ウェビナー

【第11回ライティングコースウェビナー】新サービス「websteer」の概要説明

本記事では、「web+ Media School」のライティングコース受講者向けに実施した、「【第11回ライティングコースウェビナー】新サービス「websteer」の概要説明」の概要をご紹介します。

今回のウェビナーテーマである「websteer(ウェブステア)」は、web+が提供しているブログサービスです。

ブログ運営を始めるにあたっては準備すべきことがたくさんあるため、その面倒ごとによってブログを始めることを断念してきた方にもブログを運営してもらいたい、という思いから立ち上げたサービスです。

「websteerについて知ってみたい」「個人でブログを運営することは断念していたけど、まだやりたいと思っている」という方は、ぜひこの記事もチェックしていただいた上で、本編もご覧ください。

websteerとは?

「websteer」は、web+が提供しているブログサービスです。

通常ブログ運営を始めるとなると、WordPressを立ち上げたりサーバーやドメインを取得したりする必要があり、「ブログで記事を書く」までにやるべきことがたくさんあります。

さらに、サーバーやドメインを契約するにあたってはお金もかかりますし、場合によっては月額固定の費用が発生することもあります。

そんな「面倒ごと」をせずともブログを運営してもらえるよう、web+で「登録型」のブログサービスを立ち上げました。

websteerの特徴

簡単にwebsteerの特徴を紹介します。websteerは、1つのブログに対して複数人で記事を書き上げていくという仕様をとっています。

そのため1人で運営する時よりも記事数の増加ペースはアップしますし、相互に内部リンクを張り合うことも可能です。

当然ながらあなた自身のアフィリエイトリンクを貼ることもできますから、資産を作りながら収益化も目指せるのがwebsteerの特徴です。

ただし、web+が関している関係上、個人ブログならばできることがwebsteerではできない、というケースもあります。その内容についても本編で紹介していますので、ご確認ください。

※本編にて紹介している「band」ですが、すでにサービスを停止しております。

ブログでの稼ぎ方

websteerを始めとし、ほとんどのブログの収益化は、画像に記載がある3つの方法がメインとなってきます。

この4章で紹介している「ブログの稼ぎ方」は、個人でブログを運営している方にとっても参考になる内容となっていますので、ぜひ本編をご確認ください。

websteerの使い方

本編最後には、websteerの使い方を紹介しています。画面を操作しながらご案内しますので、ぜひご確認ください。

まとめ

副業の1つとして人気が高い「ブログ」。確かに、初期費用はほぼ必要ないため(※利用するブログサービスによっては、数千円単位のお金が必要になる。)、始めやすいというのは事実です。

とはいえ、準備したり管理したりする手間が非常にかかるため、ブログをやろうと思った人の中には「開設が面倒だから、ブログは辞めよう」と諦める人も多く出てきてしまっています。

そんな人の悩みを解決するために提供しているのが、「websteer」です。すでにライティングコースに参加している方ならば誰でも利用可能ですので、ぜひ「websteer」を使ってブログをスタートさせてみてください。

 

このウェビナーは、2020年4月18日に開催されました。本編は「マイページ」→「ウェビナー資料」→「【第11回ライティングコースウェビナー】新サービス「websteer」の概要説明」をご覧ください。

ABOUT ME
web+運営部
web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。