webライター

webライターってどんな記事書くの?初心者向け3つのジャンルと記事の書き方!

「webライターってどんな記事を書くの?」「初心者でも書けるジャンルの記事ってあるのかな?」

こんな風に思っていませんか?

webライターを始めるにあたって

  • どんな記事を書くのか
  • 自分でも書ける記事があるのか

について知りたいですよね。

今回はそんなあなたのために、webライターはどんな記事を書くのかについて説明していきます。

また、「自分に書ける記事がなさそう…」と思う人に向けた情報も書きました。なので、ぜひ最後までご覧ください。

webライターってどんな記事書くの?

webライターはweb上のあらゆる種類の記事を書きます。その中でも以下のような記事を書いているwebライターが多いです。

webライターが書く記事
  • 企業メディアの記事
  • 個人ブログの記事
  • ニュース記事
  • 取材記事・インタビュー記事
  • YouTube動画などのシナリオ

それでは、webライターが書くそれぞれの記事について解説していきます。

企業メディアの記事

webライターの多くは企業のメディアで記事を書くことが多いです。なぜなら企業のメディアはwebライターの募集が多く、比較的単価が高いからです。

また、初心者webライターが記事を書く場合には、企業メディアの記事をおすすめします

webライターとして活動していく場合、企業メディアで記事を書く機会が1番多くなります。そのため、企業メディアの記事を書くことに慣れた方がいいです。

個人ブログの記事

個人ブログとはその名の通り個人が運営しているブログ(webサイト)のことです。

webライターの中には、自分でブログを運営している人と他の人のブログを代筆している人がいます。

今後、個人ブログの運営していく予定の人は、他の個人ブログについて知るために案件を受けるのがおすすめです。

ニュース記事

現在、Yahoo!ニュースなどのサイトやSmartNewsなどのアプリでニュースを見ている人は多いです。webライターには、そのニュース記事を書く仕事があります。

ただし、ニュース記事はニュース記者や編集者など、報道関係に携わった経験がある人がやることが多いです。

なので、未経験の人にはおすすめできませんが、報道関係に携わった経験のある人は記事が書きやすいのでおすすめです。

取材記事・インタビュー記事

取材記事やインタビュー記事は芸能人やスポーツ選手、お店、ネット話題の人などに取材をして書きます。

webライターが取材と記事の執筆の両方を行うので、ライティングスキル以外にコミュニケーション力が必要になります。

YouTubeなどの動画のシナリオ

webライターの中には、YouTubeなどの動画のシナリオを作成する仕事があります。このような仕事をしているwebライターのことをシナリオライターと呼びます。

YouTubeで、オリジナルのストーリーをアニメーションを使って説明している動画を見たことはありませんか?

最近では都市伝説や歴史、スカッとする話などの動画がよくありますよね。

シナリオライターはこのような動画のシナリオを考える仕事です。

webライターが書く記事のジャンルとは?

webライターが書く記事のジャンルはたくさんあります。以下にwebライターが書く記事のジャンルの一部をまとめました。

webライターが書く記事のジャンル
  • 金融
  • 不動産
  • 美容
  • ファッション
  • 健康
  • 就職・転職
  • IT
  • 医療
  • 旅行
  • 恋愛
  • 芸能

これだけでも多いと感じませんか?もちろん上記以外のジャンルの記事もあります。

この中でも金融、不動産、美容、転職、医療のジャンルは、専門性が高いので他のジャンルに比べて単価が高いです

ここまで、webライターが書く記事の種類やジャンルについて説明してきました。次に初心者webライターはどんな記事から始めればいいのかについて説明します。

初心者webライターはどんな記事から始めればいいの?

前述した通り、初心者webライターには企業メディアの記事をおすすめしますwebライターとして活動していく場合、企業メディアで記事を書く機会が1番多くなるからです。

また、自分が書きやすいジャンルの記事から始めることがおすすめです書きやすいジャンルとは

  • 経験したことがあるジャンル
  • 興味のあるジャンル
  • 少しでも詳しいジャンル

このようなものが当てはまります。少しでも知識のあるジャンルの方が記事を書きやすいです。

ただし、webライターが記事を書くときにはインターネットなどでリサーチを行うため、それぞれのジャンルの専門家である必要はありません。

さて、ここまで読んで「自分に書けるジャンルがないな・・・」こんな風に思われた方がいると思います。

なので、次は自分に書ける記事がなくてもwebライターになる方法を説明します。

自分に書ける記事がなくてもwebライターはできる!

