ライター

未経験から目指せ月5万円!ライターを副業として始める方法を徹底解説!

「未経験でもライターって稼げるの?」「ライターを副業で始めるにはどうすればいいの?」

ライターで副業を始めたいと考えていても分からないことが多いですよね。

結論から言うと、未経験でもライターを副業として始めても稼ぐことは可能です。未経験から始めたライターは、平均月5万円を副業で稼いでいます。

今回の記事では、未経験からライターを副業として始める方法について解説していきます。是非最後までご覧ください。

(引用:https://webtasu.com/wp-content/uploads/2017/06/7eb562a5bcfea80fdaf7d52220437a55.jpg)

ライターとは?

ライターとは主に、文章を作成する仕事のことです。

インターネット上のメディアの記事を書くWebライターから、ドラマや映画、YouTube動画などの脚本を書くシナリオライターまで、様々な種類のライターがいます。

また、グルメライターや美容ライター、トラベルライターといった、それぞれのジャンルに特化したライターもいます。ですので、自分の得意なジャンルの知識を活かしながら仕事ができることが特徴です。

ライターは、未経験で始める人が多く、自分の経験を活かすこともできるので、ライターは副業にピッタリな職業だと言えます。

ライターは副業で稼げるの?

結論から言うと、ライターは副業でも稼ぐことは可能です。

ライターを副業で未経験から始めた場合、平均年収は60万円程度と言われており、月収にすると月5万円になります。

ここでは、ライターの報酬形態やライターとして稼ぐために必要なことを説明していきます。

ライターの報酬形態

ライターの報酬形態には、以下のような種類があります。

ライターの報酬形態
  • 文字単価
  • 記事単価
  • 成果報酬型

この中でも、主に1文字あたり値段で報酬が決まる文字単価と、1記事あたりの値段で報酬が決まる記事単価が使われています。

単価は一律で決まっているわけではなく、ライターの能力や実績によって変動します。

それでは、それぞれの報酬形態について詳しく解説していきます。

文字単価

文字単価とは、1文字あたりの値段が決められている報酬形態です。例えば1文字あたり1円の文字単価だとすると、2,000文字の記事を1記事書いた場合、2,000文字×1円=2,000円となります。

ただし、1記事あたりの文字数が決められている場合が多いので、文字単価1円の案件を1件受けても、文字数が2,000文字であれば、報酬も2,000円となります。

月5万円を目指すのであれば、文字単価1円だとすると、合計50,000文字、約10~25記事程度書く必要があります。

記事単価

記事単価とは、1記事あたりの値段が決められている報酬形態です。例えば1記事あたり1,000円の記事を10記事書くと、1,000円×10記事=10,000円となります。

記事単価の場合は、1度に複数の記事を依頼される場合が多く、1記事あたりの文字数は1,000~5,000文字程度、記事単価は、ライターの実績次第で数千円~数万円程度と幅が広いです。

成果報酬型

成果報酬型は、書いた記事のPV数などによって報酬が支払われる報酬形態です。PV数によって報酬が決まるため、PV数が0であれば報酬も0となります。

ライターとして稼ぐために必要なこと

ライターとして稼ぐために、特別な資格は必要ありません。しかし、以下のように必要な能力があるので解説していきます。

ライターとして稼ぐために必要なこと
  • 文章力
  • リサーチ力
  • 営業力
  • スケジュール管理力

それでは、それぞれについて詳しく説明していきます。

文章力

もちろん、ライターには文章力が必要で、分かりやすく、読みやすい文章を書く力が求められます。

ただし、最初から文章力を持っていなくても、練習や経験を積むことで、文章力を鍛えることができます。

リサーチ力

ライターとして文章を作成する場合には、情報をリサーチする必要があります。リサーチは、質の高い記事を書くためにとても重要で、「リサーチが8割、ライティング2割」と言われています。

文章力と同様に、リサーチ力も練習や経験を積むことで鍛えることができます。

営業力

ライターには、営業力が必要不可欠です。初心者ライターは、自ら仕事を受注するため、依頼主に対して自分を売り込む必要があります。

依頼主に対して、強みやどのように依頼主へ貢献できるかなど、自身の価値をアピールすることが重要です。

スケジュール管理力

ライターには納期があります。ですので、その納期に合わせるためにスケジュールの管理を行う必要があります。

納期に遅れてしまうと依頼主からの信頼を失う原因になるため、次の案件をもらえない可能性が高まります。案件を受ける際はスケジュール管理をしっかりと行いましょう。

ライター副業の始め方

次はライターを始めるためのステップを説明します。

ライターの始め方としては以下のようなステップがあります。

ライターを始めるステップ
  1. 仕事環境を整える
  2. クラウドソーシングに登録
  3. プロフィール作成
  4. 仕事に応募
  5. テストライティング
  6. 記事の作成と納品

