習慣付けができたかどうかを確認できる6つのチェックポイント

習慣付けができたかどうかを確認できる6つのチェックポイント

スポンサーリンク

あなたもこれまでに、早起きや運動、ダイエットや勉強など、習慣付けをするために頑張った経験があることでしょう。

ですが、習慣というのは「あ、今身についた!」なんてことはなく、いつの間にか身についているもの。

大事なのは、自分が頑張ってきた行動がちゃんと習慣付けできたかを確認することです。

そこで、この記事では「習慣付けができたかどうかを確認する6つのチェックポイント」をご紹介します。

習慣付けを成功させるためのポイント

カレンダー 習慣

習慣付けをするための大切な考え方の一つに、「結果ではなく習慣にフォーカスすること」というものがあります。

よくある失敗例として、ダイエットに一時的に成功したものの、しばらくするとリバウンドしてしまうという話はよく聞きます。

なぜ、このような現象が起こるのか。その答えは「結果に焦点を当てていること」からです。

 

例えば、ダイエットで5kgの減量を目指している人がいたとします。そして、毎日努力をしてなんとか目標である5kgの減量に成功しました。

これ自体は素晴らしいことですが、大切なのはここからです。5kgの減量という結果に焦点を当ててしまうと、それを達成した際にそれ以上頑張る理由がなくなってしまいますよね。

すると、せっかくこれまで続けていたダイエットの習慣が途切れてしまい、結果的にリバウンドをしてしまうわけです。

 

このような悲劇を防ぐためには、5kgの減量という結果ではなく、「痩せるための習慣を続けること」に焦点を当てる必要があります。

体重を減らすための習慣行動に焦点を当てていれば、5kgの減量が達成した時点でも油断することなく、ダイエットの習慣を維持することができる。

すると、結果的にリバウンドをせずに体重をキープすることができるようになります。

その際に大事なのは、結果ではなく「習慣化が定着したかどうかという兆候」を見逃さないことなのです。

スポンサーリンク

習慣付けできると現れる6つの兆候

電球 発明 兆候

では早速、ここまで数日あるいは数ヶ月かけて頑張ってきた習慣が、しっかりと身についたかどうかをチェックする6つの兆候を見ていきます。

具体的には、以下の6つが習慣付けの釣行です。

習慣付けが身につく兆候
  1. 抵抗がなくなる
  2. 習慣化行動との一体感を覚える
  3. 無意識の行動
  4. 不安がなくなる
  5. 日常化できる
  6. 退屈に感じる

それぞれについて、もう少し具体的に解説をしてきます。

抵抗がなくなる

今までやってきた行動が習慣として定着し始めると、その行動に対しての抵抗感というものが次第に無くなっていきます。

例えば、運動が習慣として身についている人はよく「むしろ体を動かさないと気持ち悪い」と言います。

このように、習慣の行動をするのが面倒臭いといった抵抗がなくなり、その行動を「やらないよりもやったほうが簡単」と感じ始めたら、その行動はしっかりと習慣付いたと考えて良いでしょう。

習慣化行動との一体感を覚える

習慣がしっかりと定着するようになると、その行動が自分のアイデンティティになることがあります。

上にあげた運動の習慣を例にとると、「私は毎日、適度な運動を行う人間だ」という自覚が芽生え始めます。

このような自覚は、努力して習慣化のための行動をする段階を超えて、本当の意味でその習慣が自分のものとなったということを意味します。

「私は〇〇を習慣にしている」と自信を持っていうことができますか?もし、自信を持って言えるのであれば、しっかりと習慣付いているといって良いでしょう。

無意識の行動

習慣というのは、基本的に無意識的に行われるものです。

例えば、あなたも歯を磨く際、いちいち「上の右奥の歯を磨いて、次にその隣の歯を…」なんて考えないですよね?これは、歯磨きがあなたにとって習慣化された行動だからです。

同様に、例えば運動習慣であっても「さあ、今日も17時になったから運動をしなければ」なんて気合いを入れる必要もなく、「あ、時間だから運動しよう」と無意識的に思えるのが習慣付けができたという兆候です。

気がついたらその行動を取っていたというレベルまでいけば、完璧に習慣化されているといって良いでしょう。

不安がなくなる

ある行動を習慣づけようと思った時、最初の頃は「続かなかったらどうしよう」とか「うまく習慣化できるかな」といった不安が心の中にあったはずです。

しかし、行動が習慣になると、なんらかのトラブルなどがない限り、自分がその行動をやり遂げることを確信できるようになります。

続けられるかといった不安を感じなくなったときこそ、その行動が本当の意味で習慣化された瞬間と言えるでしょう。

日常化できる

習慣は基本的に気分や感情に左右されることはありません。

また、習慣はやるのが当たり前という考え方になるので、その行動を行ったからといって「お!今日も行動できた!」と興奮することもありません。

感情に関係なく、淡々とその行動をこなせるようになれば、その習慣は身についたと考えて良いでしょう。

退屈に感じる

前述した「日常化できる」に近い感覚として、その行動が退屈に感じるようになるというのも習慣が身についた際の兆候です。

なぜなら、無意識的に淡々とこなせるようになるのが習慣なので、そこに「楽しい」とか「できた!」といった感情を感じなくなるからです。

あなたの人生をよくする習慣に対して、退屈に感じるというのはちょっと寂しい気もしますが、何はともあれ習慣化した行動は退屈に感じるということは覚えておきましょう。

退屈は習慣付けが成功したという合図なのです。

まずは小さな習慣付けから

ステップ スモール 一歩

習慣を身につけるためには、行動を継続させる意志の強さが必要になります。

一般的に意志の強さと聞くと、「自分は意志が弱くて」と自己嫌悪に陥る人が多いです。しかし、それは決してあなたのせいではなく、意志を強くする具体的な方法を知らないだけなのです。

習慣付けを成功させるためにぜひ知っておくべき、意志の弱さの克服法を「☆」という記事で丁寧に解説しているので、合わせて読んでみてください。

紹介した記事の方でも書いていますが、習慣を身につけるためには小さな習慣からコツコツと積み上げて行くのがコツです。決して、いきなり1日10km走る!のような難しい習慣を身につけようとしてはいけません。

スポンサーリンク

まとめ:習慣付けができたかどうかを確認する6つのチェックポイント

ピン 自立 確立

今回は、「習慣付けができたかどうかを確認する6つのチェックポイント」をご紹介しました。

この習慣付けの前兆を知るだけでも、日々の習慣化のための行動を行うモチベーションがグッと高まるはずです。

ぜひ、これらの兆候に敏感になって、あなたの人生を豊かにする習慣付けに挑戦しましょう!

 

習慣付けができたかどうかを確認できる6つのチェックポイント



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。