無駄のない文章が書けるようになる推敲(すいこう)4つのポイント

今回は、自分が書いた文章の推敲(すいこう)をする際のポイントを紹介します。

あなたはブログやSNSなどに文章を書く際、「書いたら終わり」になっていませんか?

実は、質の高い文章を作るポイントは、文章を書いた”後”にこそあるのです。

より質の高い文章を作るためにも、この記事で解説している「推敲の4つのポイント」をしっかり押さえておきましょう。

特にライターさん、ブロガーさんは必見です!

スポンサーリンク

読みやすい文章は推敲がポイント!

Pexels photo 414565

世の中には数多くの文章テクニックがあります。その中でも特に大事なのに軽視されがちなのが、「推敲(すいこう)」です。

推敲とは、一言で言うと「より良いものにするための文章の練り直し」です。

ちなみに、同じような意味で使われる言葉に「校正(こうせい)」がありますが、厳密には「推敲」と「校正」は同じではありません。

推敲と校正の違い
  • 推敲:文章をより良いものにするため、内容や言い回しなどを修正する作業
  • 校正:誤字脱字や誤植といった文法上の間違いを修正する作業

「推敲」と「校正」に関しては豆知識にすぎませんが、文章を書く仕事をしている人はこの機会にしっかりと違いを理解しておきたいところです。

とはいえ、「推敲」と「校正」は役割がかぶることもあるため、この記事では「推敲」と「校正」の2つを合わせて「推敲」という言葉を使います。

スポンサーリンク

文章を推敲する時に意識してほしい4つのポイント

Hands coffee cup apple

ではここからは、推敲のポイントを具体的に解説していきます。

どれもも「言われてみれば当たり前」なことなのですが、これを実際にやるかどうかで文章の読みやすさは圧倒的に変わってきます。

ぜひ、知識として取り入れるだけではなく、実践してみてください。

文章推敲4つのポイント
  1. 1日置いてから読み直す。
  2. 印刷して読み直す。
  3. 声に出して読み直す。
  4. 他人にチェックしてもらう。

上記4つのポイントについて、それぞれ詳しく解説します。

1日置いてから読み直す。

読みやすい文章を書くための1つ目のポイントは、1日置いてから文章を読み直すということです。

完璧に書いたと思っている文章でも、「あとで読み直すと何が言いたいのかよくわからない」という現象は、文章を書く仕事をしていれば誰しも一度は経験があることでしょう。

文章を書いている最中は目の前の文章に精一杯で、全体的な視点や読みやすさにまで気が回らないものです。

1日時間をおいて、客観的かつ幅広い視点で文章を読み直すことで、執筆時には気がつかなかった小さなほころびにも気がつけるようになります。

印刷して読み直す。

本当に大事な文章を書く際は、パソコン上で読み直すだけではなく、紙に印刷して文章を読み直すのもおすすめです。

やってみるとわかりますが、パソコンで見る文章と紙に印刷して見る文章では、見え方が全く違ってくるので不思議です。

正直、かなり手間がかかるので、すべての文章でこれを行うのは難しいでしょう。

それでも、パソコンから紙へと媒体を変えて読み直すことで、より客観的に文章を見直すことができます。一度騙されたと思って実践してみてください!

声に出して読み直す。

自分の文章が読みやすいかどうかをチェックする方法として、最も手軽で効果的なのが「声に出して読み直す」ことです。

よくある失敗として、「目で見る分には問題ないけど、口に出すと語呂やリズムが悪くて読みづらい」といった問題もあります。

声に出すと、目だけではなく口や耳を使って文章を味わうことができるので、見ただけでは気づかなかった小さな見落としも見つけることができます。

僕も個人的に実践している非常に効果的な文章推敲テクニックです。

他人にチェックしてもらう。

自分が書いた文章も最終的に読んでもらうのは他人です。であれば、自分ではなく他人に文章をチェックしてもらうのが最も効果的な方法になります。

他人に文章を読んでもらうことは、誤字脱字といった基本的なチェックだけではなく、無意識に使ってしまっている専門用語をチェックする際にも有効です。

例えば、僕自身はライターとしてそれなりに仕事をしているので、「推敲」という言葉はよく使います。でも、駆け出しのライターの方であれば、この言葉を知らない人もいることは予想できますよね。

そのため、この記事でも「推敲(すいこう)」と読み仮名を振ったり、推敲とは何かについて軽く説明を入れています。

このように、自分が書いている文章が自分の専門分野であればあるほど、読者を置いてけぼりにする可能性があるので、他人に文章をチェックしてもらうことが大切なのです。

まとめ:文章の推敲は4つのポイントを常に意識!

Photo 1507925921958 8a62f3d1a50d

今回は、質の高い文章を書くための4つの推敲のポイントについて解説しました。

現実問題として、どれだけ慎重に記事を書いても後から見返すと、小さなミスはかなりの確率で出てきてしまうものなのです。

一度の執筆で完璧を目指すより、文章執筆と推敲の2ステップで読みやすい文章を目指した方が、結果的に少ない手間で質の高い文章を書けるようになります。

今よりも読みやすい文章を書きたいという人は、ぜひ文章を書いた”後”に力を注いでみましょう。

さて、これだけ文章の推敲について語っておきながら、この記事に誤字脱字などがあったら恥ずかしいので、今から念入りに見直しをしないといけないですね。。。

 

ちなみにですが、自分自身で文章の推敲をするのはめんどくさい、という人は便利なツールに推敲を任せてみるのもありですね。自力で推敲しなくていのでおすすめです。そのツールの名前は「文賢」です。

無駄のない文章が書けるようになる推敲(すいこう)4つのポイント

【無料】初心者ブロガー”だけ”の為の「SEO対策7つのコツ」

100記事書いたのに、PV数が6,000。そんな悲惨な状況を打破したいブロガーがすべき対策とは?

意外と知らないSEO対策のコツをまとめました。


web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。