【無料で使える】記事をリライトするときに必須の3つのツール

「記事のリライトをするときって、どんなツールが必要?」「リライトをするにあたっては有料のツールを使った方がいいの?」

これからリライトをしていくという状況であれば、どのツールを使うのが適切なのかはなかなかわからないですよね。便利なツールが多すぎて、どれがベストなのかわからないかもしれません。

そこでこの記事では、記事のリライト時に必須な3つのツールについて紹介していきます。事実、この3つのツールさえあればリライトは事足りてしまいます。

全て無料で使えるツールですから、記事を読みながらすぐに使う前提でこの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

記事のリライト時に必須な3つのツール

では早速、記事のリライト時に必須な3つのツールを紹介します。この3つがあれば、効果的なリライトができるようになりますよ。

  1. Google Search Console
  2. Google アナリティクス
  3. Google スプレッドシート

それぞれをどのような用途で使うのか、次章から紹介します。

リライト時に必須なツール①Google Search Console

まず1つ目は「Google Search Console」です。

こちらは掲載順位やCTR(クリック率)を調べるために活用します。

1度ブログと連携させるだけで、検索キーワードに対するクリック数や表示回数、CTR、掲載順位を自動的に計測してくれるため、非常に便利です。

リライトをする際のGoogle Search Consoleの使い方については、別の記事で紹介しているのでそちらを併せてご覧ください。

 

▼リライトをする際のGoogle Search Consoleの使い方を紹介している記事▼

>>【web+式】ブログ記事のリライト方法を0から完全解説!

【web+式】ブログ記事のリライト方法を0から完全解説!

2021年6月10日

Google Search Consoleは、検索エンジンに記事のインデックスを促すこともできます。

「インデックス登録をリクエスト」することで、何もしない時よりも早くクローラーが記事をチェックしてくれるようになります。

※新規記事を公開した時にも「インデックス登録をリクエスト」をするのがおすすめです。

リライト時に必須なツール②Google アナリティクス

続いて2つ目に紹介するのは「Google アナリティクス」です。

こちらはPV数やユーザー数などをチェックできます。

リライトをする主な目的は、①検索順位を上げること②記事のクリック率を上げることに大別されるのですが、仮に検索順位やクリック率が上がったとしても、PV数が伸びてなければ意味はないですよね。

ですから、Googleアナリティクスを使ってどの程度PV数が伸びたのかもチェックするようにしましょう!

リライト時に必須なツール③Google スプレッドシート

最後の3つ目は「Google スプレッドシート」です。

このスプレッドシートは、リライトをした記事の情報やどのようなリライトをしたのかをまとめる際に活用します。

メモを残しておけるツールであれば、必ずしもスプレッドシートである必要はありませんが、上述した2つのツールと同様にGoogleの提供しているツールなので、1つのアカウントで管理できて便利ですよ。

スプレッドシートには、記事のURLやリライト前の平均掲載順位、リライト後の平均掲載順位やPV数などを記録しておくようにしましょう。

記録を残しておかないと、あなた自身の「リライトノウハウ」が積み重なっていきません。必ず記録を残すようにしましょう。

他のツールは使わなくてOK!

リライトを行うにあたっては、上述した3つのツールを利用すればOKです!「記事 リライト ツール」と調べてみると、有料・無料のツールが紹介されていますが、特に必要ありません。

中には、別の記事の文章をコピー&ペーストすることで、自動的に書き換えてくれるツールもあるとのことですが、使うべきではありません。

アクセス解析に役立つ「Ahrefs」や「GRC」などを導入しておく分には良いかもしれませんが、必ずしも必要ではありませんので、この記事で紹介した3つのツールを使えば十分です!

まとめ

記事のリライトをするにあたっては、無料ツールを使えば十分に効果が期待できるリライトができます。

基本的に、掲載順位や記事のクリック率を上げるために行うのがリライトですから、無料で掲載順位や記事のクリック率を計測できるGoogle Search Consoleを使えば十分事足ります。

そのほか、リライト後のPVを調べるためにGoogleアナリティクスを使い、リライトの記録を残すためにGoogle スプレッドシートを活用すれば完璧です。

リライトの効果を最大化させるためにも、この記事で紹介したツールを使いこなしてみてください。

篠崎

この記事の内容が参考になったと感じていたら、Twitterでシェアをしてください!