稼げないのは一部だけ!稼ぐライターになるための解決策教えます。

ライター
ライターについて調べていると「稼げない」と言う言葉をよく目にするんだけど、実際のところどうなの?稼げるライターになりたいんだけど、具体的には何をすればいいの?

この記事は、上記のようなことを考えているあなたの悩みを解決します。

ライターは確かに「稼げない」と言われることが多いのですが、実際のところはどうなのでしょうか。今後ライターとして活動していくことを考えている人や、駆け出しのライターにとっては気になるところですよね。

ライター経験のある僕自身が、実際にライターは稼げないのかどうかと言う事実に触れながら、稼げるライターになるためには何をすべきなのかも紹介していきます。

スポンサーリンク

ライターは「稼げない」と一般的に言われている

副業として非常にオススメな「ライター」という仕事ですが、ライターについて調べ始めると、よく「ライターは稼げない」という内容を目にすることになります。

確かに、ライターは稼ぎにくい仕事ではあるのですが、ライター業で月に数十万円を稼いでいる人も存在しています。稼げない訳ではないのです。

次の章からは、稼げないライターの特徴・理由を紹介していきます。

ちなみにですが、「ライターは稼げない」と全面に出している記事やコンテンツは、「これ以上ライターが増えて欲しくない」という裏の意図もあったりしますので、鵜呑みにしないでくださいね。

スポンサーリンク

ライターが稼げない3つの理由

それでは、なぜライターが稼げないのか、その特徴や理由を3つ紹介していきます。

誰でもできてしまうから

まず、ライターは初心者でも取り組める副業ですので、始める際の障壁はかなり低くなっています。しかし、初心者でも取り組める副業だからこそ、稼げないという事実がある訳です。

ライターとしてスタートしたばかりの頃は、1記事¥500~¥1,000の報酬をもらえればいい方なので、仮に月に10記事書いたとしても¥5,000~¥10,000ほどしか稼げないというのはよくあります。

特にクラウドソーシングでは、「記事を大量に外注したい」と思っている人が案件を掲載しますので、比較的安めに報酬が設定されてしまいます

「初心者OK」という仕事の場合には、特に報酬が低く設定される傾向にあるため、稼げない理由の1つが「誰でもできてしまうから」ということになるのです。

時間がかかり過ぎてしまうから

記事の内容によっては、ライターが1記事を仕上げるまでに10時間以上を要してしまうことがよくあります。

特に初心者のライターだと、何をすればいいかわからずに、リサーチをしたり文章をゆっくりと書いていきますので、その分かなりの時間がかかってしまうのです。

そのため「こんなに頑張ったのに、¥1,000しかもらえないの!?」と不満を抱くことにもなり兼ねません。「所要時間の割に報酬が少ない」ことが、ライターが稼げないと言われている理由の1つです。

スキルを持ち合わせていないから

専門的な知識やスキルを持ち合わせていないライターの場合、かなり稼ぎにくいでしょう。

後ほど詳しく触れていきますが、スキルを持っているだけで任せてもらえる仕事も変わり報酬も変わってきますので、実はスキルを持っておくのは必須と言えます。

副業ライターであっても「稼ぐライター」になるためには、スキルが必要不可欠なのです。

初心者から抜け出さないと稼ぐライターにはなれない

ここからは、前章で触れてきた「ライターが稼げない理由」を、さらに詳しく解説していきます。

1つ目に紹介した「誰でもできてしまうから」という理由ですが、初心者は特に「初心者OK」や「初心者向け」の案件を受注する傾向にあります。

確かに自分の経験やスキルに自信がなければ、初心者向け案件がいいですよね。ただ「初心者向け」の案件が比較的報酬が低いのであって、「経験者歓迎」の案件などは、報酬が高く設定されている場合もあります。

要は、「初心者向け」の案件を請け負うのではなく、積極的に中・上級者向けの案件を請け負えば稼ぐライターにもなれるという訳です。

スポンサーリンク

1記事を作成する時間を短くする方法

慣れていない人は、1記事を仕上げるまでに膨大な時間を費やします。色々な情報を調べて自分なりに文章に起こして、設定された文字数を超えられるように文章を紡いでいくことに、10時間を要してしまう人もいます。

ここは完全に「慣れ」の部分絵もあるため、すぐに記事を仕上げる時間を短くできる人はそう多くないでしょう。そんなあなたにも実践できる方法として僕が教えたいのはこちらの方法です。

同一ジャンルの類似キーワードを中心に書いていく

なぜ「同一ジャンルの類似キーワードを中心に書いていく」のがいいのでしょうか?

