ウェビナー

【第22回ライティングコースウェビナー】ブログ収益が2.0倍になる!営業に必要な4つのマインドセット

本記事では、「web+ Media School」のライティングコース受講者向けに実施した、「【第22回ライティングコースウェビナー】ブログ収益が2.0倍になる!営業に必要な4つのマインドセット」の概要をご紹介します。

「ブログで売上が立ってきたけど、一回爆発的に売上を上げたい!」「ライターとして活動しているけど、もっと収入が欲しい」そう思うことも多いですよね。

もちろん、ライティングスキルやマーケティングの視点など、自身のスキルアップは収入を増やすためには必要不可欠です。しかし、営業力を磨くだけで比較的簡単に収入を上げることができるのです。

今回は、「ブロガーやライターでも、営業力が必要であること」と「営業に欠かせない4つのマインドセット」を紹介しています。ぜひこの記事を最後までご覧いただき、自身の営業について考えてみてくださいね。

営業とは

あなたは営業にどのようなイメージを持っているでしょうか。押し売りや訪問販売など、あまり良くないイメージを持っている人も多いと思います。

しかし、本来営業とはただの「提案」であるため、強引に感じられるようなセールスは御法度です。

また、営業がただの提案だと考えると、友人や家族、恋人への小さな提案と差がないことに気付けるでしょう。つまり、日頃からあなたも必ず営業をしているはずなのです。

あなたがどんな活動をしていたとしても、「営業をとは何か」を知っているだけで、その活動の成果はぐんっと伸びます。

では、どんな時に営業が必要になるのでしょうか。次章で詳しく紹介します。

ブロガーが営業力を使うタイミング・例

まずはブロガーが営業力を使うタイミングを2つご紹介します。

ブロガーが営業力を使うタイミング
  1. アフィリエイトで商品を紹介するタイミング
  2. 特別単価の依頼をするタイミング

アフィリエイトで商品を紹介するタイミング

ブロガーが営業力を使うタイミングの1つ目は、『アフィリエイトで商品を紹介するタイミング』です。

ブロガーは読者がアフィリエイト広告を通して商品を購入してもらうことで売上が発生します。そのため、アフィリエイトで商品を紹介することも営業の1つなのです。

より高い売上を上げることを考えると、ただ単に利益率の高い案件を選定して紹介するのではなく、きちんと読者のニーズにあった商品を紹介していくことを考えるようにしましょう。

特別単価の依頼をするタイミング

ブロガーが営業力を使うタイミングの2つ目は、『アフィリエイト特別単価の報酬依頼をするタイミング』です。

現状、売上を上げている案件からより高い報酬をもらうために、案件を持つクライアントに対して広告として営業を行います。

その際には、ブログの読者層・数・性別などを用いて特別単価を受ける整合性をプレゼンする必要があるのです。

ここまではブロガーが営業力を使うタイミングについて紹介していきました。次章からはライターが営業力を使うタイミングについて紹介します。

ライターが営業力を使うタイミング・例

次にライターが営業を行うタイミングを2つ紹介します。

ライターが営業力を使うタイミング
  1. ライター案件を獲得するタイミング
  2. 現在受けている案件の報酬アップを提案するタイミング

ライター案件を獲得するタイミング

ライターが営業力を使うタイミングの1つ目は、『ライター案件を獲得するタイミングです。

メディア側がライターを募集していない場合、自身でライターとしての熱量を持って案件獲得のために営業を行う必要があります。

自分を商品として営業するため、家電量販店の販売員が家電の機能を紹介するように、自分自身の今までの実績を紹介することが必須になります。

その実績を元にあなたをライターとして雇うとどのようなメリットがあるのかを推測し、営業を行うとより案件を獲得しやすくなります。

現在受けている案件の報酬アップを提案するタイミング

ライターが営業力を使うタイミングの2つ目は、『現在受けている案件の報酬アップを提案するタイミング』です。

完結に言うと、「文字単価・記事単価を上げてもらうための営業」です。

しかし、このタイミングでの営業は、1つ前に紹介した『ライター案件を獲得するタイミング』とは異なり、営業の巧さはあまり関係ありません。

それよりも、過去の仕事の成果や取り組み方、人間性などで判断される可能性が多くなります。

ここまでで、ブロガー・ライターが営業力を使うタイミングについて紹介していきました。次章から実際に営業する際に必要なマインドセットを4つ紹介します。

営業力を向上させる4つのマインドセット

営業を受ける際に、「必要ないものだけど、営業担当の方は熱心に教えてくれるから思わず買ってしまった…」という経験はありませんか?

