章力を鍛える方法を尋ねてみましょう。その時に必ず帰ってくる答えが写経をするというものです。ライターの世界でいう写経とは、参考になる文章をそのまま自分で書くことを意味します。

一流のライターの文章の書き方を学べると同時に、なぜこの筆者はここでこのような言葉を使ったのだろうか?といった意識をすることで、文章の書き方だけでなく、その文章を書く際のポイントなども学べるので、初心者におすすめの方法です。

文章力だけでは収入が増えない!?

フリーランスのライターが収入を増やすためにやるべき3つのポイント

上記でかなり詳しく解説したこともわかる通り、ライターとして仕事をしていくのであれば、必要なスキルとして真っ先に思い浮かぶのがコピーライティングです。文章を書くことが仕事のライターにとって、文章力の有無は仕事の質を左右する前提条件と言えるでしょう。

しかし、前述したように依頼主の期待に沿うという点を考慮すると、依頼主がどのような記事を期待をしているかを聞き出すコミュニケーションの能力や、読者のニーズを把握するリサーチの能力なども必要なことが分かります。

つまり、コピーライティングや論理的思考力といった文章を書くためのスキルはもちろんですが、顧客や読者のことを把握するための能力も身に付けることがライターとしての成果を出すこと。ひいては、収入の増加につながるということです。

このように文章力の向上を目指しながらも、顧客からの信頼を勝ち取れるような仕事をコツコツとこなしていくことが、あなたのファンの獲得や、ライターとしての業務委託契約といった安定した収入の確保に繋がります。