ライター

ゲームライターとはどんな仕事?具体的な業務内容や収入を徹底解説

ゲームライターという職業を聞いたことはあっても、具体的にどんな仕事をしているのかは知らないな、と思っていませんか?

この記事ではそんな方のために、ゲームライターとはどんな職業かを業務内容収入も含めて紹介していきます。

ゲームライターという仕事が気になっている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-%e3%83%a1%e3%83%a2%e5%b8%b3-620817/

ゲームライターとは

https://pixabay.com/ja/photos/fortnite-4129124/

ゲームライターとは、雑誌やwebサイトなどでゲームに関する記事を執筆したり、ゲームの攻略本を執筆したりする職業のことです。

執筆のために発売前のゲームをプレイすることや、イベントやショーにて一般客が入れない場所に入って取材を行う貴重な機会が得られることが魅力の1つです。

ゲームに関するメディアを運営する会社や、ゲームの攻略本を制作している編集プロダクションに勤めるか、フリーランスのライターとして記事を執筆することになります。

また、ゲームのシナリオやスクリプトを執筆する職業も同じくゲームライターと呼ばれていますが、業務内容が全く異なりますのでこの記事では扱いません。

ゲームライターの業務

ゲームライターの主な業務は以下のような流れで行われています。

ゲームライターの業務の流れ
  1. 企画をたてる
  2. 取材
  3. 記事の執筆
  4. 納品

まず、どんな記事にするか企画をたてることから始まります。「こういう記事を書いてください」と依頼される場合もあれば、ライター側から「こういう記事を書きたいです」と提案することもあります。

その後、必要であれば取材を行い、記事の執筆を行います。クライアントからの確認が入り、修正が完了したら納品です。

クライアントとの認識がズレていると、大幅な修正や度重なる修正を必要とする場合がありますので、基礎となる打ち合わせがとても重要になります。

ゲームライターの収入

https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3-%e9%80%9a%e8%b2%a8-%e6%8a%95%e8%b3%87-%e4%bf%9d%e9%99%ba-948603/

正社員として働くゲームライターの場合、平均年収は300~400万円程度と言われており、他ジャンルのライターと比較すると少し低い傾向があります。

理由としては、総合雑誌に比べてゲーム専門誌の記事単価が低いことと、発行部数も総合雑誌より少なく、予算が限られていることが挙げられます。

しかし、ゲーム関連の書籍を執筆する機会があれば、印税という形での臨時収入が得られることもあるため、高収入も夢ではないようです。

また、フリーランスのゲームライターの場合には、納品数と記事単価に大きな振れ幅があるため、能力次第で収入が変動します。

ゲームライターとして働くためには

ゲームライターになるために必要な資格は特になく、正社員として働く場合は大学や短大、専門学校を卒業した後、ゲーム制作会社に就職することになります。

フリーランスの場合は、クラウドソーシングサイトに登録して案件に応募すればゲームライターとして活動ができるようになります。

しかし新人のフリーランスが黙って待っていても仕事のオファーが来るほど甘い世界ではなく、すぐに安定して仕事をもらうのは難しいでしょう。

安定して仕事を獲得するためには、専門学校に行って学んだり得意分野を確立したりする必要があります。

ゲームライターに必要な道具

ゲームライターとして働く際に、最低限持っておかなければならないもの、持っておいた方が良いものを以下でご紹介します。

ゲームライターに必要な道具①家庭用ゲーム機

ゲームを実際にプレイして記事を執筆する機会があるため、扱う可能性があるゲーム機は持っておく必要があります。

特に、まだ作品が出続けている最新の機種は持っていないと、仕事の幅が極端に狭くなってしまいます。

ゲームライターに必要な道具②スマートフォン

近年は家庭用のゲーム機でだけでなく、スマートフォンでも多数のゲームが配信され、それに伴いスマートフォン向けゲームの仕事も増加しています。

また、家庭用ゲーム機のジャンルに特化しようと考えている場合も、ゲーム業界全体の流れを把握するために人気タイトルに触れておくのはオススメです。

ゲームライターに必要な道具③ゲーミングパソコン

eスポーツの文化が浸透してきている今では、ゲーミングパソコンも持っておくべきでしょう。

家庭用ゲーム機やスマートフォンに比べれば重要度は下がりますが、eスポーツのタイトルを経験しておくことで仕事の幅を広げることができます。

今後もeスポーツの市場が発展していくと予想されていますので、持っていない方は今のうちに用意しておくと良いかもしれません。

まとめ ゲームライター

今回はゲームライターとはどんな仕事なのか、収入面まで含めてご紹介しました。

ポイント
  • ゲームに関する記事を執筆する仕事
  • 発売前のゲームがプレイできるなど、貴重な機会が得られる
  • 他ジャンルのライターと比較すると収入が少し低い傾向がある
  • 書籍を執筆すれば高収入も夢ではない
  • フリーランスで安定して仕事を獲得するのは難しい

一般の方ではできない貴重な経験ができるほか、書籍の執筆による豊かな収入を期待できる夢のある仕事である反面、平均収入が他ジャンルのライターより低いというデータもあります。

この記事を読んでゲームライターという仕事に興味を持った方は、ぜひ今後の仕事として検討してみてください。