ネットでできるビジネスの代表格、アフィリエイトとは一体?

今回はネットビジネス初心者にお勧めの「アフィリエイト」について、仕組みや稼ぎ方をご紹介します。

副業をするなら、初期投資がかからずに手軽に始められるネットビジネスがおすすめです。

ただ、ネットビジネスには「怪しい」「詐欺」「知識がないとできない」といった様々なイメージを持っている人も多いです。

興味があるけど、踏み出す決心がつかないという人に読んで欲しい内容をまとめました。

アフィリエイト以外のネットビジネス

ネットビジネスとして有名なものにアフィリエイトがありますが、実はネットで出来る副業にはアフィリエイト以外にも様々なものがあります。

細かく分類すると紹介しきれないほど多くの種類があるので、今回は代表的なネットビジネスに絞って紹介します。

転売

Amazonやメルカリといった個人で品物を出品できるECサイト(ネット上の店舗)が広まったことで、いらない商品を売ったり、安く仕入れて高く売る転売というネットビジネスが流行っています。

転売は商品を仕入れ値より高く売るというシンプルなビジネスモデルであるため、知識の少ない人でも収入を得やすいネットビジネスです。

その反面、集客や商品を作るといったいわゆる、「ビジネス」をする際に必要となるスキルを身に付けにくいのが欠点です。

ビジネスをするつもりはないけど、お小遣いを稼ぎたいという人に適したネットビジネスと言えます。

情報販売

情報販売とは、自分で商品(主に情報商材)を作って販売するというネットビジネスです。

こちらは転売とは逆に、集客から商品の作成、販売までをすべて自分で行う必要があり、独学でやるのが最も難しいネットビジネスです。

情報販売が出来れば、アフィリエイトも転売も出来ると言われるほど、様々なスキルが求められます。

語弊があるかもしれませんが、アフィリエイトの商品を自分で作る版というイメージを持つと分かりやすいでしょう。

投資

投資は「お金でお金を増やす」という性質上、厳密には「ビジネス」とは異なるジャンルに区分されます。

とはいえ、ネットで出来る副業としては根強い人気を誇っています。

投資と一言で言っても、株式投資・FX・ビットコイン・BO(バイナリ―オプション)など様々な種類があります。

投資は基本的に「初期投資額が多い人が儲かる」仕組みになっているので、ある程度資金がないと、大きく収入を得るのは難しいです。



ネット副業の代名詞!アフィリエイトの仕組み

ここからはネットビジネスの中でも人気が高いアフィリエイトに絞って、その内容をお伝えします。

アフィリエイトは簡単に言うと、「人の商品を紹介して収入を得る」というビジネスモデルです。

ネット上で個人で出来る広告代理店、といった呼ばれ方をされることもあります。

アフィリエイトでお金が発生するのは何故?

アフィリエイトの収入源は「紹介料」という事になります。では、その紹介料はどこから出てくるのでしょうか?

アフィリエイトの大まかな仕組みは以下の図のようになっています。

ネットでできるビジネスの代表格、アフィリエイトとは一体?

つまり、アフィリエイター(アフィリエイトをする人)が商品を紹介したことによって購入された商品の代金の一部が、紹介料として支払われるという仕組みです。

一般的には、広告主とアフィリエイターのやり取りを代行するASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)という仲介業者を通して、案件の紹介や報酬の受け取りを行います。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトには大きく分けて2つの種類があります。

同じアフィリエイトと言っても、それぞれの種類によって収入の増やし方や特徴が大きく異なります。

よって、アフィリエイトに取り組む際は、自分がどのアフィリエイトをするかを意識することが非常に大事なポイントです。

成約型アフィリエイト

成約型アフィリエイトは、紹介した商品が購入された際に報酬が発生する仕組みのアフィリエイトです。

実際に商品の購入をしてもらう必要があるので、やや難易度は高いですが、報酬額も多い傾向にあります。

一般的には、ASPと呼ばれる広告主とアフィリエイターのやり取りを仲介する業者を利用して、商品探しや報酬のやり取りを行います。

ASPにも多くの種類があります。こちらの記事でASPごとの特徴やお勧めのASPを丁寧に解説しているので、参考にしてください。

アフィリエイト報酬はASPで決まる!報酬率の高いASPはこれだ!

クリック型アフィリエイト

クリック型アフィリエイトは、成約型とは異なり、広告をクリックされた時点で報酬が得られるタイプのアフィリエイトです。

購入に至る必要は無く、クリックされるだけで収益が発生するため、成約型のアフィリエイトよりも収益化が簡単に出来ます。

ただし、条件が簡単なだけあって1クリック当たりの報酬額は1クリック平均20~40円ほどと低いものが大半です。

もっとも代表的なクリック型アフィリエイトとして、Googleアドセンスを使ったものがあります。

アフィリエイトは儲かるのか?

アフィリエイトをやるかどうかを決めるうえで、最も気になるのは「本当に儲けることが出来るのか」という点ですよね。

世間では、アフィリエイトは簡単に稼げると言われていることもあれば、アフィリエイトで稼げるのはほんの一握りの人だけといった意見もあります。

はたして、真実はどちらの意見なのでしょうか?

稼ぐなら必ず知っておきたいアフィリエイトの特徴

まずアフィリエイトの収入実態としては、以下のようなものがあります。

■アフィリエイターの過半数は、月に1000円も稼げていない

■月に5万円以上加瀬でいるのは、アフィリエイター全体の9%

■アフィリエイトで月収20万以上稼ぐ人の過半数は、アフィリエイト歴3年以上

これらの事実から分かることは、アフィリエイトで稼げるようになるためには、長期的に継続することは不可欠という事です。

アフィリエイトはそもそも、始めてすぐにドカンと収入が得られる仕組みにはなっていません。

アフィリエイトで稼ぎたいなら、地道にコツコツと積み上げていくという心構えが必要です。

絶対に失敗しないアフィリエイトの始め方

アフィリエイトに失敗する原因で最も多いのが、収益が出る前に諦めてしまう事です。

前述したように、アフィリエイトは最初はなかなか収入に結びつきません。しかし、それでもあきらめずに地道に続けていることで、やっと少しづつ収入が増えていくビジネスモデルです。

アフィリエイトは大器晩成型のビジネスモデルである。

これを念頭に置いたうえで、アフィリエイトを始めることが出来れば、そう簡単に投げ出すことはなくなるでしょう。

続けていくうちに、技術は勝手に身に付きます。最も大切なのは、「簡単に稼げるものではない」ことを分かったうえで、稼げるまで続けるという決意を持つことです。

ネットビジネスと言われるアフィリエイトの税金事情

アフィリエイトで収入を得られるようになると、次に気になるのが税金関係です。結論から言うと、副業などによって年間で20万以上の収入ある場合は、確定申告が必要になります。

20万以上の収入を得ているのに申告を怠ると、脱税という事になります。

特に会社に内緒でアフィリエイトをしている場合、確定申告をしないと会社に税金差し押さえの通知が届くことがきっかけで、副業がばれることもあります。

アフィリエイトである程度収入が得られるようになったら、確定申告は忘れずに行いましょう。