【第20回ライティングコースウェビナー】ここだけ見ておけばOK!Googleアナリティクスのチェックすべき指標を紹介!

本記事では、「web+ Media School」のライティングコース受講者向けに実施した、「【第20回ライティングコースウェビナー】ここだけ見ておけばOK!Googleアナリティクスのチェックすべき指標を紹介!」の概要をご紹介します。

「Googleアナリティクスって、名前は聞いたことがあるけど、実際にどんな風に活用すればいいのかわからない」と悩んではいませんか?

ブログをやっていると、Googleアナリティクスは活用した方がいいと聞くこともあるでしょう。ただ、なかなか使い方がわからず使いこなせないというのは、よくある悩みです。

そこで今回のウェビナーでは、チェックしておくべきGoogleアナリティクスの5つの指標や、もっと有効に活用していきたいと考えている方向けに便利な2つの機能を紹介しています。

Googleアナリティクスの使い方で悩んでいる方は、ぜひこの記事もチェックしていただいた上で、本編もご覧ください。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスを使うときの「あるある」な悩み

ブログやサイトを運営している人が、ほぼ間違いなく導入しているのが「Googleアナリティクス」です。

どうしてもGoogleアナリティクスに慣れていない人にとっては、「何を見ればいいのかわからない」「使いこなせない」というのが本音でしょう。

本編では、参加者の方から「悩みを抱えてしまうその理由」についてアンケートを取り、ウェビナースピーカーが思う「その理由」について解説しています。

Googleアナリティクスでできること

「なぜ悩みを抱えてしまうのか」という理由に触れた後に、Googleアナリティクスでできることについて、簡単に紹介しています。

スライドに記載があるように、解析ツールを使う理由は「仮説の検証」ですから、そもそも仮説がなければどこを見ればいいのかは、分かりません。

そこで、Googleアナリティクスでできることを紹介し、仮説を立てる際の参考として活用していただくのが、この章の狙いです。

Googleアナリティクス活用に当たってのポイント

今回のウェビナータイトルが「ここだけ見ておけばOK!Googleアナリティクスのチェックすべき指標を紹介」ですから、指標についてもお話ししているのですが、まずその前に知っておいてもらいたいことが4つあります。

その4つというのは、以下の通りです。

  1. どのような指標がチェックできるのかを知っておく
  2. 仮説を立てて、それを検証するために使うと心得る!
  3. 「全てを使う必要がない」と認識する
  4. 頼りすぎない

Googleアナリティクスは便利ではありますが、必ずしも全ての指標を使う必要はありません。そして、あまりに頼りすぎてしまい自身の頭で考えることをやめる事態に陥ってもいけません。

本編では、Googleアナリティクスを使うときの4つのポイントを、それぞれ詳しく解説します。

チェックしておくべき指標

「Googleアナリティクスを使うときの4つのポイント」を学んでいただいた後に、チェックすべき指標について紹介しています。

今回紹介している5つの指標を使うことで、どんな項目がチェックできるのか・どんな数字を追うことができるのかを簡単に紹介しました。

「今すぐGoogleアナリティクスを使ってみたいけど、どこを見ればいいかわからない」という人は、まずはこの5つから分析してみてください。

知っておくと便利な2つの機能

おまけとして、覚えておくと便利な「セグメント」と「セカンダリディメンション」のという、2つの機能について紹介しています。

それぞれ似たような言葉ですし、「どんなものなのか」を想像することはできないかもしれませんが、本編ではこの2つの機能を活用した場合に、どんなことがわかるのかを紹介しています。

Googleアナリティクスを、もっと有効に活用していきたいと考えている方は、ぜひこの2つの機能を活用してみてください。

まとめ

Googleアナリティクスを上手く活用できるようになると、あなたのブログはどんどんとPVを増やし収益も増やしていくことでしょう。

「無料なのに、こんなに使えちゃっていいの?!」と思えるくらいに充実した機能を兼ね備えているGoogleアナリティクス。

今回のウェビナーで紹介している5つの指標と2つの機能を活用して、今後のあなたのブログ運営に役立ててみてくださいね。

 

このウェビナーは、2021年1月16日に開催されました。本編は「マイページ」→「ウェビナー資料」→「【第20回ライティングコースウェビナー】ここだけ見ておけばOK!Googleアナリティクスのチェックすべき指標を紹介!」をご覧ください。