Twitterでのアカウント作成の注意点を現役事業家が徹底解説!!

あなたはどのようにTwitterでアカウント作成していますか?

もしあなたがTwitterをリア垢としてではなく、ビジネスアカウントとして運用しようと思っているのであれば自分のアカウントを一回見直してみてください。

実はビジネスアカウントとして運用するにはアカウント作成からチェックするポイントがあるのです。

そこで今回はビジネスアカウントとして運用する場合のアカウント作成について解説したいと思います。

スポンサーリンク

なぜTwitterのアカウント作成に力を入れた方がいいのか?

アカウントはあなたが何者なのか、有益な人なのか、何をしているのかなどのあなたの素性をフォローしていないユーザーに認知してもらうためにとても重要です。

そもそもTwitterは世界中で利用されているSNSなのでアカウント・情報が膨大にあふれています。

その星の数ほど膨大にあるアカウントの中からあなたのアカウントをフォローしてもらうためには、少しでも興味を引くようなものでないといけません。

なのでアカウント作成をする前に意識すべきところを理解しましょう。

そしてユーザーがアカウントをフォローするまでの流れは、ヘッダー→アイコン→プロフィール→固定ツイート→最新ツイートの順番でアカウントを見てフォローするかしないかを決めます。

Twitterのアカウント作成のポイント①アカウント

アカウント名

Thomas UlrichによるPixabayからの画像

まず最初は自分のアカウントの名前です。基本的には「名前+肩書」で考えましょう。

名前の部分は本名ではなくニックネームの方が望ましいです。ニックネームがあることで呼ばれやすくなり、あなた自身にファンがつきやすくなります。

ニックネームで意識することは「わかりやすく、呼びやすい」です。表記は平仮名かカタカナがいいでしょう。英語や長すぎる名前は読みづらい上に、わかりづらいのでなるべく避けましょう。

肩書は一目で何者なのかが分かるのが理想です。興味性があるような肩書を考えてみましょう。

ユーザー名

ユーザー名はアカウント名の下にある「@」から先に続くものです。

ユーザー名を注意深く見る人はほとんどいませんが、作成したばかりだと英数字がランダムに並んだものになっています。

そのままだと不自然になるので自分のアカウントだと分かるように設定しましょう。

アイコン

アイコンはアカウントの丸状に表記されているものですが、アイコンは人でいう顔に当たります。アイコンは顔にあたるものなので、信頼されるような写真やイラストにしましょう。

信頼性を持たせるのに一番適しているのが自分のリアルでの顔写真です。それもなるべく高画質なものがいいでしょう。

顔写真は、自分の手やもので顔の一部を隠してしまうと心理的に何かを隠しているのか?と思わせてしまうので、なるべく顔の表情まではっきり分かる写真にしましょう。

自分の顔写真に抵抗があるのであれば、オリジナルのイラストに設定するのも手です。なるべくプロのイラストレーターに依頼すれば、クオリティが高い自分のイラストができます。

ヘッダー

アカウントを開いた時に一番目に入りやすいのがヘッダーです。なのでヘッダーでも興味を引くようなものにすることが大事です。

さらにヘッダーの画像を作る時はアカウントの特性が出ている画像+文字を意識して加工しましょう。

文字は相手が興味を引く言葉・あなたが何者なのか分かる言葉にしましょう。

ここで注意するべきポイントはアイコンと統一感があるかどうかです。

アイコンとヘッダーのそれぞれの雰囲気が違うと相手に違和感をもたせてしまうので、注意して加工しましょう。

Twitterのアカウント作成のポイント②プロフィール

あなたが何者なのかをユーザーに知ってもらうためにとても重要なのがプロフィールです。

プロフィールで書ける文字数は160字が限界なので、限られた文字数で自己開示しなければいけません。

基本は160字ギリギリまでプロフィールは埋めるようにしましょう。

1文目(第1センテンス)

プロフィールの中でも特に1文目(第1センテンス)は力を入れて考えて書きましょう。

理由としてはユーザーがアカウントに興味を持ってアカウントを閲覧する時に、プロフィール全体を読むかどうかは1文目によって決まってしまうからです

プロフィールに限らず、記事を読んでもらうために1文章目はとても大事なものになります。1文目を考える時は以下の要素を意識すればいいでしょう。

1文目を考えるための要素
フォロワーへのメッセージ(例:筋トレするのに努力はいらない!)

自分の旗・大義名分(例:筋トレ=努力という認識を世間から消す)

目を引く実績・数値(例:特に努力もせずに〇〇して3ヶ月で60キロの重量をあげれるようになった)

ペルソナのベネフィット(例:美女から胸筋触らせて!と言われまくる)

キャッチコピー(例:全ての男性にスマートな筋トレを)

経歴

1文目で続きを読みたいと思わせられたら今度はあなたの素性を知ってもらうために、あなたがアカウント運用をするに至った経緯・経歴を書きましょう。

経歴を書くことで、あなたの素性だけでなく実績・信頼性を持ってもらえます

経歴の書き方の例としては、身長が160センチしかなく学生時代もガリガリボディ→本気で筋トレする→一回失敗するが違う方法を試して60キロのバーベルをあげれるように!→パーソナルトレーナーとして数多くの人に筋トレを教える

というように書くことができれば、経歴が伝わりやすくなります。

人間性

あなたに興味をより持ってもらうためには、あなたの存在を明確にすることや親近感を持ってもらうことが重要です。1文章であなたの性格や愛嬌が分かる文章を入れるといいでしょう。

自分のことを不特定多数に見せるのは抵抗があるという人でも、人間味を出すためには性格や愛嬌を書くのはとても有効です。

ここでの例としては、筋トレは好きだけど、ゲームの方がもっと好きです。と書いたとすると、受けて側は、以外にインドアな人などの印象を持たれます。

ここではあなたがユーザーに持ってほしい印象を想像して考えればいいでしょう。

その他

他にもプロフィールに入れたら効果的である要素はいくつかあります。

他のプロフィールの要素

自分をフォローするメリット

自分の将来のビジョン

居住地

webサイトリンク

生年月日

これらの要素もあなたの信頼性・興味性を上げる要因になるのでぜひこれらも自分のプロフィールに入れましょう。

Twitterのアカウント作成のポイント③固定ツイート

固定ツイートではプロフィールで伝えきれなかったことを補足するというイメージで考えましょう。固定ツイートもプロフィール同様140字ギリギリで書くようにするのが大事です。

自己紹介

固定ツイートで自己紹介する時は、あなたの存在がイメージできるように書くことが重要になります。

理由としてはまだまだあなたの存在が不透明であるからです。

なのでここではあなたが掲げるビジョンやこだわりを持った背景やそれに書ける想いを書くといいでしょう。

伝えたいメッセージ

フォロワーに対して伝えたいメッセージとは、あなたがアカウント運用する大義名分などを書けるといいでしょう。

例えば、過去の自分と同じ問題を抱えている人を救いたいや、自分は〇〇を成し遂げたいから共感してくれた人は応援してほしいなどの自分の想いを書くとフォロワーの興味を引きやすくなります。

まとめ

今回はTwitterのアカウント作成について解説しました。

ビジネスとしてTwitterを運用する場合はそもそもアカウント自体に興味を持ってもらわなければいけません。

なのでそのために、アイコンやヘッダーなどの普段は気にも留めないところまでこだわって設定しましょう。

アカウントを作る段階から今回解説したポイントにこだわって運用していければ、将来あなたのビジネスに大きな利益をもたらしてくれるものになります。

ぜひ今回をきっかけに自分のアカウントを見直してみてはいかがでしょうか。