【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

こんな悩みに答えます。

SEOの対策をした記事の書き方ってどんなコツがあるの?ただ文章を書くのとは違うの?

今回の記事では、SEO対策のために必要なライティングの7つのコツを紹介していきます。サイト・ブログ運営を始めたばかりの人にとっては「どうやって書けばSEO対策ができるのか」ということはわからないですよね。

僕は1年以上SEOライティングをしていますが、始めたばかりの頃と今の記事を比べると、書き方や意識しているポイントが違います。過去の記事は順位がつかないほどの低品質の記事になっていることもあります。

それでも1年続けてSEOライティングをしていると、「こう書けば順位は上がる」「こう書けば対策はできる」ということがわかるようになってきました。

そこで今回の記事では、僕が常日頃から意識しているSEO対策用のライティング方法や、セットで覚えておきたいキーワード選定のコツも紹介していきます。

スポンサーリンク

SEO対策用のライティングのコツ7選

早速、SEO対策用のライティングをする際のコツを7つ紹介していきます。

  1. 検索意図を考える
  2. +αの情報を書き入れる
  3. 余計な情報は入れない
  4. 必要な情報をわかりやすく丁寧に書く
  5. 見出し・箇条書きを上手く利用する
  6. 同じ見出しは極力使わない
  7. 内部リンクを活用する

検索意図を考える

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

まず1つ目は「検索意図を考える」ということです。

GoogleやYahoo!を使う人たちは、なぜそのキーワードを使っているのか、何を知りたいのか、を考えるということです。Googleなどの検索ブラウザを使うユーザーたちの検索意図を探る手助けとなるのが「競合」です。

あなたが今検索意図を知りたいキーワードを入力した時に、上位1ページ目に表示されている記事・サイトはなぜ上位に表示できているのかを考えてみると、答えは簡単です。

それは、ユーザーの検索意図を満たすことができるとGoogleが判断したから、です。

「サイトが上位に表示されている=ユーザーの検索意図を満たせている」のであれば、ユーザーの検索意図を知るためには競合の調査が最も手っ取り早い方法です。

競合の調査をしてユーザーの検索意図を探り、実際に自分だったらそのキーワードを使うときは何を知りたいか、も予想してみることが重要です。

そして「これがユーザーの検索意図だと推測できる」ことを、記事内で解決できるように書いてあげるのです。

+αの情報を書き入れる

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

2つ目は「+αの情報を書き入れる」ということです。

1つ前の章で「競合を調べながらユーザーの検索意図を探り、検索意図を解決できる内容を記事に書いてあげる」という話をしましたが、競合の記事に書いてあることだけを書いていたら、コピーコンテンツと判断されることもありますし、まず真似をした競合に勝つことはできません。

それは、差別化ができていなくて再現性が高いから、です。

競合調査は誰もが記事を書く前に行うので、正直どの記事にも同じような内容が書かれています。そして誰でも真似ができる(再現できてしまう)ため、競合とほとんど同じ内容の記事を書いてあるあなたの記事を見たGoogleは「上位表示させる記事はこの記事じゃなくていいな」ということになるのです。

ですから、他の記事にはない独自の情報「+α」の情報を書いてあげることが重要なのです。

それはただ単にノウハウだけではなく、普段自分が使っているTwitterの投稿を埋め込むだけでもいいでしょう。記事を書いている本人がつぶやいている投稿であれば、他の記事はまず使うことがないので差別化を行うことができます。

他の記事に書かれていない、独自の情報を書いてみてください。

余計な情報は入れない

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

3つ目は「余計な情報は入れない」ということです。

1つ前の章では「+αの内容を書く」という話をしましたが、その情報が読者にとっていらない内容だったら、邪魔な情報になってしまいます。ですから記事に書く情報は十分に注意をすることが必要です。

自分がユーザーとしてGoogleやYahoo!で検索するときのことを思い出してみてください。必要な情報だと思ったら読み進めますし、必要ない・邪魔だなと思ったらすぐにページを閉じてしまいますよね。それは、あなたの記事を読んでいるユーザーも同じです。

いらない情報があったら、すぐさまページを閉じてしまうので、ユーザーが欲している情報だけを正確に書き記す能力が必要となります。

必要な情報をわかりやすく丁寧に書く

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

4つ目は「必要な情報をわかりやすく丁寧に書く」ということです。誰にでもわかるように、丁寧に用語の解説を加えながら書いていきましょう。

例えばあなたがサッカーに関して全く知らない人で、「サッカー ルール」というキーワードで調べてたまたま読み始めた記事に

オフサイドはウィングとトップの選手は特に注意したほうがいいルールです。

と書かれていて、すぐに内容を判断できると思いますか?「オフサイド」「ウィング」「トップ」全てサッカー用語ですから、初心者の人にとってはわからない内容で、読んでいて苦痛ですよね。

こんな不親切な記事は読み進めたくなくなりますし、すぐに他の記事を探しにいきますよね。

あなたが知っている内容であっても、そのキーワードを使って調べている人にとっては全くわからない内容もあります。特に、自分の得意分野になればなるほど、専門用語が飛び出してしまうため注意が必要です。

あなたと同じ知識量の人であれば違和感なく読み進められる内容でも、あなたよりも知識量が少ない人にとっては、わからない言葉があるのはストレスでしかありません。

読者にストレスを感じさせないためにも、わかりやすく丁寧に噛み砕いて説明を行いましょう。

ポイント

キーワードによっては、あなたと同じくらいの知識量の人が使うキーワードの場合や、専門用語は少し知っているくらいの人が使うキーワードがあるため、言葉の使い方などはキーワードによって使い分けができるとベストです。

