【2018年版】SEO対策に効果のあるタイトルの最適な文字数とは?

こんな悩みに答えます。

記事のタイトルの文字数って、SEOに効果があるのは何文字なの?

今回の記事では、SEO対策に効果のあるタイトルの文字数について紹介していきます。GoogleやYahoo!の検索ブラウザが順位を決める際は、記事の内容だけではなくタイトルも選定基準としています

タイトルもSEOに効果があると知らずに、今までタイトルを設定していませんでしたか?そうだとしても大丈夫。この記事では最も効果的な文字数を紹介しています。

記事の最後にはタイトルの付け方についてまとめた記事を記載しているので、タイトルの付け方を知りたい人は、併せてご覧ください。

スポンサーリンク

SEO対策に効果のあるタイトルの文字数は?

【2018年版】SEO対策に効果のあるタイトルの最適な文字数とは?

SEO対策に効果のあるタイトルの文字数は「32文字」です。検索ブラウザ(GoogleやYahoo!)にもよるのですが、検索結果ページで表示されるタイトルの文字数には制限があります。

検索ブラウザ別のタイトルの上限文字数
  • Google:32文字
  • Yahoo!:30文字
  • Bing:28文字
  • BIGLOBE:32文字

これはあくまでも目安で、アップデートにより変動することはありますが、32文字程度が最も効果的です。

スポンサーリンク

SEOに直接関係しないけどタイトルの文字数が多すぎると

SEOには直接の関係がないのですが、タイトルの文字数が多すぎると、タイトルが「…」により省略されてしまうということが起こります。

【2018年版】SEO対策に効果のあるタイトルの最適な文字数とは?

この画像の2つのタイトルは、最後の部分が「…」で省略されていることがわかりますか?これは32文字をオーバーしているため、省略されてしまっているのです。

文字数が多すぎることが直接的にSEOに関係しているとは言えませんが、32文字目よりも後ろに伝えたい内容を設定していると、省略されてしまうことでユーザーは読むことができません。クリック率にも影響がありますから、タイトルが長すぎると間接的にSEOに影響を与える場合があります。

タイトルの文字数はSEOにどう関係するの?

【2018年版】SEO対策に効果のあるタイトルの最適な文字数とは?

タイトルの文字数がどうSEOに関係するかというと、1つ前の章でも少し触れましたが、タイトルの後半が省略されてしまうことで伝えたい内容を伝えることができず、クリックしてもらえないという事態が起こり得ます。

また、文字数に関係なく、タイトルの部分は記事内容をきちんと反映していてなおかつ簡潔にわかりやすく書かれている場合には、検索エンジンに適切に評価され、検索順位に影響を与えます

タイトルの文字数が多くなっていると、記事の内容を簡潔にまとめられていなかったり、余分なことまで書かれていると判断されてしまいます。記事の内容とは関係ないことがタイトルに書かれていると、SEOに悪い影響を与えますから、注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ:タイトルは間接的にSEOに影響を与える

タイトルはSEO対策をする場合においては、非常に重要です。

記事の内容よりも先にユーザーの目に触れる部分ですし、タイトルを読んでユーザーはクリックするかしないかを瞬時に決めています。あなたが普段ユーザーとしてGoogleやYahoo!を使うときでも、絶対にタイトルを読んで瞬時に決めています。

ですから、タイトルでは記事内容を簡潔に、省略させることなく表示させることがベストなのです。クリックされなかったら、それがSEOに対して影響を与えてしまいます。

ユーザーにクリックしてもらうためにも、32文字を目安に簡潔にタイトルを設定しましょう。

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

【初心者向け】SEO対策用の記事タイトルの付け方7つのポイント。

2018年8月17日
【2018年版】SEO対策に効果のあるタイトルの最適な文字数とは?

web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。