在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

いた時間に在宅でもできる仕事をお探しですか?

でしたら、ライティングの仕事なんていかがでしょうか。

今回は、『在宅でもできるライティングの仕事のやり方』を初心者でもわかるように紹介していきます。

ちょっとでもおこずかいを稼いで、たまにはパートナーや子供に”プチ贅沢”をさせてあげたら喜ぶと思いませんか?

そんなちょっとした幸せを”実現”させる方法をお伝えするので、この記事に書いてある通りにやってみてください。

 

スポンサーリンク

在宅の仕事として大人気「ライティング」

在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

宅の仕事の中でも特に人気なのが、ブログやサイトに掲載する記事を代筆する『ライティング』の仕事です。

ライティングに関する仕事は人気も高く、すでに多くの人がやっているため、とても競争率の高い仕事でもあります。

 

「えー!じゃあ初心者の私には無理そう。」

と思っている人もいることでしょう。しかし、初心者でも大丈夫です。

 

むしろ、ネットでの情報発信が当たり前になっている今の時代、ますますライティングの仕事は増えていくことでしょう。

ただし、ライティングの仕事で満足のいく収入を得るためには、ちょっとしたコツがあるんです。

そのコツとは・・・

 

スポンサーリンク

在宅でライティングの仕事をする際に最も大事なのは?

宅でライティングの仕事をするときに、まず最初に知っておくべきことは『仕事の探し方』です。

これからライティングの仕事をしようと思ったら、多くの人は「ライティングスキルを磨く」ことばかり考えます。

ですが、これは間違いです。

まず最初に『仕事の探し方』を見つけるべきなんです。

 

なぜなら、

  • ライティングの仕事はほとんどの場合「マニュアル」が配られる
  • そもそも仕事がないと、ライティングスキルを磨いても意味がない

という理由があるからです。

 

マニュアルが配られる

イティングの仕事を依頼する人の多くは、「こんな感じで記事を書いて欲しい」という要望をまとめたマニュアルを持っています。

外注したライターにマニュアルを見せて、「こんな感じで記事を書いてください」と指示するのが一般的です。

つまり、初心者でもある程度の完成度で記事が書ける『ライティングのテンプレート』をもらえることが多いんです。

だから、ライティングのスキルは最初のうちはあまり気にする必要はありません。

もらったマニュアルに沿って、素直に記事を書けば十分なんです。

 

仕事がないと、ライティングスキルは意味がない

イティングスキルを一生懸命みがいている人がいますが、そもそもスキルを発揮する機会がなければ意味がないですよね。

単にライティングスキルを高めたいというのであればいいですが、ライティングの仕事で稼ぎたいと思ったら、スキルを高めるだけというのは本末転倒であることに気づくべきでしょう。

 

また、ライティングスキルを高めるためには、最終的には実践あるのみです。

いくらライティングの本を読んで勉強しても、実戦を踏まなければ決して良い文章は書けません。

 

だからこそ、初心者こそライティングスキルよりも先に、実戦の機会を作るためにも『仕事の探し方』のノウハウを手に入れるべきなんです。

この順番を間違えると、いつまでたっても収入のない”自称ライター”になってしまうので、しっかりと覚えておきましょう。

 

在宅でできるライティングの仕事はどこで探す?

こからは、在宅でライティングの仕事をする際に最も大事な『仕事の探し方』をお伝えします。

初心者がライティングの仕事を始める際にオススメなのが、クラウドソーシングサイトを利用することです。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人を繋げるサイトのことです。

オススメのクラウドソーシングサイトはこちら↓

ライティングの仕事を探すなら?

それぞれ特徴が異なるので、もう少し詳しく解説していきます。

基本的に、どれかひとつに絞るというよりも、最初は全部に登録しておくことをおすすめします。

「案件探し→応募→受注」という流れになるので、応募をした後は承認待ちの状態になりやすいです。

複数のプラットフォームを利用して、多めに応募しておきましょう。

応募して待っている時間も無駄にしないこと!また、プラットフォームによって案件の性質も違うので全部登録してチェックしよう!

 

クラウドワークス

在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

(クラウドワークスより)

リーランスのライターの多くは、まず最初に「クラウドワークス」というサイトで仕事を探します。

クラウドワークスは、数あるクラウドソーシングサイトの中でも国内最大級の規模を誇ります。

それだけ多くの案件が集まりますし、初心者でも可というライティング案件もあるので、在宅でライティングの仕事をする人なら必ず登録しておきたいサイトの1つです。

在宅で仕事をするなら、とりあえず「クラウドワークス」に登録するのは絶対です。

 

ランサーズ

在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

(ランサーズより)

