【第6回ライティングコースウェビナー】ブロガーが絶対に知っておくべきAmazonアソシエイトの基礎・基本

本記事では、「web+ Media School」のライティングコース受講者向けに実施した、「【第6回ライティングコースウェビナー】ブロガーが絶対に知っておくべきAmazonアソシエイトの基礎・基本」の概要をご紹介します。

Amazonアソシエイトは、初心者が非常に取り組みやすいアフィリエイトです。なぜかというと、普段あなたがお客さんとして使っているAmazonの商品を、何でも売ることができるから。(※一部例外もあります。)

今回のウェビナーでは、そんなAmazonアソシエイトの特徴やアフィリエイトリンクのおすすめの貼り付け方についても紹介しています。ぜひこの記事もチェックしていただいた上で、本編もご覧ください。

スポンサーリンク

ASPとは?

本編では、Amazonアソシエイトについて紹介する前に、ASPというサービスについて簡単に紹介しています。

(※ASPについては、10回目のウェビナーで詳しく解説しています。まずは「【第10回ライティングコースウェビナー】ASPの基礎徹底解説」の記事から、ご確認ください。)

そもそも「ASP」の仕組みについて知っておかないと、「公式サイトのURLを貼り付けるだけ」という無駄な動きをしてしまう可能性もあるのです。

ASPの種類

ASPについて簡単に理解していただいたところで、続いてはASPの種類について紹介しています。

今回紹介するAmazonアソシエイトは、楽天と同様に自社の通販サイトを持っているのが特徴です。

Amazonアソシエイトの特徴

ASPの種類について簡単に理解してもらった後に、本題となるAmazonアソシエイトの紹介に入っていきます。

Amazonは誰もが知る通販サイトであり、商品数が圧倒的に多かったりイベントを定期的に開催していたりする点が、大きな特徴です。

この画像で紹介している4つの特徴について、ウェビナー本編ではさらに深掘りして紹介しています。

そのほかのASPの特徴

Amazonアソシエイトの特徴を把握してもらいましたが、そもそもAmazonアソシエイトの強みに気づくためには、そのほかのASPの特徴も把握しておく必要があります。

今回紹介している3つの点というのは、「自社で通販サイトを持っていないASP」におおよそ当てはまる内容と考えてください。(※それぞれのASPで細かな特徴は異なるので、大まかな共通点であると認識してください。)

「Amazonアソシエイト」と「そのほかのASP」の特徴を比較してみると、Amazonは「基本的に何が売れても報酬が発生する」というのがかなり大きなメリットであることが浮かび上がってくるでしょう。

Amazonアソシエイトを貼る記事の書き方

Amazonアソシエイトを活用すれば、基本的にはAmazonで販売されている商品全てが報酬発生の対象となるため、自分自身の好きな商品を紹介することが可能になります。(※一部、報酬発生対象外商品もあります。)

実際にアフィリエイトをするためには、商品を紹介する記事を書く必要があるわけですが、Amazonの商品を紹介する場合には「クリックさせること」が最大の重要ポイントです。

なぜ「最大の重要ポイント」と言い切れるのか?その理由は、次章で紹介しています。

なぜクリックさせることが大事なのか

「なぜクリックさせることが重要なのか」という問いの答えは、ズバリ「訪問者がクリックした先で商品を購入すると、広告を貼った人の報酬になるから」です。

つまり「訪問者にクリックしてもらったら、記事内で紹介していない商品であっても売れた場合には報酬になる」ということなのです。さらに詳しい内容については、本編をご覧ください。

Amazonアソシエイトのおすすめの貼り付け方

実際に記事内でAmazonの商品を紹介する場合のリンクの貼り方ですが、WordPresを使っている人の場合には「Rinker」が、無料ブログを使っている人の場合には「カエレバ」がおすすめです。

その理由は、購入意欲がある人の取りこぼしがなくなるから、です。

なぜ「Rinker」や「カエレバ」を使うことで、購入意欲がある人の取りこぼしがなくなるのかという理由については、あるデータを用いながら紹介していますので、詳しい内容は本編をご覧ください。

案件の探し方

リンクの貼り方がわかったところで、本編最後では「案件の探し方」について紹介しています。

とはいえ、やることはただ1つ。「とにかくAmazonで探す」に尽きます。

あなた自身が紹介したい商品や、あなたのブログジャンルに合う商品がないかどうかを、Amazon内で探してみてください。

まとめ

Amazonアソシエイトは、一般的なアフィリエイト(クレジットカードや会員登録などの案件)に比べて、取り組みやすいと言えます。

その理由は、今回紹介してきたように「基本的には何が売れても報酬が発生する」という点です。

その分、一般的なアフィリエイトに比べると1件あたりの報酬額が少ないなどのデメリットもありますが、Amazonのアフィリエイトリンクをクリックしてもらうだけで、報酬が発生する可能性があるというのは魅力の1つです。

ぜひ今回のウェビナーを参考にしながら、Amazonアソシエイトに取り組んでみてください。

 

このウェビナーは、2019年10月19日に開催されました。本編は「マイページ」→「ウェビナー資料」→「【第6回ライティングコースウェビナー】ブロガーが絶対に知っておくべきAmazonアソシエイトの基礎・基本」をご覧ください。