それでは、それぞれのステップについて詳しく説明していきます。

仕事環境を整える

まずは、仕事環境を整えましょう。ライターの仕事環境には、以下のようなものが必要です。

ライターの仕事環境に必要なもの
  • 作業スペース
  • パソコン
  • インターネット環境

それでは、それぞれについて説明していきます。

作業スペース

自宅に作業スペースを確保しましょう。作業スペースはリビングルームなどでも問題ないです。

ただし、作業スペースを作ると仕事をする気持ちに切り替えられたり、集中しやすくなったりします。

カフェなど自宅以外の環境で作業することも可能ですが、お金がかかってしまうので気分転換程度の利用にするのがおすすめです。

パソコン

作業用のパソコンを用意しましょう。家族と兼用しているパソコンがある人でも、自由に使えるパソコンがあることで作業がしやすくなります。

パソコンはデスクトップとノートパソコンのどちらでも大丈夫ですが、気分転換にカフェで作業したい方には、持ち運べるノートパソコンがおすすめです。

また、記事の執筆にはMicrosoft WordやGoogleドキュメントなどのテキスト作成ソフトを使うので、パソコンで使えるようにしておきましょう。

インターネット環境

ライターは記事の納品や依頼主との連絡など、基本的な作業をパソコンで行うためインターネット環境が必須です。

そのため、自宅にWi-Fi環境がない場合は契約いしましょう。また、ポケット型Wi-Fiを利用することで公園など外での作業が可能になります。

クラウドソーシングに登録

クラウドソーシングとは、仕事をしたい人と仕事を依頼したい人をマッチングさせるためのサービスです。主にライティングや動画編集、データ入力などの仕事があります。

クラウドソーシングに登録することで、そのサイトに掲載されている仕事に応募することができます。

有名なクラウドソーシングのサイトに、クラウドワークスランサーズがあります。おすすめは、両方のサイトに登録して、使いやすい方を続けることです。

プロフィール作成

クラウドソーシングに登録したら、まずは名前、プロフィール写真、自己PRなどを設定してプロフィールを作成します。

依頼主はライターのプロフィールを見て、仕事を依頼するかの判断をするのでプロフィールの作成は重要です。

名前は、ニックネームやペンネームよりも、本名で登録し、自己PRには、今までの経歴や趣味、書けるジャンルなどを書くようにしましょう。また、プロフィール写真に自分の顔写真を使うことで好印象になります。

仕事に応募

準備ができたら仕事に応募しましょう。

まずは、クラウドソーシングにて、自分の書けそうなジャンルで検索をし、仕事を探すことがおすすめです。

報酬は文字単価0.1円のものからありますが、単価が低いと労力に見合わない報酬になってしまうため、文字単価1円前後の仕事へ応募することをおすすめします。

テストライティング

クラウドソーシングで仕事に応募して後は、テストライティングを受けます。

テストライティングとは、依頼主がライターとの相性を調べるために行うもので、ライターが、ルールや期限を守れるか、仕事がしやすいかが見られます。

一般的に、テストライティングでは決められたテーマで500文字程度の記事を書きます。

記事の作成と納品

テストライティングに合格すると仕事を受けることができ、執筆が始まります。

依頼主が指定した内容や文字数で記事を作成し納品します。

ライター副業のメリット

ライターを副業と始めるメリットとしては、以下のようなものがあります。

ライターを副業で始めるメリット
  • 仕事場所と時間が自由
  • 未経験から始められる
  • スキルが身につく

仕事をする場所や時間が自由であり、未経験から始められるところがライターのメリットとしてとても大きいです。

また、ライターとして仕事をすることによって、ライティングやマーケティングのスキルが身につくので、身についたスキルをライター以外の仕事に活かすこともできます。

ライター副業のデメリット

次にライターを副業で始める場合のデメリットについて説明していきます。

ライターのデメリットは、慣れるまで時給換算をすると低くなるということです。

慣れるまでは、記事の執筆に時間がかかるため、1記事あたり2,000円の記事を4時間かけて作成すると、時給は500円になります。

このように、慣れるまでは自給が低いですが、慣れることで1記事あたり2,000円の記事を1時間で作成できるようになれば、時給を2,000円まで上げることができます。

ライターを副業として始める方法まとめ

今回はライターを副業として始める方法について説明してきました。

今回の説明で重要なポイントを以下にまとめてみました。

今回のまとめ
  • ライターは副業で稼げる!
  • ライターを始めるには、環境を整えてクラウドソーシングに登録する!
  • ライターは未経験からでも始められる!

この記事を読んで、ライターを始めようと思った人は、PCとインターネット環境を準備とクラウドソーシングへの登録をしましょう。