サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

スポンサーリンク

会社勤めが必ずしも安定とは言えない現代において副業を始める会社員は非常に増えています。

”手軽に始めることのできる副業を始めたい”

そのような思いから副業としてアフィリエイトを始めることを検討する人はかなり多いのではないでしょうか?

ただそこで一つの疑問が挙がってきます。

「アフィリエイトって副業の扱いになるの?」

そこで、今回は会社員のあなたは知っておかないとまずいアフィリエイトの位置づけについて解説していきます。

副業禁止の会社員必見!アフィリエイトは副業か?

サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

「今月、もう少しお金に余裕が欲しい…」会社員なら誰もが心の中で思っていることですよね。

そんな時にネットで調べたら、アフィリエイトという副業を見つけたという人も多いことでしょう。

しかし、一般的な世間の認識では、アフィリエイトは副業だと言われています。

果たして副業禁止の会社に勤める会社員が、こっそりアフィリエイトでお小遣いを稼ぐことは許されない事なのでしょうか?

そもそもアフィリエイトは副業なのか?

実は、アフィリエイトが副業と呼べるかどうかは、会社の判断に依るところが大きいのが実情です。

会社が規則などで副業を禁止にしている際に想定しているのは、大体がアルバイトなどの「時給が発生するタイプ」の副業です。よって、アフィリエイト=副業とは言い切れない部分があります。

理屈としては、アフィリエイトの収入はアルバイトとは違い固定化されたものではないため、所得上は「雑所得」として扱われます。

雑所得は、パチンコや競馬などによる収入と同じ区分であるため、一概に副業とは言い切れないのです。

とはいえ、ここら辺は屁理屈と言われても仕方がない部分なので、基本的にはアフィリエイトは副業という認識でいた方が無用なトラブルを避けることができるでしょう。

まずは就業規則を確認してみる

ところで最近は、大手企業が次々副業を解禁していることをご存知でしょうか?

近年は、副業やフリーランスといった働き方も徐々に受け入れられてきている事もあり、今後は副業を認める会社が増えると言われています。

また、副業禁止の規則こそあれ度、勤務に影響を及ぼさなければOKという条件が付いている場合もあります。

今まで就業規則を真剣に確認していなかった人は、改めて規則を確認してみると良いでしょう。意外と副業が認められていたというケースもあります。

会社にばれずに副業でアフィリエイトは可能か?

就業利規則を確認したら、やはり副業は全面禁止だった…という場合でも、実は抜け道があります。

それは、会社に内緒でアフィリエイトをするというものです。…と言っても、会社にばれたらどうなるんだろうと不安になりますよね。

そこで、ここからは、会社に内緒でばれないようにこっそりアフィリエイトをやる為に知っておきたい「知識」を伝授します。

実は、副業禁止の会社員でこっそりアフィリエイトで収入を得ている人も意外と多くいるのです。

スポンサーリンク

副業禁止の会社でアフィリエイトをするなら

サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

副業が規則で禁止されている会社に勤めながら、こっそりアフィリエイト収入を得ている人たちは、一体どのような方法で副業をしているのでしょうか?

実は、彼らは「副業が会社にばれる原因」を熟知しているのです。会社にばれる原因が分かっているから、逆に会社にばれずに副業をすることもできるのです。

そこで、ここからは「会社にばれずに副業をするための方法」について詳しく解説していきます。

副業が会社にばれる原因を知っておく

副業が会社にばれる原因は、実は大きく分けて3つしかありません。

◆ 確定申告をしていない

◆ 住民税を給料から差し引いている

◆ 告げ口

会社に副業がばれる3つの原因について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

確定申告をしていない

アフィリエイトによる副業収入が年間で20万円以上ある場合は、会社員であっても確定申告をして副業分の税金を納める義務があります。

この確定申告をしないと、支払うべき税金を払っていない=脱税という事になり、税務署は会社の給料を差し押さえる措置を取ることになります。

となれば当然、会社に副業をしていることが筒抜けになってしまうことになります。

確定申告は個人事業主やフリーランサーがやるものという認識かもしれませんが、むしろ副業禁止の会社員こそしっかりやるべきものなのです。

住民税を給料から差し引いている

会社に副業がばれる原因として最も多いのが、この「住民税を給料から差し引いてしまっている」パターンです。

住民税の仕組みを簡単に説明すると、その人の全所得に対して割合で課せられる税金を住民税と言います。

つまり、会社の収入に加えて副業での収入もある場合は、それらの合計額に対して税が課せられることになります。

すると、会社に請求される税金の額を見て「この人は会社の給料だけにしては納税額が多いな」となって副業がばれることになります。

住民税を給料から差し引かずに、自分で納める方法については後述します。

告げ口

副業がばれる原因として見過ごせないのが、会社内外の人間からの告げ口です。

悪意を持って告げ口をされることもあれば、うっかり口を滑らせたことでばれるケースもありますが、どちらにせよ副業がばれる原因になりかねません。

基本的には、会社内の人間や取引先の相手には、たとえ信頼している人であっても副業をしていることを話さない方が安全です。

人の口に戸は立てられないのですから。

サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

マイナンバーで副業が会社にバレる?副業発覚を防ぐ3つのルール

2017.06.22

会社にばれない副業アフィリエイト収入の確定申告方法

年間に20万円以上の副収入がある場合、しっかりと確定申告を行うことが、会社に副業がばれないようにするための必須条件です。

しかし、タダ確定申告をしただけでは、前述したように住民税が給料から差し引かれてしまうため、会社にばれるリスクがあります。

この事態を防ぐためには、確定申告の際に「住民税・事業税に関する事項」という欄があるので、そこで住民税を「自分で納付する」というボックスにチェックを入れてください。

こうすれば、税金を自分で納めに行く手間はかかるものの、住民税が原因で会社に副業がばれることは無くなります。

サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

正しく「セルフバック」をして、お小遣い稼ぎをしよう。

2018.04.21

会社員がアフィリエイトをやるのは難しい…かも?

サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

今回は、副業が禁止されている会社員が、こっそりアフィリエイトで副業収入を得るための抜け道について解説しました。

ただ、最後に伝えておきたいのは、アフィリエイトは片手間にやって稼げる副業ではないという事です。

いくら副業とはいっても、アフィリエイトでまとまった収入を稼ぐまでには時間も手間もかかります。

会社員として仕事をするだけでも時間的、体力的に厳しいことでしょう。そこからさらにアフィリエイトを行うのは思った以上に大変であることは想像に難くありません。

もちろん継続していれば、それに見合った収入が見込めるのが、アフィリエイトのいいところなので、本気で収入を増やしたい人は挑戦する価値はあります。

※副業を始めるかどうかはあくまでも一個人での判断に委ねられるので、この記事の中で触れられたことに関しては一切の損害に責任を負わないので予めご了承ください。

サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

Saleshub(セールスハブ)とは?ビジネスマン・営業マンの副業におすすめ。

2018.06.11
サラリーマンは要注意!アフィリエイトって副業なの?

web+おすすめのアフィリエイターを目指す方向けの記事


web+運営部が、アフィリエイターを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

アフィリエイト初心者がゼロから成果を出すための手順とコツ

2018.09.07

アフィリエイトで儲かるジャンルTOP5

2017.09.05



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。