見出し・箇条書きを上手く利用する

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

5つ目は「見出し・箇条書きを上手く利用する」ということです。

見出しと箇条書きの役割は、

  • 見出し:そこからの文章に何が書いてあるのかを端的にまとめる。
  • 箇条書き:簡潔に情報をまとめる。

上記のようになります。読者も見出しと箇条書きの役割は分かっているため、使ってあげると読者に対して非常に親切な記事になります。

見出しも箇条書きもブログの編集画面に用意されているので、それを使って記事を書いていきましょう。

また、ボックスを使うとさらに読みやすくなります。この記事でも採用している

このボックスは、誰でも簡単に使えるようになっています。

ワードプレスの「STORK(ストーク)」という有料テーマで使えるのですが、読みやすくまとめやすい上、カラーバリエーションも豊富で内容や伝えたい思いに合わせて色を変えられるため、それだけで記事が華やかになりなおかつ読みやすくなります。

こうしたボックスを、箇条書きと使うことも1つのテクニックです。

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

STORK (ストーク)って何?超優秀なWordPress有料テーマを紹介します!

2018.06.23

同じ見出しは極力使わない

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

6つ目は「同じ見出しは極力使わない」ということです。

同じ見出しというのは、1つの記事内ではなく、同じサイト(ブログ)の中で同じ見出しを使わないということです。

例えば・・・
  • 記事A:SEO対策用のキーワードを探すコツ
  • 記事B:SEO対策でおすすめしたいキーワードの探し方

このように、言葉が同じではなくても、内容が似通っている見出しの場合には注意が必要です 。

中には記事を量産している人もいるかと思いますが、同じテーマの内容を書けば書くほど見出しが似通ってくることはあるので、同じ見出しを極力使わないように内部リンク(同一サイト内の記事リンク)を貼るなどして対策をしてみてください。

内部リンクを活用する

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

7つ目は「内部リンクを活用する」です。

リンクを貼りすぎるのはよくないのですが、部分部分に適切なリンクを貼っておくと順位が上がるケースがあります。

なぜリンクを貼りすぎることが望ましくないかと言うと、内部リンクは「自分のサイト(同一サイト)の記事リンク」のことで、貼りすぎるとGoogleに「ただ回遊させたいだけなのでは?」「とりあえず貼っているだけなのでは?」と読者のニーズに応える内容ではないと判断されてしまうからです。

読者の知識を補完したり、潜在的・顕在的な悩みを解決させる記事だとGoogleに判断された場合には、内部リンクを貼った記事も貼られた記事も順位が上がったり、評価が上がります。

高評価あるいは低評価になる理由や基準は公表されていませんが、むやみやたらに内部リンクを貼るのは控えた方が良さそうです。

スポンサーリンク

なぜSEOライティングのコツを知っておく必要があるのか

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

なぜSEOライティングのコツを知っておく必要があるのかというと、大きな理由は「作文で書いていた文章を書いても意味がないから」です。

どんな人でも小学生の時に作文は書いたことがあると思うのですが、その作文とSEO対策をする記事の文章では、わけが違います。作文のような文章でも上位表示されるケースはありますが、SEO対策をしたライティングを行った方が、評価は高くなります。

また、これまで紹介してきた

  1. 検索意図を考える
  2. +αの情報を書き入れる
  3. 余計な情報は入れない
  4. 必要な情報をわかりやすく丁寧に書く
  5. 見出し・箇条書きを上手く利用する
  6. 同じ見出しは極力使わない
  7. 内部リンクを活用する

上記7つの内容は、

  • ユーザーのための記事か
  • コピーコンテンツではなく、差別化ができているか
  • 読みやすい構成になっているか
  • 滞在時間を伸ばせるか
  • サイト内を回遊しているか

などのSEO対策になるため、きちんと押さえておく必要があるのです。

検索上位に自分の記事をランクインさせたいのであれば、「検索上位に表示させるための対策」をする必要があります。SEOライティングはその対策のためのライティング方法なのです。

SEOライティングのコツと一緒に覚えておきたいコト

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

SEOライティングのコツと一緒に覚えておいて欲しいことがあります。それは、キーワードの選び方です。

いくらSEOライティングに長けている人でも、キーワードを考えずに書いていたり、狙っていたキーワードの検索ボリュームが全くなければ、サイト・ブログへのアクセスを増やすことはできません。

SEOライティングとキーワード選定は、切り離してはいけない大事な要素です。どちらも満遍なく行えるだけのスキル・ノウハウを身につけましょう。

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

初心者向け:キーワード選定のコツさえつかめば検索上位は獲得可能!

2018.08.20
スポンサーリンク

まとめ:コツを掴めばSEOライティングは慣れる

途中で「作文の文章とSEOライティングは違う」という話をしましたが、作文をたくさん書いていたら文章に慣れたように、SEOライティングもたくさん書いていけば、SEOライティングに慣れてきます。

慣れるまでは今回紹介してきた

  1. 検索意図を考える
  2. +αの情報を書き入れる
  3. 余計な情報は入れない
  4. 必要な情報をわかりやすく丁寧に書く
  5. 見出し・箇条書きを上手く利用する
  6. 同じ見出しは極力使わない
  7. 内部リンクを活用する

上記7つを常に意識しながら書く必要があります。しかし慣れてくれば、自然とこれらの要素を押さえながら記事を書くことができます。

こうして最後まで記事を読んで学んだとしても、「いい内容だったな」で終わっていては意味がないので、自分のものにするためにも必ずSEOライティングを使って記事を書いてみてください。

記事の内容が役に立ったらSNSでシェアやいいねをお願いします!

【今スグ使える】SEOライティングのコツを厳選して7つ紹介する。

web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。