テレマーケティング9つのコツをマスターして確実に売上を増やす!

テレマーケティング9つのコツをマスターして確実に売上を増やす!

スポンサーリンク

この記事では、あなたのビジネスの売り上げをさらに加速させる「テレマーケティングのコツ」についてご紹介していきます。

テレ=電話と聞くと、苦手意識を持つ人も多いでしょう。ですが、この記事を読めば、お客さんに歓迎される「本当の」テレマーケティングの方法を身につけ、売り上げ・利益が爆発的に増えること間違いなしです。

今よりももっとビジネスで利益を出したいと考えている人は、今すぐにこの記事を読んで、なおかつ今すぐ”実践”してください。

テレマーケティングへの苦手意識を無くすコツ

電話 営業

テレマーケティングという言葉を聞いて、あなたはどんなイメージが思い浮かぶでしょうか?

おそらく、オフィスで電話帳を片手に片っ端から電話をかけては断られるといったイメージを持つ人が多いはずです。

そのため、多くの人が「電話はちょっと嫌だな」と苦手意識を持っています。しかし、それはテレマーケティングの苦手意識を無くすコツを知らないだけのこと。

むしろ、このコツさえ知ってしまえば、あなたも今すぐに自分のビジネスに「電話」を取り入れたくなります。

テレマーケティングへの苦手意識を無くす基礎知識

ビジネスに電話を取り入れるためには、テレマーケティングの正しい使い方を知って、苦手意識を取り除く必要があります。

まず大前提として、テレマーケティングには以下の様な基本が存在します。

電話への苦手意識を無くすには?
  • 見込み客から始める
  • あらかじめ準備を整えておく

それぞれのコツについて、もう少し深く掘り下げていきます。

見込み客から始める

電話に苦手意識を持つ人の最大の原因は、「電話をかけても断られ続ける」という思い込みを持っているからです。

とはいえ、それはあなたのせいではありません。世間的に電話営業=断られる・嫌われるというイメージが蔓延しているのですから、苦手意識を持つのも当たり前です。

ですが、本当のテレマーケティングは基本的に「すでにあなたの商品に興味を持っている見込み客」へアプローチします。

やみくもに電話をかけたり、電話帳を片手に片っ端から電話をかけて行く必要はないのです。これだけでも、少しは気持ちが楽になったのではないでしょうか?

あらかじめ準備を整えておく

電話をかける相手は、決して見ず知らずの人ではなく、あなたの商品に興味を持っている見込み客であるということは前述しました。

とはいえ、「じゃあ今から見込み客の人に電話をかけてみましょう」と言われても、まだ不安が残っているはずです。

つまり、テレマーケティングを実践するためには、実際に電話をかける前に話す内容をまとめたスクリプトなどを事前に準備しておく必要があるのです。

見込み客に電話をかける際のスクリプトは非常に重要なので、具体的な内容に関しては、次の章で丁寧に解説していきます。

スポンサーリンク

実践!テレマーケティングのコツ

スマホ イヤホン 電話

テレマーケティングのシナリオ作りや実践の際のコツをご紹介します。

原則として、電話販売は「質問」によって決まるということを覚えておいてください。

具体的に電話で自分の商品をオファーする際に大事なのは、以下の9つの要素を徹底的に意識することです。

テレマーケティング9つの要素
  1. 計画を立てること。
  2. 取り上げる質問を用意すること。
  3. 許可を得ること。
  4. 質問は適切な間隔を置くこと。
  5. 見込み客を緊張させないこと。
  6. 話をつなげること。
  7. 質問の数を適切にすること。
  8. 誘導するような質問はしないこと。
  9. リラックスした会話を心がけること。

それぞれについて、詳しく解説します。

計画を立てること。

やはりテレマーケティングのはじめの一歩は計画を立てることから始まります。

電話をかける前に、「何をするために電話をするのか」を必ず明確にしておきましょう。

この計画がないと、お客さんの反応や話の流れによって、あなたのオファーがブレてしまいます。

取り上げるトピックを用意すること。

電話をする前にあらかじめ、取り上げるトピックのリストを用意しておきます。

また、そのトピックの具体的な質問も考えておきましょう。

許可を得ること。

電話で質問をする際は、必ず事前に「いくつか質問をしてもよろしいでしょうか?」と承諾を取るようにしてください。

相手の承諾を得ずにあれこれ質問をぶつけると、相手は尋問されているような気持ちになります。

質問は適切な感覚を置くこと。

質問をする際は、矢継ぎ早で質問攻めにならないように配慮しなくてはなりません。

上記の「相手に質問の許可を得る」と同様に、連続で質問を続けると、相手は尋問されているような気分になります。

複数の質問をするにしても、必ずその間に適切な間隔をおくようにしましょう。

見込み客を緊張させないこと。

この記事を読んで、電話販売への苦手意識がなくなっても、やはり電話をする前は緊張するものです。

でも、あなたと同じかそれ以上に、実はお客さんも緊張しているものです。

そのため、話し始めは一般的な質問から始めるなど、相手に配慮した流れを心がけてください。

話をつなげること。

相手に何か質問をして、お客さんから何かしらの反応が返ってきたら、その答えをしっかり受け止めてあげましょう。

相手の答えに反応することで、お客さんは「自分の話をしっかり聞いてくれている」という親近感を持ってくれるようになります。

相手の答えに反応するというと、ちょっと難しいと思う人もいるでしょう。

そんな時は、相手の答えに対して「なるほど!〇〇でお困りなのですね!」のように、言葉をそのまま返してあげることで、スムーズに会話をつなげることができます。

質問の数を適切にすること。

前述したように電話販売で大事なのは、質問をすることです。

とはいえ、その質問が少なすぎても良くないですし、逆に多すぎるとお客さんをうんざりさせてしまいます。

テレマーケティングを行う際のシナリオスクリプトを見直して、「自分がお客さんの立場だったら、この質問の数は適切か」を振り返って見ましょう。

誘導するような質問はしないこと。

質問をする際は、誘導尋問にならないように気をつける必要があります。

例えば、「もしこの商品が2割引で買えるなら、今すぐ欲しいと思いますよね?」のような誘導型の質問をすると、一気にセールス色が強くなり、お客さんに警戒心を与えることになります。

リラックスした会話を心がけること。

電話販売をする際は、リラックスした会話を心がけるようにしてください。

お客さんの話は遮らずにしっかりと聞き、適度な相槌や共感を会話に盛り込みましょう。

お客さんがリラックス状態になればなるほど、警戒心が薄れ、あなたの商品を購入してくれる可能性も高くなります。

まとめ:テレマーケティングのコツ

電話 call

今回は、苦手意識を持つ人の多い「テレマーケティングのコツ」についてご紹介しました。

テレマーケティングに苦手意識を持つ人が多い理由の一つに、知らない人に電話をかけては断られる・嫌われるというイメージがあります。

ですが、この記事でもお伝えしたように、正しいテレマーケティングのコツさえ掴めば、相手に嫌われるどころか「電話していただいてありがとうございます!」と言われるようになるのです。

早速今から、自分のビジネスに「テレマーケティング」を取り入れて、売り上げを伸ばしましょう!

 

テレマーケティング9つのコツをマスターして確実に売上を増やす!



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。