webライターを始めるにあたって、自分に書ける記事がなくても大丈夫です。なぜなら、webライターが書く記事には以下のような特徴があるからです。

  • 記事を書くときはリサーチが重要
  • マニュアルが用意されている

記事を書くときはリサーチが重要で、webライティングではリサーチ8割、ライティング2割といわれています。

リサーチができれば、最初から情報を持っていなくても情報を集めることで記事を書くことができます。

また、webライターとして依頼を受ける場合、書き方などのマニュアルが用意されてることが多いです。

マニュアルがあれば完璧に記事が書けるわけではないですが、マニュアルがあることで初心者webライターでも記事が書きやすくなります。

webライターが記事を書くときに必要なこと!

webライターが記事を書くときには以下のようなことができる必要があります。

webライターが記事を書くときに必要なこと
  • リサーチ
  • SEOライティング
  • レギュレーション・納期を守る

それでは、それぞれについて説明していきます。

リサーチ

前述した通り、webライターが記事を書くときにはリサーチが重要です。

リサーチには、主にインターネットや本を使います。リサーチのポイントは

  • 信頼できる情報元からリサーチを行う
  • メディアの読者を意識する

です。

リサーチでは情報元がどこなのかが大切で、記事に間違った情報を書いてしまうと依頼されたメディアの読者からの信頼度が下がります。

なので、行政や企業サイトなどの信頼できる情報元からのリサーチが必要です。

また、リサーチをするときにはメディアの読者を意識することが大切です。

特に、読者がどんな悩みを持っているのか、その悩みを解決するにはどんな情報が必要なのかを意識してリサーチをすることが重要です。

SEOライティング

SEOライティングとは、記事やメディアをGoogleなどの検索結果で上位に表示させるためのライティングのことです。

検索結果で上位に表示すると、記事やメディアの来てくれる数が増えるので、SEOライティングができるwebライターは企業から重宝されます。

なので、webライターを始めるときはSEOライティングについて知っておいた方がいいです。

レギュレーション・納期を守る

レギュレーションを守るとは、メディアで決められたルールを守ることです。

また、webライターの仕事では納期が決められています。一般的な会社員でも仕事には納期がありますよね。

webライターをする上でレギュレーションと納期を守ることは最低条件です。レギュレーションと納期が守れない場合、案件をもらえなくなります。

webライターの記事の書き方!

出典:https://unsplash.com/photos/FlPc9_VocJ4

webライターは記事を以下の手順で書きます。

  1. レギュレーションやキーワードなどクライアントからの情報を確認する
  2. クライアントからの情報をもとにリサーチをする
  3. タイトル・記事構成を考える
  4. 本文を書く
  5. 全体を整える

まずは記事を書く前に、記事を書くために必要なクライアントからの情報を確認しましょう。

次に①で確認した情報をもとにリサーチをします。このリサーチでは、キーワードで検索すると上位に出てくる記事を見て記事構成や情報を確認します。

リサーチが終わったらタイトルと記事構成を考えます。これらは記事の骨組みになるのでとても重要です。依頼内容によっては、最初からタイトルと記事構成が決められている場合もあります。

タイトルと記事構成は検索上位の記事を参考にしたり、想定される読者に合ったものを考えます。

記事の骨組みが作れたら本文を書きます。書きながら追加のリサーチを行うと記事を書きやすいです。

最後に全体を整えます。誤字脱字や正しい日本語が使えているかの確認をしましょう。

記事はこのような手順で書きます。

webライターの収入を上げるために必要なこととは?

webライターの収入を上げるために必要なことは単価の高い案件を取ることです。単価の高い案件を取るためにはSEOライティングのスキルと公開できる実績が必要です。

公開できる実績には、webライターの案件でクライアントに実績公開が許可された記事か自分で運営しているブログの記事があります。

より収入の高いwebライターになるために、公開できる実績とSEOライティングのスキルを身に着けましょう。

webライターはどんな記事を書くの?まとめ

この記事ではwebライターはどんな記事を書くのかについて説明しました。

今回の内容をまとめると以下のようになります。

webライターはどんな記事を書くの?まとめ
  • webライターの書く記事には種類がある。
  • 初心者には企業メディアの記事がおすすめ!
  • 記事のジャンルはたくさんある。
  • まずは、書きやすいジャンルから始めるのがいい!
  • 書ける記事がなくてもwebライターはできる!

webライターが書く記事にはいくつか種類がありジャンルも豊富なので、まずは書きやすいものから始めましょう。

また、「書ける記事がない・・・」と思われた方は大丈夫です!情報をリサーチすることができれば記事を書くことができます!

この記事を読んで参考になったら、リサーチについての記事も読んで理解を深めましょう。

webライティングはリサーチ命!時間短縮に繋がる方法を紹介!ライティングに関する不安を尋ねると、高確率で挙がってくるのが「リサーチのやり方」。そもそもリサーチのやり方が分からない方やリサーチ時間の...

最後までご覧いただきありがとうございました。