自分の知識が徐々に積み重なっていく

例えば1記事目に「ソファ 革 材質」というキーワードで記事を書き、2記事目に「ソファ 革 フェイクレザー」というキーワードで記事を書いたとしましょう。

あなたは1記事目でソファの革の材質に関する知識を身につけているため、フェイクレザーがどんな素材で、どんな特徴を持ち合わせているのか、ある程度知っています。

すると、「ソファ 革 フェイクレザー」の記事の中で書く「フェイクレザーとは?」などの見出しに関して、いちいち調べることなく、記事を書けるようになるのです。

これを繰り返していくことであなたのソファに関する知識は積み重なっていくので、リサーチ(調べ物)に充てる時間を、少しずつではありますが削減していくことが可能になるのです。

キーワードが変わっても同一ジャンルに対応できる

先程までの例を継続して用いていきますが、「ソファ」に関する知識を積み重ねたあなたは、続いて「椅子」に関する記事を書いていくとしましょう。

革の素材を用いている椅子もありますので、例えば「椅子 革 材質」というキーワードで記事を書いていくと仮定します。

あなたはすでに、ソファではありますが革にはどんな材質があるのかを把握しているため、椅子の革の材質は深く調べる必要がなくなるわけですね。

「こんな材質が使われている」ということだけを把握できれば、その材質の説明を何も見ずに書いていけるのです。

「稼げない」と悩んでいるライターは勉強すべき

さてライターが稼げない理由の3つ目に「スキルを持ち合わせていないから」という物を紹介しました。要は、スキルを持ち合わせていると、かなり有利にライター業を進めていくことが可能になるというわけです。

読者を惹きつける文章を書くスキルを身につけたり、例えば金融系の職場で普段仕事をしている人であれば、投資や証券などの金融系の専門知識をさらに磨いていくだけでも十分です。

いずれにせよ、「こんなスキル(専門知識)を持っています」と語れるくらいのスキルや知識を身につけることが大切になってきます。

スポンサーリンク

稼げないライターが学んでおくべき唯一のスキル

前章にて「スキルを持っておくことが必要だ」ということを書きました。ただ、スキルや知識なんかはたくさんありますし、どれがいいのかわからないという人もいますよね。

そんな数ある中でも、僕そしてweb+の運営部がオススメするライターが学んでおくべき唯一のスキルというのは「SEOライティング」のスキルです。

この記事の中では書ききれないのでどんなスキルなのかは省略しますが、Webサイトの運営者からしてみるとSEOのスキルを持っているだけで、非常に重宝します。

ちなみにですが、SEOの知識を持っているライターの場合、条件次第では仕事の発注側が記事の報酬を上げてくれることもあるので、非常にオススメのスキルです。

オススメだけどクラウドソーシングでは稼げない

「ライターはクラウドソーシングを使っているから稼げない」という内容をよく目にすることがあるのですが、これは事実です。クラウドソーシングは、記事報酬も低めな場合が多いので、稼げないと思われています。

ただ、ライター業の経験を積む上では、非常に優秀なプラットフォームであることに違いはありませんので、当サイト「web+」でもクラウドソーシングで仕事をすることをオススメしています。

特に初心者の場合には仕事に慣れたり、自分のライティングの形を作るためにも経験を積むことが大事になってきますので、クラウドソーシングで仕事を請け負うことは大事なことなのです。

稼げないとは言え、少し我慢してクラウドソーシングを利用するのは今後のライター業にも繋がってきますので、ぜひ試してみてください。

クラウドソーシングを利用した稼げるライターになるコツ

前章で「クラウドソーシングでは稼げない」という話をしたのですが、クラウドソーシングを使うことで月間数十万~数百万を稼いでいるライターもいます。やり方次第では、十分に稼げるのです。

では何をすればいいのかと言うと、大事なことは「Webサイトの担当者にとって、いかに貢献できるライターになれるか」と言うことです。

Webサイトを運営していると言うことは、売り上げを伸ばしたりWebサイトを利用して商品やブランドの認知度を高めたいなどの狙いがあります。

その狙いを達成する過程に、あなたが書いた記事が関係しているのであれば、あなたは「貢献している人」になるわけです。ですので、まずは取引先が何を求めているのか・何を狙っているのかを考えてみてください。

「稼げない」と悩む時間をライティングに充てよう

ここまでライターが稼げないと言う事実や、ライターが稼ぐためにすべきことなどを紹介してきました。しかし、内心は「稼げないと悩む時間をライティングに充てるべき」だと僕は思っています。

  • 初心者から抜け出す
  • 1記事を仕上げる時間を短くする
  • 専門的なスキル・知識を身につける

これらの項目は、全てライティングを実践することが必要になるからです。

初心者から抜け出すためには、自分が「初心者ではない」と思えるまで努力を積み重ねることが必要ですし、執筆速度を上げるためには「慣れる」しかありません。

専門的なスキルや知識も、文章を書いていく中で身についていくものばかりですので、結局は文章を書き続けることが稼げるライターになるために大切なことなのです。

まとめ

「ライターは稼げない」と言われているかもしれませんが、それはごく一部の人間だけです。中には毎月数十万円をライターとして稼ぎ出している人もいるくらいです。

ですので、これからライターとして頑張っていこうと考えているあなたは、是非「俺は稼げるライターになるんだ」「ライターが稼げないなんて自分には関係ない」くらいの気持ちを持ってください。

ライターは文章を書いた分だけスキルが身につき、経験も積み上がっていきます。途中で挫折することだけは避けて欲しいので「稼げないライター」にはならないと心に決め、web+と共に頑張っていきましょう!