【第14回ライティングコースウェビナー】見出し構成のポイント・興味を引く見出しタイトルの付け方を徹底解説

本記事では「web+ Media School」のライティングコース受講者向けに実施した、「【第14回ライティングコースウェビナー】見出し構成のポイント・興味を引く見出しタイトルの付け方を徹底解説」の概要をご紹介します。

見出しタイトルをつける際、キーワードをただ並べるだけの手抜きになっていませんか?見出しタイトルを考えずにつけると、あなたの記事を最後まで読んでもらえない可能性も。

読者に最後まで記事を読んでもらい行動してもらうことで、ブログの収益化にも繋がりやすくなります。

そこで今回のウェビナーでは、見出し構成の5つのポイントや、読者の興味を引く見出しタイトルの付け方について紹介します。

見出しの構成や見出しタイトルを考えずに執筆している方、同箇所をよく添削されることが多い方は、ぜひこの記事をチェックしていただいた上で、本編もご覧ください。

スポンサーリンク

見出しの必要性

ブログを読んでいると見出しが全くない、または多くても3つほどしかない記事をよく見かけます。(web+ライター様以外のブログの話です)

おそらく見出しの必要性を分かっていないから、見出しを付けなかったり、少数の見出しのみで済ませてしまったりするのでしょう。

本編では、参加者の方から「見出しを付ける理由」についてアンケートを取り、ウェビナースピーカーが思う「見出しを付ける理由」について解説していきます。

見出し構成の5つのポイント

見出しが必要な理由について解説したあとに、見出し構成の5つのポイントについて紹介していきます。

紹介しているポイントはweb+内で質問・添削の多い項目でもあり、多くの人が躓く箇所を抽出して詳しく解説しています。

見出し構成で分からないことは、当ウェビナーをチェックすれば解決できる内容となっていますよ。

興味を引く見出しタイトルの付け方

キーワードを並べただけの見出しタイトルを付けてしまう人に実践してもらいたいのが、以下の2つです。

  1. 読者のベネフィットを提示する
  2. 読者が内容をイメージできるように書く

共通する事柄は、「より具体的に」ということです。

本編では「良い例」「悪い例」を用いながら、解説していきます。言葉のみの説明では理解しづらい部分ですが、例があることでよりイメージしやすくなっていますよ。

見出し3は作った方が良い?

最後に記事の読みやすさに関係する、見出し3についても紹介しています。特に執筆に慣れていない人は、利用するか悩むことも多いでしょう。

本編ではどのような場面で見出し3を使用すれば良いのか、使用した方が良い理由について解説しています。

まとめ

見出し構成や見出しタイトルを工夫することで、読者の回遊率や滞在時間を伸ばすことも可能です。その結果SEOに良い影響を与え、検索順位を上げることも期待できるでしょう。

ついつい、手を抜きがちな見出しですが、ウェビナーをチェックして今後のあなたのブログ運営に役立ててみてくださいね。

 

このウェビナーは、2020年7月18日に開催されました。本編は「マイページ」→「ウェビナー資料」→「【第14回ライティングコースウェビナー】見出し構成のポイント・興味を引く見出しタイトルの付け方を徹底解説」をご覧ください。