アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

こんな悩みに答えます。

記事を書いているほどの時間を割けないから、アフィリエイト記事を外注したいんだけど、どうやってやればいいかな?できれば外注費用は抑えたいんだけど。

今回の記事ではアフィリエイト記事を外注することがありなのか、なしなのか、アフィリエイト記事を外注するときにはどんな点に注意すればいいのか、ということを主に紹介していきます。

また、なるべく費用を抑えたい人のために、徐々に外注費用を抑えていくためのテクニックも紹介しますから、「記事を書いている時間がないから、アフィリエイト記事を外注したい!」という人は最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

アフィリエイト記事を外注するのってあり?なし?

アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

まず初めに結論から言うと、アフィリエイト記事を外注するのは「あり」です。

特に、リアルビジネスをしている人や、アフィリエイト記事を書いている時間を割けない人は、アフィリエイト記事を外注するのはありです。

アフィリエイト記事を外注する人の特徴として挙げられるのは

  • アフィリエイト記事を量産したい
  • 他の仕事に時間を使いたい

こう言った理由が考えられます。

現在は、リアルのビジネスをしながら、インターネットからの集客を増やすためにサイトを運営している人がいたり、本職の内容に関係するアフィリエイトサイトを立ち上げる人がいたりと、アフィリエイトをする人たちの属性が変わってきています。

SEO対策用の記事とアフィリエイト用の記事を書く場合、書き方は大きく変わってくるため、SEO対策用の記事を書ける人でもアフィリエイト記事を書けないと言う人は数多くいます。

アフィリエイト記事が書けないという人は、アフィリエイト記事を書いて売り上げを立てたことのある人に依頼するのが最も手っ取り早いです。

スポンサーリンク

アフィリエイト記事はどこを使って外注すればいい?

アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

「記事を外注する」となると、思いつくのはクラウドソーシングサイトを使った記事の外注です。クラウドソーシングサイトと言うのは、「ランサーズ」や「クラウドワークス」のことを指します。

このクラウドソーシングサイトは名前が知られているため、数多くのライターが登録をしているため、アフィリエイト記事を書いてくれるライター探しに困ることはないのですが、超初心者も紛れているため、「アフィリエイト記事に慣れている人」を見つけ出すことが困難です。

ですから、アフィリエイト記事を外注するときには、初めのうちはクラウドソーシングサイトを使って外注をするのはおすすめできません

そこでおすすめしたいのが「Twitter」です。Twitterにはアフィリエイトをしている人が数多く存在しています。売り上げ報告や実績を掲載している人がいるため、誰がどんな人なのか、どんな力を持っているのかがよくわかるのです。

アフィリエイト記事を外注して依頼を受諾してくれるか拒否されてしまうかどうかは、人によって違いますが、クラウドソーシングサイトよりも実績のある人に外注できることは間違いありません

Twitterを使って外注するときの注意

アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

Twitterを使ってアフィリエイト記事を外注するときに注意して欲しいのは、「本当にアフィリエイトで稼ぎがあるのかどうかを見極める」と言うことです。

プロフィールだけでは「アフィリエイトで稼いでいるかどうかわからない」と言うときには、その人のツイートを見てみてください。ツイートが1ヶ月以上もされていないときや、ツイートがアフィリエイトに関係ないものばかりの人も避けたほうがいいかもしれません。

一方で、アフィリエイトに関するツイートやリツイートをしている人は、現在進行形でアフィリエイトを実践している人なので問い合わせてみてもいいかもしれません。

アフィリエイト記事を外注するときの3つのポイント

ここからは、アフィリエイト記事を外注するときのポイントについて紹介していきます。

  • まずは10記事ほど書いてもらう
  • 10記事の中から共通点を見つけ出す
  • 自分なりにアフィリエイト記事のマニュアルを作る

まずは10記事ほど書いてもらう

まずは同じ人でも違う人でもいいので、10記事ほど記事を書いてもらってください。アフィリエイト記事を書いたことがない人は、どこに注意して何を意識して書けばいいかわからないですから、まずは書き方は任せてライターに書いてもらってください。

サンプルは多い方がいいので最低でも10記事は書いてもらえるといいですね。

10記事の中から共通点を見つけ出す

アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

記事を書いてもらったら、その記事の中から共通点を探し出しましょう。

共通点を探すときには

  • 売り上げが発生している記事の特徴
  • 売り上げが発生していない記事の特徴

このように分けて共通点を探してみてください。記事を公開してからすぐに売り上げが発生するわけではないので、まだ売り上げが発生していない段階だったら、アフィリエイト記事に共通する書き方や表示の仕方を探してみてください。

自分なりにアフィリエイト記事のマニュアルを作る

アフィリエイト記事の共通点を探し出したら、その共通点を参考にして自分なりにアフィリエイト記事のマニュアルを作ってみてください

そのマニュアルを使って、今度はクラウドソーシングサイトで記事を外注してみてください。

売り上げが立つかどうかを見て、売り上げが立てばそのマニュアルを継続し、売り上げが立たなかったらマニュアルを見直す。

これを繰り返しながら、徐々に「売り上げが立つアフィリエイト記事のマニュアル」を作ってみてください。

マニュアルを作った後に、Twitterではなくクラウドソーシングサイトで外注をする理由は「費用を抑える」ためです。Twitterでアフィリエイト記事を外注すると高い値段になります。アフィリエイト上級者に依頼するとなると、1記事¥100,000いくケースもあります。これを毎回毎回続けていては資金的に大変なので、クラウドソーシングサイトに移行しましょう。

クラウドソーシングサイトは、比較的安価で記事を外注することができるため、予算を抑えられます。

アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

初めてのライティング外注で失敗しない4つのポイント

2018.08.14
スポンサーリンク

まとめ:アフィリエイト記事の外注は慎重に

アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

アフィリエイト記事の外注は慎重に行いましょう。この記事で紹介しているようにTwitterでアフィリエイト記事を外注するときも、クラウドソーシングサイトを使って外注を行う際も、人を選ぶことやお金に関しては慎重に行なってください。

記事を外注すると、他のアフィリエイトサイトの記事との差別化ができないという声もありますが、1から勉強する時間がない人は外注をするのはありです。外注をした後に自分なりにマニュアルを作っていけば、徐々に売り上げの立つ記事を生み出しやすくなっていきます。

アフィリエイト記事を外注するなら抑えておきたい3つのポイント。

web+おすすめのアフィリエイターを目指す方向けの記事


web+運営部が、アフィリエイターを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

アフィリエイト初心者がゼロから成果を出すための手順とコツ

2018.09.07

アフィリエイトで儲かるジャンルTOP5

2017.09.05



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。