webライター

webライターやるならブログやれ。初心者必見3つのメリット

webライターに挑戦してみたいけど、ブログも並行するメリットって本当にあるのかな」とブログにも挑戦するか迷ってはいませんか?

未経験でも始められる副業として人気のwebライターとブログ。どちらも両立している人がいたり、webライターはブログをやったほうがいいというのを時々目にしますよね。しかし、初めてのwebライターに加えてもう一つ未経験のブログに挑戦するのは負担が大きく不安もあると思います。

そこで今回は、そんな不安があってもやるべきだと思えるほどのwebライターがブログをやるメリットを解説していきます。

この記事を読めば、あなたがすぐにwebライターとブログどちらもやったほうがいいと理解できるはずです。ただ、忘れてはいけない注意点も後半に解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

webライターがブログをやるメリットはある?

結論から書きますと、webライターがブログをやるメリットはあります。

なぜなら、ブログを運営することで得られるモノがwebライターにとても役立つからです。ブログを並行する事で、webライターにもいい影響が生まれます。

詳しくは次項から説明しますが、例えばSEOライティング。自分のブログ運営の為に学んだSEOライティングスキルがwebライターの仕事の時に役立つ事があります。また、webライターで学んだことがブログ運営に役立つこともあります。

SEOとは検索エンジン最適化といい、記事を狙ったキーワードで検索上位に表示させる戦略のことを意味します。これができなければ、記事を書いても検索結果の1ページ目などに表示されず、人が集まりません。

つまり、webライターとブログはとても相性がいいのです。では、ここからwebライターがブログを並行するメリットをより詳しく解説していきます。

webライターがブログを並行するメリット

では、webライターがブログを並行してやっていくメリットを詳しく解説していきます。

  • SEOやブログの理解が深まる
  • 収益源の構築
  • ポートフォリオを持てる

の3つになります。どれもwebライターとしてかなり重要なメリットになります。

SEOやブログの理解が深まる

webライターは発注者が持っているメディア、ブログに掲載する記事の作成、本文の執筆を担当する事が多いです。

なので、webメディアやブログに対する理解ができていないと相手との認識にズレが生じててしまいます。また、中級者・上級者のwebライターとなるとSEOに対する理解を要求されることもあります。

自分でブログを運営していると、ブログの開設方法やブログで収益を出す仕組み、記事の書き方、投稿の仕方までが自然と理解できます。また、SEOも自分で実行するためSEOの基礎が自然と身に付きます。

ブログの仕組みや求められる記事、SEOについて理解しているwebライターは発注側からすれば、かなり仕事がやりやすく重宝されるでしょう。

収益源となる

webライターの収益は案件をこなせばこなすほど発生します。ですが、案件をこなさなくなると自然とお金を稼げなくなります。それに対してブログは、仕事をしていない時でも勝手に収益が発生することがあります。

場所や時間にとらわれずに仕事がしたい、今の仕事をやめてのんびり暮らしたいという想いからwebライターを始めたのであれば、ブログという収益源を育てておいて損はありません。

まったくの素人がブログを始めるより、ライティング能力に長けているwebライターがブログを始めたほうが結果が出るのが早いです。webライターの案件でSEO等の知見が深まれば、自分のブログの検索順位も上がり、収益が伸びるwin-winの状態になります。

ポートフォリオとなり、仕事獲得に繋がる

webライターとして案件を獲得するために重要なのは、自分がどんな記事を書けるのかを示すポートフォリオです。

ポートフォリオとは、あなたの実績や過去の成果物を示す作品集を意味します。デザイナーであれば過去の作品、プログラマーなら過去に携わったwebサービス、ライターなら執筆した記事をまとめたものがポートフォリオになります。

仕事をお願いする側も、webライターがどのようなクオリティの記事を作成するのかは必ず確認したいはずです。そのためのポートフォリオとしてブログは役に立ちます。

また、ライティング能力を示す以外にSEOスキルなども自身の能力としてアピールできます。1つの記事のクオリティ以外に、ブログ全体のクオリティが高ければ、webライターだけではなくディレクターとしての仕事も舞い込んでくるかもしれません。

ディレクターとは、ライターに対してキーワードや記事の構成を渡し、その進捗を管理するなどブログ運営全体を統括する役割を意味します。

webライターがブログを並行するデメリット

webライターがブログを並行するメリットだけでも、ブログをやるべきと言えますが1つだけ懸念すべきデメリットがあります。

それはブログ運営による疲労と挫折によるモチベーションの低下です。

収益源となるブログやポートフォリオとなるブログを運営するのは、簡単ではありません。時間と労力を割かなければできません。なのでブログ運営によって疲労がたまってしまい、webライターに専念できない可能性があります。

また、ブログは書けばすぐに人に読まれて、収益が発生するモノではありません。書き始めて1,2か月はブログ運営に挫折する可能性が高いです。特に収益源としてブログを始めた人ほど、全く稼げない現状に耐えられずに挫折してしまうことが多いです。

ブログに挫折してしまった事から、webライターの方でも自信を無くし辞めてしまう可能性も0ではありません。webライターとしてブログを並行する際には、無理なくやっていくことと長い目でブログを見る事が求められるというのを覚えておきましょう。

ブログとの両立失敗パターン

webライターとブログの両立する人によくある失敗パターンは、どちらも中途半端になってしまうことです。

ブログを始めたての頃は、自分のブログが出来上がっていく過程が楽しく、記事全体のデザインにも力が入ります。そうなってくると、自然とブログにばかり取り組むようになります。

ですが、ブログでは簡単に結果が出ません。なのでwebライターの時間を増やそうとします。ただwebライターはブログと違って、書きたい記事を書けるわけではありませんし、文体や内容も厳しく指定されます。そこでwebライターも楽しくないと辞めてしまいます。

hidechin
hidechin
webライターもブログも、始めたての頃の楽しい気持ちが無くなった時に一番モチベーションが無くなります。そこで辞めてしまうか否かが大きな分かれ道になると思います。

結局、ブログもwebライターもうまくいかずにどちらもやめてしまうというのが、よくある失敗パターンです。

ブログと両立させるときのポイント

webライターもブログも並行する時のポイントは、”相乗効果を考える“です。

webライターでの勉強が自分のブログに活き、ブログで学んだことがwebライターの仕事にも活きる。そんな良い循環が起きるコトを意識しましょう。

例えば、初期の段階ではwebライターもブログもライティングスキルに重点を置きます。慣れてくれば、SEOスキルやコピーライティングに時間を割きます。webライターの案件検索の際にも、それぞれのスキルが求められるものを検索するようにします。

webライターの案件をこなしていく上で何を学んでいるのか、今日のブログ記事作成では何を意識するのかなどを常に頭で考えながらやっていきましょう。

webライターがブログを並行するメリットまとめ

今回はwebライターがブログを並行するメリットと失敗パターンまで解説しました。

webライターがブログをやるメリットを以下にまとめておきます。

  • SEOやブログに対する理解が深まる
  • webライター以外の収益源になる
  • ポートフォリオとなり、案件獲得に繋がる

ただ、両立するのは簡単ではありません。それぞれの目的意識をしっかり持って、根気よく続けていきましょう。他の記事でwebライターとブログをやっていく上での重要なポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
hidechin
ひでちんです。ブロガー⇒習慣化系事業立ち上げ。お客さんを相手に毎日細々と暮らしています。時々、相談乗ったり、ビジネス・ブログのアドバイス、執筆やらをしてます。Twitterはゆるゆる。夢は北欧移住。