1日のパフォーマンスを最大化する脳科学的にオススメな朝習慣5選!

1日を通してすごく仕事が捗るという日もあれば、なんだか生産性が低かったなという日もありますよね。

このように日によって生産性が変わってくる原因は一体どこにあるのか気になりませんか?

もちろん、様々な原因が積み重なった結果と言えばそれまでですが、中でも特に「朝のスタートダッシュ」がその日の生産性に与える影響は計り知れません。

そこで今回は、1日の生産性を劇的に高めるために知っておきたい「朝のオススメ習慣」をご紹介します。

スポンサーリンク

朝の行動で1日のパフォーマンスが決まる

カフェ 仕事
  • 朝の6時に起床し、部屋の掃除や読書、30分のジョギングをしてから、ゆっくりと朝食を味わう1日。
  • 朝の10時まで眠ってしまい、朝食を食べる暇もなくバタバタと慌てて仕事に取り掛かる1日。

これらの1日を比べて、どちらの方が仕事の生産性が高くなるかは一目瞭然ですね。

前者は、自分で1日をコントロールしている感覚を持ち、やる気に満ちた1日を送ることができるでしょう。

一方で後者は、「朝からバタバタしてなんかやる気が出ない」というネガティブな気持ちを抱えたままダラダラとした1日を過ごすことになります。

つまり、朝を制したものが、その日1日を制するのです。

スポンサーリンク

1日を充実させる5つの朝習慣

朝 夜 日の出

ここからは、1日のエネルギーを蓄えて生産的な仕事をこなすため「朝のオススメ習慣」を5つピックアップしてご紹介します。

いつもより少しだけ早く起床して、これらの習慣を日常に取り入れることで、自分の人生を自分でコントロールしている感覚を掴み、ポジティブでエネルギッシュな1日を送れるようになりますよ。

食事をしっかり摂る

あなたは毎朝しっかりと朝食を食べていますか?普段は食べていても、時間に余裕がない場合に朝食を抜いてしまう人は意外と多いもの。

朝は前日の夕食から時間が空いているため、いつも以上に脳に必要なエネルギーが不足している状態です。

つまり、朝食を抜いてしまうと、脳のエネルギーが枯渇し、仕事に集中できないといった悪影響を及ぼしかねないのです。

1日の生産的に過ごしたいのであれば、朝食は欠かさずにとることが絶対条件なのです。

太陽の光を浴びる

最近の研究で、人間の体内時計は24時間よりも長いということが明らかになっています。ということは、日頃から体内時計を調整していないと、徐々に朝に弱い夜型になってしまうということです。

この体内時計をリセットするために大切なのが、太陽の光を浴びるという行為です。

太陽の光を浴びると、セロトニンという心のバランスを整えてくれる脳内物質が分泌されるようになり、不安の軽減や集中力の増加という効果をもたらします。

時間がない場合は、ベランダに出て太陽の光を浴びる程度でも良いですが、余裕があれば10分程度のウォーキングなどをして軽い運動をしながら太陽の光を浴びると、気力を充実させることができます。

部屋を掃除をする

朝起きたら、部屋の掃除を習慣にするのも非常にオススメです。朝から部屋を片付けることで、部屋が綺麗になることはもちろん、「自分の生活をうまくコントロールできている」という感覚を持つことができます。

自分の生活をコントロールできているという感覚は、自己肯定感を高めて、前向きなやる気を引き出すことに繋がります。

朝に部屋を掃除する際のポイントは、「完璧にやる必要はない」ということです。

例えば、5分間だけ机の上を片付けるといった程度のことでも、それを毎日続けていけば自然と部屋も綺麗に保てるようになりますよね。

1日のスタートダッシュを支える上に、手間なく部屋を綺麗にできる一石二鳥の習慣なので、ぜひ今日から実践してみてください。

1日の予定を確認する

朝起きたら、まず最初に1日の予定を確認することも、日中のパフォーマンスを高める効果的な方法です。

今日やるべき仕事のタスクや時間配分をなんとなくでも把握することは、目先の誘惑を振り払い、やるべきことをやろうという意志の力を引き出すことができます。

人は誰しも、嫌なことは先延ばしにして、目の前の誘惑を優先してしまう傾向にあります。

ダラダラとした時間を過ごして、午後になってから「今日のタスクが終わらない!」と嘆かないためにも、1日の予定を”朝一”で確認するべきです。

マインドフルネス・瞑想を行う

最近、脳科学の分野でマインドフルネスや瞑想が、私たちに与える影響について活発に研究されています。

一見スピリチュアルな印象を持たれがちなマインドフルネスや瞑想ですが、実は人の理性を司る「前頭前皮質」という部位を鍛える効果があることが明らかになっています。

たった5分のマインドフルネスを行うだけでも、自己コントロール力を高め、ストレスを軽減し、仕事に集中しやすいコンディションを作ることができるのです。

筆者も実際に朝5分の瞑想を習慣にしてから、今までよりもイライラが減り、穏やかな気持ちで仕事に取り組めるようになりました。

Googleをはじめとした大企業でも、取り入れられている習慣なので、ぜひあなたも挑戦してみてはいかがでしょうか?

幸福感を高めて仕事の生産性を上げよう

幸せ 幸福

今回紹介した5つの朝の習慣は、どれもが自分の人生を自分でコントロールできている感覚をもたらします。

人の幸福感についての研究を専門にしているポジティブ心理学という分野では、自己コントロール力を実感することで幸福感が増し、生産的な活動に適した状態になるということがわかっています。

1日の充実感を振り返ると、朝の活動の影響が非常に強いことは、あなたもなんとなく実感しているのではないでしょうか?

あなたも「自分の理想の朝習慣」を手に入れて、1日の最高のスタートダッシュを切りましょう!

1日のパフォーマンスを最大化する脳科学的にオススメな朝習慣5選!



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。