この事例からも分かるように、営業に置いて最も大切なことはテクニックや心理技術などではなく、『人間性』です。

これからは、営業をする上で必要な4つのマインドセットについて、1つずつご紹介します。

営業力を向上させる4つのマインドセット
  1. 良いと思ったものを紹介する(商品の自信)
  2. 自信を持って営業する(自分の自信)
  3. 相手のことを第一に考える
  4. 営業が失敗しても関係性を大事にする

良いと思ったものを紹介する(商品の自信)

営業力を向上させる4つのマインドセットの1つ目は、『良いと思ったものを紹介する(商品の自信)』です。

営業する際には、「商品だから営業する・売る」を目的にしてはいけません。あくまでも相手のことを考え、商品を通して相手の利益を上げることを目的にしましょう。

営業する際に悪い例として以下のような営業はしないようにしましょう。

  • 「ライターとして自信はないですが、精一杯頑張ります!」
  • 「初心者ですが、頑張ります!」
  • 「うちのブログはほとんどPVがありませんが、ぜひ特別単価を下さい!」
[/box]

商品に自信を持って営業しなければ、相手方はあなたの提案を採用する(成約する)ことはありません。

自分の商品の「良い部分」と「悪い部分」をしっかり見極めた上で自信を持って営業しましょう。

自信を持って営業をする(自分の自信)

営業力を向上させる4つのマインドセットの2つ目は、『自信を持って営業する(自分を自信)』です。

ただ「自信があります!」と言えば良いわけではありません。しっかり自信を持てるくらいの知識量・活動量・熱量を持つ必要があります。

相手方も誰の営業を成約させれば一番利益が出るのか、がわかりません。そのため、やり切る自身・目標を達成させる自信が無ければ、成約してくれることはないのです。

「自分が営業すれば、成約(案件獲得・特別単価を獲得)する!」という自信を持って営業するようにしましょう。

相手のことを第一に考える

営業力を向上させる4つのマインドセットの3つ目は、『相手のことを第一に考える』です。

営業をする上であなたの目的は「成約させること」です。しかし、そのことばかり考えて営業をすると、押し付けがましい営業になってしまいます。

そのため、相手方からすると、自身(クライアント)の利益を第一に考えてプレゼンしてくれる人の方が好印象になります。

相手のことを想い続けながら活動を続けることで、相手も自分のことを想ってくれるようになり、最終的にはあなたにとっても利益のある関係になっているはずです。

営業が失敗しても関係性を大切にする

営業力を向上させる4つのマインドセットの4つ目は、『営業が失敗しても関係性を大切にする』です。

営業が失敗した理由は、全てあなたにあるわけではありません。「今すぐライターが欲しいという状況ではない」「今広告費に余裕がない」など、どうしようもない理由で失注することも多いのです。

また、初対面の人が営業するよりも、面識のある人からの営業の方が成約しやすいです。

そのため、失注後にもSNSで挨拶に行ったり、定期的に連絡をしたり、「どうしたら成約してくれるのか」をヒアリングしたりすると、相手方から声をかけてもらう可能性が高くなります。

まとめ

今回は、『どんな職業の人であっても営業は役に立つスキルである』ことと『営業はテクニックよりも、マインドセットが重要である』ということを紹介しました。

ブロガーやライターとして活動を続けていくと、収入が安定せず、焦ることも多々あるでしょう。しかし、そんな時こそ営業に目を向けて、誠実に人間関係を構築していくことがあなたの収入アップに繋がります。

ぜひこの記事を参考に営業直に目を向け、『営業力を向上させる4つのマインドセット』を身に付けてくださいね。

このウェビナーは、2021年3月27日に開催されました。本編は「マイページ」→「ウェビナー資料」→「【第22回ライティングコースウェビナー】」をご覧ください。