【第12回ライティングコースウェビナー】リライトのやり方・やるべきタイミングを徹底解説

本記事では、「web+ Media School」のライティングコース受講者向けに実施した、「【第12回ライティングコースウェビナー】リライトのやり方・やるべきタイミングを徹底解説」の概要をご紹介します。

「リライト」は、SNS上でも頻繁に「やった方がいい」と言われているのでやった方がいいと認識はしているものの、そもそもなぜやるべきなのか・何をすべきなのか、は認識していますか?

今回のウェビナーでは「そもそもなぜリライトをやるべきなのか」というところから紹介しているので、本編をしっかりとご覧いただくことで「目的なくリライトを行う」事態には陥らずに済むでしょう。

どんな風にリライトをすればいいのかを知りたいという方は、ぜひこの記事もチェックしていただいた上で、本編もご覧ください。

スポンサーリンク

そもそもリライトとは何か

早速本題へと入っていきたいところですが、そもそも「リライト」とは何をすることを指しているのでしょうか?

こちらの質問は、ウェビナー参加者の方にも時間をとって考えていただいた内容ですので、あなたもこのタイミングで考えてみてください!

なぜリライトをやるべきなのか

「リライト」が何をすべきなのかわかったら、続いては「なぜリライトをやるべきなのか」を考えてみてください。

SNS上では「リライトをやった方がいい」という声を目にする機会はあるかと思いますが、「そもそもなぜやるのか」「目的は何か」を把握しておかなければ、やる必然性が出てきません。

こちらの質問も、ウェビナー参加者の方にも時間をとって考えていただいた内容ですので、あなたもこのタイミングで考えてみてください!

リライトをやるべきタイミング

「なぜリライトをするべきなのか」がわかったら、続いてリライトをやるべきタイミングについて学んでいきましょう。

ズバリそのタイミングは「公開してから3ヶ月以上経過してから」です。半年後・1年後など、公開後3ヶ月より遅くても問題はありません。

「最低でも3ヶ月経過してから」と考えてください。ただし、全ての記事をリライトする必要はありません。

リライトを行うにあたっての注意点なども本編にて紹介していますので、ぜひご確認ください。

リライトのやり方・手順

最後に、リライトのやり方や手順を紹介しています。この画像に書かれている手順で進めましょう。

特に2~4については「あなたがリライトをする目的」によって、リライトの仕方やチェックすべき指標なども異なります。

ですから、先ほど考えていただいた「なぜリライトをやるべきなのか」を考えた上で、リライトを行なってみてください。

本編では「こういう目的がある場合には、こんなリライトをしましょう」という形で例も紹介していますので、ぜひとも参考にしてみてください。

まとめ

目的に対して適切なリライトを行えば、目に見える形でPV数や売り上げが伸びてきます。ただし、「ただやった方がいいから」という理由でリライトを行なっていては、結果につながりません。

今回のウェビナーでは「そもそもなぜリライトをやるべきなのか」というところから紹介しているので、本編をしっかりとご覧いただくことで「目的なくリライトを行う」事態には陥らずに済むでしょう。

ぜひ本編で紹介している内容をもとにリライトを行い、あなたのブログのPVや売り上げを伸ばしていってください!

 

このウェビナーは、2020年5月16日に開催されました。本編は「マイページ」→「ウェビナー資料」→「【第12回ライティングコースウェビナー】リライトのやり方・やるべきタイミングを徹底解説」をご覧ください。