webコピーライターとは?仕事内容や報酬、始め方を解説!

あなたはwebコピーライターというお仕事をご存知でしょうか?「ライター」は聞いたことがあるけど、これは聞いたことがない…という状態かもしれませんね。

近年ではライター案件がネット上に非常に多く出回っており、初心者の方でも簡単にお金を稼ぐことができることから、非常にハードルが低い仕事として注目されているんです。

今回の記事では、いったいwebコピーライターとはどのような職業なのか、そしてどのようなスキルや資格が求められるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

webコピーライターとは?

今回紹介するwebコピーライターは、ライターの仕事の一種です。ライターという仕事を細分化したときに、webコピーライターが登場すると考えてください。

一般的にライターは「集客のためのコンテンツ作りをする人」を指し、webコピーライターは「集客した人を成約まで持っていくコンテンツ作りをwebでする人」を指します。

webコピーライターの特徴は「集客した人を成約まで持っていく」のが仕事であるという点です。

ただ文章を書くだけではなくて、商品を購入してもらったり会員登録してもらったり、成約させる文章を書く仕事ですので、少し専門的な知識が必要となります。

webコピーライターの取引先は?

一般的なwebコピーライターの取引先は、おもに広告代理店や広告制作会社・制作プロダクションです。大手の広告代理店ともなると大勢のwebコピーライターがいます。

これらの企業は、案件によっては外注を行うケースもあり、外注をする際に仕事を請け負うのが、webコピーライターになります。

よって、webコピーライターのクライアントは依頼を受けた個人や企業や、受けた案件をさらに外注した広告代理店や広告制作会社・制作プロダクションとなります。

webコピーライターの報酬はどのくらい?

webコピーライターがどのくらいの報酬を得られるのかを紹介していきます。webコピーライターの報酬は、基本的に「文字単価」という考えを基準として計算します。

ほとんどの依頼される記事には、最低文字数に規定があるケースがほとんどです。よって、文字単価 × 規定文字数 = 報酬報酬という計算式で報酬額が決まります。

例えば、2000文字の記事を書いてほしいという依頼の文字単価が「¥0.5」であった場合、1記事当たりの報酬は「2,000文字 × ¥0.5 = ¥1000」となります。

規定となる文字数は依頼主によって異なり、500文字〜1万文字など、様々です。一般的な文字単価の相場は¥1ほどで、専門的な知識を必要とするものは単価が高くなります。

webコピーライターになるメリットは?

文章を書くこと自体は誰でもできますし、誰もがやることですが、こと「ライター」ともなると、必ずしも多くの人が経験しているとは限りません。

多くの人が経験しているわけではないとなれば、当然他の人が持ち合わせていないスキルを身に着けることができるというのが、1つの大きなメリットです。

例えば、SEO対策や編集・マーケティングに関する知識はもちろんのこと、多くの分野の執筆をしていれば、執筆した業界の専門知識も得られるでしょう。

時間を費やした分だけ、経験がスキルや知識として身につく、非常にリターンの大きい仕事です。

webコピーライターになるために資格は必要?

webコピーライターになるために必要な資格はありません。「宣伝会議賞」などのコピーライティングの賞に入賞することで、採用に有利になる可能性はあります。

しかし、大手の広告代理店は、4年制大学卒業の学歴を必須としている傾向にあります。大手の広告代理店にwebコピーライターとして採用されたいという方は、大学への進学をおすすめします。

それ以外にも、コピーライター講座等にて自分のスキルを高め、人脈を広げてキャリアにつなげているwebコピーライターも多くいらっしゃいます。

webコピーライターは副業にできる?

webコピーライターは、副業としてでも十分に活躍することができます。現役でも会社員として本業をこなしつつ、webコピーライターの仕事をしているという方はかなり多くいらっしゃいます。

自由なタイミングで仕事をすることができるため、仕事の移動時間や仕事が終わった後、休みの日など好きなタイミングでお金を稼ぐことができます。

ライティングを自身のライフスタイルに合わせて楽しむことができる、素敵なお仕事です。

webコピーライターの雇用形態

webコピーライターは大きく分けて、正社員・契約(派遣)社員・フリーランスの3つの雇用形態に分かれています。大手の広告代理店で働いているコピーライターのほとんどは、正社員です。

中小規模の広告代理店や広告制作会社にて仕事をしているwebコピーライターには、正社員以外にも契約社員・派遣社員の割合が多高まっています。

フリーで活躍するwebコピーライターも増えています。個人事務所を構える方もいれば、先ほど紹介したクラウドソーシングで難易度の低い案件を受注する、副業としてのwebコピーライターもいるんですよ!

フリーのwebコピーライターになるには?

今は、クラウドソーシングサイトに登録することで特別な資格がなくても仕事を受注することができ、誰でも簡単にwebコピーライターになることができます。

初心者の方は、まず国内最大規模のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」や、同じく規模の大きい「ランサーズ」に登録することをおすすめします。

この2つのサイトでは日々たくさんの案件の募集があり、初めての方でも引き受けられる仕事を簡単に見つけることができます。自分にあった素敵な仕事を見つけましょう!

企業の専属webコピーライターになるには?

企業では特に中途採用としての求人が多いです。大手の広告代理店では狭き門となっていますが、中小の代理店や広告制作会社では多くの求人が行われています。

しかし、経験者であることは必須という傾向にあり、選考の際は過去の実績やスキルが問われています。宣伝会議賞などに出場し、よい結果を残すなどして、実績を作ることが大切になるでしょう。

現在は広告宣伝費を増加させている企業が多く、インターネット広告など新たな分野も開拓されています。実力ひとつで一旗上げるのも夢ではありませんよ!

おわりに

今回は、場所を選ばずに好きな時間で仕事をすることができるwebコピーライターをご紹介しました。最後まで読んでいただけた皆さんにその魅力が伝わっていれば幸いです。

もしもあなたの理想のライフスタイルにwebコピーライターが合いそうでしたら、間違いなくwebコピーライターを始めるべきと胸を張って言うことができます。

webコピーライターは資格を必要とせず、誰でもなることができる可能性のある仕事です。副業としてでも十分に機能しますので、ぜひやってみてくださいね!