年間114万円の損失!?先延ばし癖を今すぐ治す秘訣とは?

突然ですが、「先延ばし癖」を直したい人は、今回の記事を最後まで読んでください。

なぜなら、この記事で紹介する方法は「どんなに意思が弱い人でも、確実に先延ばし癖を克服できる方法だから」です。

努力もトレーニングも必要なし。たった1つの考え方で今すぐに先延ばし癖とお別れする、とっておきの方法を知りたくはありませんか?

スポンサーリンク

先延ばし癖の人が支払うコスト、理解していますか?

水道 水

ついつい、やるべき仕事や小さな雑務を後回しにしてしまうというのは、誰しも1度はやってしまった経験があることでしょう。

ところで、先延ばしは「ついつい後回しにしてしまった」程度に認識している人も多いですが、その実「後でもう一度作業に取り掛かるまで準備」などを考えると、実際にコストがかかっています。

とある調査によると、平均的なビジネスマンは1日8時間の仕事のうち、2時間を先延ばしに当てているという報告があります。この時間を時給で換算すると、年間で114万円の損失ということになります。

先延ばし癖は「できればやめたい習慣」ではなく、「やめないととんでもなく損をする習慣」であることを強く意識してください。

スポンサーリンク

行動経済学が明らかにした人間の”面倒臭い”メカニズム

面倒 先延ばし

行動経済学という学問で「人は遠い未来のことほど楽観的になる」という事実が明らかにされています。

つまり、今目の前のある面倒は、将来「とても簡単に処理できるもの」と錯覚する性質が私たちには備わっているということです。

しかし、当然のことながら、今目の前にある面倒ごとが将来”簡単に処理できるもの”になることはありません。

結局のところ、「今目の前で処理できることは今すぐに処理する」のが、一番コストがかからない選択なのです。

先延ばし癖を一発で改善する一度きりルール

今 あとで 先延ばし

先延ばし癖のある人の心理を一言で表すと、「今やるのが面倒だから、後でやればいいや」という気持ちです。

ということは、「今すぐに作業に取り掛かる仕組み」を作っておくことで、先延ばしを防ぐことができるということになりますね。

そのために効果的なのが「一度しか触らない」というルールです。

例えば、LINEでメッセージを受け取ったら、必ずその場で返信するというのも「一度しかLINEを開かない」という一度きりルールです。

これにより、後でもう一度LINEを開いて返信する際の「LINEを開き直す時間」「LINEのメッセージを探す時間」「内容を読み直す時間」といった小さなロスの積み重ねを削減することが可能になるわけです。

スポンサーリンク

先延ばし癖を撲滅する一度きりルールの注意点

カメラ レンズ

基本的に今回紹介した「一度きりルール」を用いれば、先延ばし癖を克服しロスタイムを最小限に留めることができるようになります。

ただし、その際1つだけ勘違いしてはいけないことがあります。それは、「一度しか触らない」ということは必ずしも「その場で処理しなければならない」とは限らないということです。

想像してみてください。長時間の集中が必要な仕事中に、逐一LINEのメッセージを返信するのはどう考えても集中力を削る行為です。

そんな時は、逐一LINEをチェックするのではなく、「仕事がひと段落するまで、LINEを開かない」という選択を取るのがオススメです。

そして、後でまとめて「連絡を返す時間」を設けて、そのタイミングで一斉にLINEやメールの返信を行えばいいのです。

連絡を返す時間に初めてLINEを開き、その場ですぐに返信するという行動は「一度きりルール」に反するものではないのですから。

先延ばし癖のある人ほど、一度きりルールを徹底せよ

Willpower 意志力

先延ばし癖のある人ほど、「そのルールを守れる自信がない。結局は、そのルール自体が後回しになるのでは」と不安を感じるはずです。

しかし、筆者も自分自身でこの一度きりルールを実践してから、長年付き合ってきた先延ばし癖を治すことができました。

先延ばし癖のある人の大半は、「無意識に先延ばし」にする傾向にあります。ところが、一度きりルールを”知っているだけ”で、「あ、今自分は先延ばしにしようとしているな」と気づくことができるようになるのです。

実際のところ、先延ばしをする人の多くは「先延ばしをしていること自体に気がつかない」のが一番の問題点。先延ばしを防ぐルールを作っておくだけでも、あなたの自制心は大幅にパワーアップすることでしょう。

ぜひ、一度きりルールで先延ばし癖を克服し、「目に見えない無駄な時間」を最小限にしてみてください。

年間114万円の損失!?先延ばし癖を今すぐ治す秘訣とは?



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。