Google直伝!SEOには効果なし?キーワードのmeta tagへの設定。

Google直伝!SEOには効果なし?キーワードのmeta tagへの設定。

スポンサーリンク

こんな悩みに答えます。

「meta tag」って、SEOに効果はあるの?設定したほうがいいって言われたけど、そもそも必要なのかを知りたい。

今回の記事では、「meta tag」がSEOに対してどのような影響を与えるのか、そもそもmeta tagにキーワードを設定することは必要なことなのかを説明していきます。

「SEO対策」と調べると、これをやったほうがいい、あれをやったほうがいい、と様々なノウハウが紹介されていて、正直何をすればいいかイマイチわからないですよね。

そこで、この記事では「meta tagにキーワードを設定することがSEO対策に効果的なのか」と言うことに焦点を絞って紹介していきます。

3分ほどで読み終わる簡単な内容です。それでは本題へと入っていきましょう。

「meta tag」にキーワードを設定するのはSEOには無意味?!

Google直伝!SEOには効果なし?キーワードのmeta tagへの設定。

「meta gag(メタタグ)」と言うのは、ページに何が書いてあるのかをGoogle側に知らせるためにキーワードを設定するものですが、現状このmeta tagにキーワードを設定することは、SEOには無意味です。

Google Webmaster Central Blogによれば、

Google does not use the keywords meta tag in web ranking.

引用元:Google Webmaster Central Blog

Googleはメタタグにキーワードを設定することとweb上のランキングの設定は関係しないと言う旨をタイトルに記載した、記事をリリースしています。

検索エンジンのシェアで日本国内の90%以上を占めているGoogleが、meta tagにキーワードを設定することはランキングを決める際には関係ないと言っているため、設定する必要はありません。

スポンサーリンク

以前はキーワードをmeta tagに設定するのはSEOの常識だった

以前は、キーワードをmeta tagに設定するのはSEOの常識でした。meta tagに設定した3~5のキーワードをGoogle側が認識し、検索順位を決める際に関係していたからです。

しかし今ではGoogleの機能も大幅に進化したため、記事のタイトルや記事内容をクローラーが回ることで、キーワードや検索順位を決めることができるようになり、meta tagは必要なくなったのです。

meta tagがSEOに対して効果を示していた時は、Googleの機能はまだまだ未熟で、タイトルや記事内容だけではコンテンツの質やキーワードを決定することができなかったため、meta tagで判断するしかなかったのです。

まとめ:SEO対策とmeta tagのキーワード設定は意味なし

Google直伝!SEOには効果なし?キーワードのmeta tagへの設定。

SEO対策をするにあたって、meta tagのキーワード設定は全く意味がありません。むしろ、HTMLと言って少し知識がないと触れない部分をいじることになるので、何かを間違えるとトラブルになることもあります。

それに、無駄な時間も使ってしまいますから、meta tagのことは考えずに記事を書いていってください。

 

Google直伝!SEOには効果なし?キーワードのmeta tagへの設定。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。