ラウドワークスと並んで、フリーランスの人によく利用されるクラウドソーシングサイトが「ランサーズ」です。

ランサーズも登録は無料で行えるため、在宅で仕事をするなら必ず登録しておくべきサイトになるでしょう。

クラウドワークスとさほど大きな違いはないため、2つのサイト両方に登録して、案件探しの幅を広げるのがオススメです。

 

shinobiライティング

在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

(shibobiライティングより)

宅でできる「ライティングの案件」を探しているなら、「shinobiライティング」というクラウドソーシングサイトにも登録しておきましょう。

上記の2つほど規模は大きくないものの、ライティング専門のクラウドソーシングサイトなので、自分にあった仕事を見つけやすいという利点があります。

 

クラウドワークスやランサーズは有名なだけあって、たくさんの人が利用しているので、良い案件もすぐに他の人に取られてしまう可能性が高いです。

その点、少し知名度の点で劣るshinobiライティングのようなサイトの方が、案外良い案件が見つかることも良くあります。

※ただし、利用者が偏っているせいか、同じような内容の案件がズラーっと並んで、オススメの案件を探すのがちょっと大変だなという印象を受けます。

 

 

 

スポンサーリンク

在宅でライティングの仕事をする際のポイント

めての仕事は誰だって「ドキドキ」するものです。

  • 「自分のライティングスキルで納得してもらえる記事が書けるのか?」
  • 「文章を書くだけで本当にお金をもらえるの?」
  • 「クレームが来ないか心配」

色々な不安が胸の中で渦巻いていることかと思います。

 

安心してください!

実は、クラウドソーシングサイトからの案件くらいであれば、そんなに難しいレベルは求められていないのです。

 

せいぜい、以下の3点を意識すれば、ライティングスキルの面で”落第”することはないでしょう。

求められているライティングの基準
  • 読みやすい文章になっているか?
  • オリジナルの記事か?
  • 目的が明確になっているか?

 

読みやすい文章になっているか?

イティングの仕事といっても、そこまでハイレベルな要求は普通はされません。

それよりも、文章の誤字脱字はないか、読んでいて意味が分かるかといった『読みやすいかどうか』という基本的な点さえ守れていれば、大抵の依頼主は満足してくれるはずです。

僕も昔、100人以上の人に文章の添削をしてきたことがあるのですが、案外「日本語としておかしい文章」を書く人が実に多いのです。

例えば、主語と述語が一致していなかったり、句読点が全くなかったり、助詞「てにをは」の使い方がおかしかったり、などなど。

逆に言えば、このような必要最低限の日本語をしっかり書けるだけでも、自信を持ってライティングの仕事を引き受けても大丈夫です。

 

オリジナルの記事か?

イティングの仕事を受ける際に絶対にやってはいけないのが『他の人の文章の丸パクリ・コピペ』です。

ライティングの仕事を引き受けたからには、必ず『オリジナルの記事』を書いてください。

とはいっても、何も1から全て書く必要はありません。むしろ、上手い人の文章を”参考”にするのは積極的に行うべきです。

コピペなどはもってのほかですが、上手い人の文章を”参考”にして自分の言葉で記事を書けば、基本的には問題ありません。

 

目的が明確になっているか?

イティングの初心者がよくやりがちなミスとして、『あれもこれも書こうとする』というものがあります。

ライティングの世界では「1記事1テーマ」という言葉があるように、「この記事では何が言いたいのか?」という目的をしっかり定めることが大切になります。

逆に「あれもこれも」と内容を詰め込むと、文章が複雑になって、読みにくくなります。

文章をいきなり書き始めるのではなく、まず最初に「この記事はどんな人に向けてどんなことを伝えるために書くのか」という目的を明確にすることで、依頼主に喜んでもらえる質の高い記事が書けるようになります。

 

在宅で仕事をする際の「ライティング案件」の探し方3選 まとめ

在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

回は、在宅で仕事をする際の『ライティングの仕事の探し方』や、『知っておきたいライティングのポイント』についてご紹介しました。

文中でも言いましたが、大事なことなのでもう一度お伝えしておきます。

ライティングの仕事で収入を少しでも得たいのであれば、まずは『仕事を見つけるスキル』を手に入れてください。

これが、どんどん収入を増やすライターといつまでたっても稼げないライターの大きな違いです。

 

最後に一言だけ付け加えておくと、在宅で仕事をする際はライティングのスキルよりも、『社会人としての常識』の方がはるかに大切だったりします。

ライティングスキル以外に必要な心構えは以下の記事で詳しく解説しているので、在宅でライティングの仕事をしている人・考えている人は、こちらの記事も必ず目を通してください。

在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

ライターがアルバイトを在宅でするときの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

2017.08.16
在宅で仕事がしたい初心者向け!ライティングのはじめ方講座

【無料】初心者ブロガー”だけ”の為の「SEO対策7つのコツ」

100記事書いたのに、PV数が6,000。そんな悲惨な状況を打破したいブロガーがすべき対策とは?

意外と知らないSEO対策のコツをまとめました。


web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。